松村貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松村 貞雄(まつむら さだお、1868年10月21日慶應4年9月6日) - 1923年大正12年)2月21日)は日本の外交官。ウラジオストック総領事サンパウロ総領事等を歴任。

略歴[編集]

1868年10月21日(慶應4年9月6日)、土佐国土佐郡鴨部村(現・高知県高知市)に土佐藩士の二男として生まれる。1886年(明治19年)に獨逸学協会学校に入り、ドイツ語ラテン語を修業し、1891年(明治24年)に和仏法律学校(現・法政大学)に入学し、1894年(明治27年)に卒業する。1897年(明治30年)に外交官及領事官試験に合格、外務省に入省し、上海領事官補として勤務する。北清事変のときには上海、日露戦争のときにはヨーロッパにあって活躍し、漢口総領事時代には第一革命がおこり、居留地の保護及び列国領事等との折衝にその手腕を振るう。1913年大正2年)にブラジル公使館一等書記官兼初代サンパウロ総領事に任じられ、1919年(大正8年)までの約6年間ブラジルに在勤する。

シベリア出兵の際には、軍司令官付外交官として樺太に駐在し、撤兵時にはウラジオストック総領事に任じられる。シベリアからの撤兵後、1923年(大正12年)2月21日、シベリア出兵での外交折衝による過労が原因で没する。

人物[編集]

サンパウロ総領事として、土地の購入・開拓など植民地の発展に大きく貢献し、古い移民達(ブラジルではマカコベーリョ「老猿」といわれている)は異口同音に『松村総領事はえらかった。歴代の総領事中松村さん以上の人物はいませんな』とその徳を称えている。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考[編集]