松村秀逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松村秀逸

松村 秀逸(まつむら しゅういつ、1900年明治33年)3月1日[1][2] - 1962年昭和37年)9月7日[1][2])は、日本の陸軍軍人国会議員参議院議員)。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

熊本県出身[1][2][3]。松村又熊の息子として生まれる[1]。八代中学校(現熊本県立八代高等学校)、熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1920年(大正9年)5月、陸軍士官学校(32期)を卒業[1][2][4]。同年12月、砲兵少尉に任官し野砲兵第12連隊付となる[1][4]1928年(昭和3年)12月、陸軍大学校(40期)を卒業した[1][2][3]

1930年(昭和5年)12月、参謀本部付勤務となり、陸軍野戦砲兵学校教官、関東軍参謀部付を経て、1935年(昭和10年)8月、砲兵少佐に昇進し陸軍兵器本廠付(新聞班)に就任[1]1938年(昭和13年)3月、砲兵中佐に進級し関東軍参謀(新聞班長)となる[1]。同年7月、陸軍省軍務局付(新聞班)に転じ、大本営陸軍報道部長に異動[1]1940年(昭和15年)8月、砲兵大佐に昇進[1][3]。同年12月、内閣情報局第2部第1課長に就任し太平洋戦争を迎えた[1][3]

1942年(昭和17年)4月、内閣情報局第2部長心得となり、軍務局付を経て、1943年(昭和18年)、大本営陸軍報道部長となる[1][3]1944年(昭和19年)8月、陸軍少将に進級[1][2][3]。内閣情報局第1部長を経て、1945年(昭和20年)7月、中国軍管区参謀長第59軍参謀長に発令され、在任時の同年8月6日広島市広島城内)で原爆に遭い、重傷を負った[1][2][3]。翌月、中国軍管区参謀長を退任し、同年12月、予備役に編入された[1]

1956年(昭和31年)、第4回参議院議員通常選挙自由民主党から全国区で出馬し、初当選[5]。国会議員としては内閣委員や社会労働委員を務め、法務委員長[5]にも就任する。

1962年(昭和37年)に第6回参議院議員通常選挙で再選[5]されるも、同年9月7日病気により死去。享年62。

著書[編集]

  • 『日本の進路』大日本雄弁会講談社、1939年。
  • 『近代戦争史略』朝日新聞社、1944年。
  • 『三宅坂 - 軍閥は如何にして生れたか』東光書房、1952年。
  • 『大本営発表』日本週報社、1952年。
  • 『宣戦から終戦まで - 軍の誤断と四年間の悪夢』日本週報社、1964年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本陸海軍総合事典』第2版、150頁。
  2. ^ a b c d e f g 『日本陸軍将官辞典』682-683頁。
  3. ^ a b c d e f g 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』439頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』437、439頁。
  5. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』412-413頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]