松殿家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松殿家
家紋
本姓 藤原北家松殿流嫡流
家祖 松殿基房
種別 公家
出身地 山城国
著名な人物 松殿基房
松殿師家
支流、分家 大覚寺家(公家[1]
凡例 / Category:日本の氏族

松殿家(まつどのけ)は、摂関家として創設された公家のひとつ。藤原氏北家嫡流藤原忠通の次男・松殿基房が祖で、家名の由来は京都松殿と呼ばれる屋敷を構えたことによる。

本来であれば五摂家近衛家九条家に並ぶ家格の家であるが、藤原北家嫡流でありながら摂関は初代とその子の2人のみ、その後は大体が参議、出世しても権大納言がやっとで、戦国時代には断絶した。

歴史[編集]

基房・師家・隆忠の時代[編集]

初代である松殿基房高倉天皇関白だった1179年後白河法皇平清盛の対立が頂点に達し、ついに清盛が法皇の幽閉と高官達の追放を断行、それに巻き込まれた基房も大宰権帥へと左遷となり、失意の内に36歳で出家した。また基房は生母の父太政大臣であるからという理由で、長男藤原隆忠や次男の家房ではなく、わずか8歳の三男・松殿師家を後継者にした。

その後、木曾義仲が都に入ると基房は娘伊子を義仲の側室に差し出す。その甲斐があって1183年師家は義仲の支持を背景にわずか12歳で摂政内大臣藤氏長者に就任するが、数か月後には義仲が源義経に討たれ、師家は解任された。その後、半世紀近くも師家は官職に就くことができずに失意の日々を過ごした(ちなみに師家は甥にあたる道元を養子に迎えようとして失敗している)。この間に隆忠は弟である師家を官職の上で追い抜き、1211年まで左大臣を務めている。

師家の子孫と南北朝争乱[編集]

その後、師家の弟や息子の代には大納言や権大納言を輩出した。特に師家の弟忠房は、寛元4年(1246年)に九条道家一条実経親子が失脚した時に次の摂関の候補者に挙げられた経緯(『民経記』寛元4年9月25日条)があり、松殿家が摂関家として存続する可能性も存在した[2]。だが、基房-師家を継ぐ摂関はついに登場せず、次の世代には位こそは正二位に進むことはできても、官職は権中納言参議がやっととなる。そして南北朝時代松殿忠嗣(基房の玄孫)は二条良基の側近として活躍し、暦応3年(1340年)に44歳で従三位になると、6年後に参議、さらに延文2年(1357年)には権大納言に昇っている。だが、松殿家は後に南朝側へ離反し、南北朝合一後は再び衰退へ向かう。

衰退と断絶[編集]

その後、1508年に忠嗣の玄孫にあたる松殿忠顕が従三位に叙せられて後に正三位参議となり、その子家豊が従五位上に叙された。その後の系譜は途絶えており、戦国時代中期には断絶したものと考えられている。

再興運動[編集]

江戸時代に入ると松殿家を再興する動きがあった。寛永年間、九条幸家の三男道基が新たに朝廷より所領1000石を下賜されて松殿家を復興し、1634年には幕府も再興の許可を与えた。また1641年には道基一代は摂家としての待遇を与えることが内約されており、1642年従三位に叙されたが、1646年に嗣子無く没した。

また1660年には、八条宮智仁親王の皇子(後の広幡忠幸)が臣籍降下する際、松殿家の再興も案の一つとして討議されている。

さらに下って1765年には、九条尚実の次男忠孝が九条家の分家として、清華家待遇となる松殿家を創設したが、これも1768年に嗣子無く没した。

明治期には九条家から松園家と靏殿家が興った。

系譜[編集]

松殿家[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
藤原忠通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松殿基房1近衛基実九条兼実兼房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
師家2藤原家房藤原隆忠忠房3実尊行意伊子
 
源通親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基嗣実嗣基忠兼嗣良嗣4兼教道元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基定冬房藤原伊氏頼房持明院保藤基教通輔5忠兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠冬忠嗣6房嗣師兼
 
 
 
 
 
忠隆冬輔7
 
 
 
忠行8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基高9忠春
 
 
 
 
 
忠顕10重輔
 
 
 
家豊11
 
 
 
(再興)
道基12[3]
 
 
 
(再興)
忠孝13[4]

松園家[編集]

明治2年(1869年)の勅令により院主・大乗院門跡(興福寺別当大僧正)隆芳(松園尚嘉)が還俗して、華族令によって男爵を授けられている。

実線は実子、点線(縦)は養子。
松園隆温1[5]
 
 
 
尚嘉2[6]
 
 
 
治忠3
 
 
 
信淳4[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6[8]乗光5[9]
 
 
 
 
 
 
 
 
 

靏殿家 → 鶴殿家[編集]

明治5年(1872年)の廃仏毀釈により随心院門跡附弟・増縁が還俗ののち、明治6年(1873年)旧岡山藩筆頭家老・伊木忠恭の養嗣子となり伊木忠善と改名、明治22年(1889年)12月18日男爵を授けられ靏殿家を再興。「つる」の字ははじめ「靏」、のちに「鶴」に改めている。

実線は実子、点線(縦)は養子。

九条尚忠
 
 
 
靏殿→鶴殿忠善1[10]
 
 
 
家勝2
 
 
 
純家3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和久英二周三

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鎌倉時代前期に断絶。
  2. ^ 樋口健太郎『中世摂関家の家と権力』(校倉書房、2011年) ISBN 978-4-7517-4280-8 P382-383
  3. ^ 九条幸家の3男。
  4. ^ 九条尚実の2男。
  5. ^ 二条治孝の19男。二条斉信養子。
  6. ^ 九条尚忠の3男。
  7. ^ 鷹司熙通の3男。
  8. ^ 柳沢健太郎の子。
  9. ^ 美濃岩村藩主大給松平子爵家松平乗長の子。
  10. ^ 当初伊木忠恭養嗣子。

参考文献[編集]

  • 長坂良宏 「「摂家」松殿家の再興 : 寛永・明和期の事例から」 NAID 110006619099
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。