松森健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松森 健(まつもり たけし、1928年4月12日 - 2016年12月)は、日本映画監督神奈川県出身。

来歴・人物[編集]

1951年慶應義塾大学経済学部を卒業し、東宝に入社。監督部に配属され、谷口千吉松林宗恵岡本喜八本多猪四郎松山善三らの助監督を務める。

1965年、テレビドラマ『青春とはなんだ』で監督に昇進。本作ではメイン監督を務め、翌1966年には、東宝製作の青春映画『これが青春だ!』で劇場用映画デビューを果たす。以降、映画と並行して、青春もの、刑事もの、時代劇など、テレビドラマを多数演出した。

主要・映画監督作品[編集]

  • これが青春だ!(1966年)
  • 坊ちゃん社員 青春は俺のものだ!(1967年)
  • 坊ちゃん社員 青春でつっ走れ!(1967年)
  • でっかい太陽(1967年)
  • 燃えろ!太陽(1967年)
  • 空想天国(1968年)
  • 燃えろ!青春(1968年)
  • 娘ざかり(1969年)
  • 二人だけの朝(1972年)

テレビドラマ監督作品[編集]