松永宏信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松永 宏信
基本情報
階級 スーパーウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-09-30) 1987年9月30日(32歳)
出身地 愛知県名古屋市
スタイル サウスポー[1]
プロボクシング戦績
総試合数 17
勝ち 16
KO勝ち 10
敗け 1
テンプレートを表示

松永 宏信(まつなが ひろのぶ、1987年9月30日 - )は、日本プロボクサー愛知県名古屋市出身。横浜光ボクシングジム所属。元WBOアジア太平洋スーパーウェルター級王者。第39代日本スーパーウェルター級王者。

人物[編集]

日本体育大学卒業。大学時代は野球部で外野手、卒業後はパン屋に就職した[2]

ボクシングを始めたきっかけははじめの一歩を読んだことから[3]

横浜光ボクシングジムに入門する前、数ヶ月輪島功一スポーツジムにいた[4]

来歴[編集]

2012年7月20日に後楽園ホールで松田拓実とウェルター級4回戦を戦い、1回1分27秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[5]

2014年東日本ウェルター級新人王として、西軍代表別府優樹と対戦して2回32秒KO負けでプロ初黒星を喫して全日本新人王獲得はならなかった[6]

その後4連勝して2016年10月9日に韓国でマ・ジェニとWBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座決定戦を行い、判定勝ちで王座獲得に成功した[7]

そして怪我のため、WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座を返上[8]2018年10月12日、後楽園ホールで開催された「日本タイトル最強挑戦者決定戦」にて斉藤幸伸丸とスーパーウェルター級8回戦を戦い、4回2分54秒KO勝ちを収めて日本タイトルへの挑戦権を獲得した[9]

2019年5月10日、後楽園ホールで日本スーパーウェルター級王者の新藤寛之とタイトルマッチを行い、6回終了時に新藤の棄権によるTKO勝ちで王座を獲得した[10]。なお、松永は元号が令和に変わって初めて誕生した日本王者となった[2]

2019年11月2日、後楽園ホールで日本スーパーウェルター級3位の越川孝紀を相手に防衛戦を行い、4回2分8秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[11]

獲得タイトル[編集]

  • 2014年度東日本ウェルター級新人王
  • WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
  • 2018年度日本スーパーウェルター級最強挑戦者
  • 第39代日本スーパーウェルター級王座(防衛1)

戦績[編集]

  • プロ - 16戦15勝1敗0分(10KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2012年7月20日 1R 1:27 KO 松田拓実(レパード玉熊) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2012年11月3日 3R 1:50 TKO 竹内護(ヨネクラ 日本の旗 日本
3 2013年6月28日 4R 判定3-0 川崎真琴(RK蒲田) 日本の旗 日本 2013年度東日本ウェルター級新人王予選
4 2014年6月26日 1R 2:31 KO 鎌田健市(角海老宝石) 日本の旗 日本 2014年度東日本ウェルター級新人王予選
5 2014年9月25日 4R 判定2-1 川崎真琴(RK蒲田) 日本の旗 日本 2014年度東日本ウェルター級新人王予選
6 2014年11月2日 5R 判定3-0 玉山将也(帝拳) 日本の旗 日本 2014年度東日本ウェルター級新人王決勝戦
7 2014年12月21日 2R 0:32 KO 別府優樹(久留米櫛間) 日本の旗 日本 2014年度全日本ウェルター級新人王決勝戦
8 2015年5月7日 6R 判定3-0 成田永生(八王子中屋) 日本の旗 日本
9 2015年12月5日 5R 0:50 TKO 齋藤志朗(ワタナベ) 日本の旗 日本
10 2016年3月20日 8R 判定3-0 大橋功弥(京拳) 日本の旗 日本
11 2016年5月19日 5R 0:15 TKO 佐々木左之介(ワタナベ) 日本の旗 日本
12 2016年10月9日 12R 判定2-1 マ・ジェニ 大韓民国の旗 韓国 WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座決定戦
13 2018年1月20日 3R 2:43 TKO スチャット・チャイヤポーン タイ王国の旗 タイ
14 2018年6月20日 4R 1:17 TKO パトンサック・パトンポートン タイ王国の旗 タイ
15 2018年10月12日 4R 2:54 KO 斉藤幸伸丸(アベ 日本の旗 日本 2018年度日本スーパーウェルター級最強挑戦者決定戦
16 2019年5月10日 6R終了 TKO 新藤寛之宮田 日本の旗 日本 日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
日本王座獲得
16 2019年11月2日 4R 2:08 TKO 越川孝紀(セレス 日本の旗 日本 日本王座防衛1
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】スーパーウェルター級 (69.85 kg以下) BOXINGアンテナ
  2. ^ a b 松永宏信が令和初新王者 日本スーパーウエルター級 日刊スポーツ 2019年5月10日
  3. ^ 【松永宏信】ボクシングスーパーウェルター級選手へのインタビュー みるみるランド 2018年11月2日
  4. ^ 松永宏信 来春日本タイトルマッチ挑戦決定!! 石井一太郎の不定期日記 2018年10月15日
  5. ^ 2012年7月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ 全日本新人王決定戦、MVPは別府優樹 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月21日
  7. ^ 松永宏信WBOアジア獲得、板垣幸司はOPBF7位下す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月9日
  8. ^ 2018チャンカンは1.20スタート ボクシングモバイル 2017年11月24日
  9. ^ 井上浩樹が12連勝 6階級で日本王座挑戦者決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月12日
  10. ^ 松永宏信が日本SW級新王者 新藤寛之を6回TKO Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月10日
  11. ^ 松永宏信が4回TKO勝ち 日本S・ウェルター級V1 Boxing News(ボクシングニュース)2019年11月2日

関連項目[編集]

前王者
新藤寛之
第39代日本スーパーウェルター級王者

2019年5月10日 - 現在

次王者
N/A