松村義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松村義一

松村 義一(まつむら ぎいち、1883年明治16年)9月7日 - 1959年昭和34年)1月6日[1])は、日本の内務官僚政治家憲政会系官選県知事貴族院勅選議員

経歴[編集]

山口県出身。商業・松村冷蔵の長男として生まれる。山口中学校山口高等学校を経て、1909年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。1910年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入り、神奈川県属として内務部地方課に配属された[1]

1911年4月、神奈川県試補となる。以後、佐賀県事務官、同県視学官鳥取県視学官、石川県警察部長、広島県警察部長、警察講習所教授兼内務省参事官山形県内務部長、和歌山県内務部長などを歴任[1]

1924年7月、大分県知事に就任。1925年9月、内務省警保局長に転じ、1927年4月まで在任し退官した[1]。同年同月、貴族院勅選議員に任じられ、公正会に属し1946年6月18日まで在任[2][3]1931年4月から同年12月まで、第2次若槻内閣商工政務次官を務めた[1]

戦後、1946年6月から1951年8月まで公職追放となった[1]。1959年1月6日死去。享年75。

親族[編集]

伝記[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『日本近現代人物履歴事典』483-484頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』165頁。
  3. ^ 『官報』第5847号、昭和21年7月12日。
  4. ^ a b c 武者小路実篤の系族(下) (PDF)”. 千葉大学 (1989年). 2018年1月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。