松永東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松永 東
まつなが とう
生年月日 (1887-10-15) 1887年10月15日
出生地 日本の旗 日本長崎県南高来郡北串山村
没年月日 (1968-01-22) 1968年1月22日(80歳没)
出身校 早稲田大学中退(推薦校友)[1][2]
日本大学[3]
所属政党 立憲民政党[4]
日本進歩党
自由党
分党派自由党
日本自由党

日本民主党[5]
自由民主党[5]
親族 松永光(養子)[5]
松山千恵子(長女)[4]
松山義雄(娘婿)
舟橋功一(孫の夫)
テンプレートを表示

松永 東(まつなが とう、1887年明治20年)10月15日 - 1968年昭和43年)1月22日)は、日本実業家弁護士[3][6]弁理士政治家[1][2][4]。第45代衆議院議長[7]。第79代文部大臣[8]さいたま市名誉市民[9]

来歴[編集]

長崎県南高来郡北串山村(現雲仙市)出身[6][10]。松永道廣の長男[2][11]。家は農家で、それほど豊かではなかった[12]鎮西学院を卒業[6]1905年、上京した[12]。弁護士事務所の書生をしたり、新聞配達をしたりして苦労した[12]

早稲田実業学校出身[2]早稲田大学商科に学び中退した[1]1934年に推薦校友[2])。中退した理由は月謝を払わなかったためである[12]。また日本大学に学び[1][6]、法律の勉強をした[12]。勉強をしながら遊びのほうも相当やった[12]1911年家督を相続した[13]。大変な苦労をしたうえ[12]弁護士試験に合格後弁護士、弁理士を開業した[2][11]。傍ら武州鉄工所社長、武州瓦斯取締役を兼ねた[13]

1922年東京市会議員に当選、同副議長、同議長をつとめた[13][14]1932年第18回衆議院議員総選挙に旧埼玉1区から立憲民政党公認で立候補し初当選[15]。以後当選9回[5]翼政会政調内務、農林兼務委員などをつとめた[10]

戦後、公職追放となった[16]。追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙にて衆議院埼玉1区から衆議院議員選挙に出馬し当選[17]、カムバックを果たす。

1954年12月11日、第45代衆議院議長に就任したが[7]1955年1月24日に衆議院解散となり(天の声解散)、短期間の在任であった。

1957年文部大臣に就任[8]1963年第30回衆議院議員総選挙で落選し[18]、政界を引退した。養子の光が後を継いで衆議院議員となった。1968年1月22日、80歳で死亡。

政策・主張[編集]

政見綱領[編集]

  • 国防産業財政の三全主義[1]
  • 農村の交換経済化する為通貨流通の円満[1]
  • 農家負担の偏重を改善し負債の整理促進[1]
  • 農村に公共事業を徹底的に施設し都市への人口移動の防止[1]
  • 各種災害に対し農産物其の他主要産物の統制[1]

人物[編集]

1924年5月、総選挙に際し、郷里長崎県第4区から立候補して「中原に鹿を逐う」が、途中病気のためこれを断念し、知己のために途を譲ったので郷党から惜しまれた[6]。背たけは低く小さかった[6]。5そこそこだった[12]。機略に富み、事が起こると、のような勢いを示して処理した[6]。趣味はテニス囲碁[2]。宗教は真言宗[4]

早実の後輩でもある王貞治が、国体の国籍規定(2015年現在は撤廃されている)により静岡国体(1957年)の高校野球に出場できなかった時、早実野球部の顧問が松永に王を出場させてくれと頼むも、松永は「私としては、心情的に王くんを出場させてやりたい。しかし、文部大臣で法律を守らなければいけない立場にいる以上、泣いてでも(国籍規定で)王くんを出場させる事は出来ない。」と断ったエピソードが、近藤唯之の著書で取り上げられている[19]

家族・親族[編集]

松永家

長崎県南高来郡小浜町[5]、東京都文京区江戸川町[11]、埼玉県浦和市岸町

松永家のルーツについて松永光によれば「松永姓は主として唐津付近に多い。唐津藩の模範農民として島原半島に移っていったというふうに伝えられている。私どもの先祖は恐らく島原の乱以後、島原半島に住み着いた百姓でありました。松永家がある島原半島の西側は崖になっており、農耕地が少なく、非常に貧しい地域だった。」という[12]
  • 曽祖父
曽祖父は松永東を「なんとかして学校の先生にしよう。」と考えていたが、東自身は「学校の先生には向かないから、なんとかして東京に行こう。」と考えていたという[12]
1895年 -
  • 男・(生母は東京の岡田かね)[11]
1915年 -
  • 同妻(長崎、寺田勝市の長女)[14]
1920年 -
1914年 - 2015年
埼玉県初の女性代議士厚生政務次官郵政政務次官を歴任。夫松山義雄は弁護士で、衆議院議員、埼玉県副知事をつとめた。
  • 養子
  • 愛子熊本県人近野荘太郎の養子となる[11]、あるいは近藤荘太郎家を継ぎ秀夫を夫に迎える[13]
1912年 -
  • (弁護士、衆議院議員)[5]
1928年 -
文部大臣通産大臣大蔵大臣など歴任。
親戚
千恵子の娘・浩子の夫。
  • 曽孫
舟橋功一・浩子の長男。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『粛正選挙代議士名鑑』22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』マ791頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  3. ^ a b 『翼賛選挙大観』69頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月11日閲覧。
  4. ^ a b c d 『大衆人事録 第12版 東京篇』東京630頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『政治家人名事典』494頁。
  6. ^ a b c d e f g 『東京弁護士名家録 第1巻』78-80頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月11日閲覧。
  7. ^ a b 衆議院歴代議長・副議長一覧、衆議院公式サイト。
  8. ^ a b 歴代文部科学大臣、文部科学省公式サイト。
  9. ^ さいたま市名誉市民、さいたま市公式サイト。
  10. ^ a b 『翼賛議員銘鑑』385頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第11版 下』マ140頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k 昭和六十年五月十九日 創立三十周年記念塾祭記念講演「私の人生」文部大臣 松永光先生、和敬塾五十年の歩みとこれから。
  13. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』マ105頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 下』マ98頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月12日閲覧。
  15. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第18回』97頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  16. ^ 『公職追放に関する覚書該当者名簿』332頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  17. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第25回』209頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  18. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第30回』123頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  19. ^ 『戦後プロ野球50年:川上、ON、そしてイチローヘ』近藤唯之・著。(新潮社,1994年)ISBN 4-10-132212-0
  20. ^ ご挨拶、中央区議会議員 海老原たかさと公式サイト。

参考文献[編集]

  • 佐藤幸平『東京弁護士名家録 第1巻』日本法曹要覧発行所、1925年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第18回』衆議院事務局、1928-1932年。
  • 『粛正選挙代議士名鑑』選挙粛正中央会編纂部、1936年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 東京篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下』人事興信所、1937-1939年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 『翼賛選挙大観』朝日新聞社、1942年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年。
  • 『衆議院議員総選挙一覧 第25回』衆議院事務局、1953年。
  • 『衆議院議員総選挙一覧 第30回』衆議院事務局、1964年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。

関連項目[編集]


議会
先代:
堤康次郎
日本の旗 衆議院議長
第45代:1954年 - 1955年
次代:
益谷秀次
公職
先代:
灘尾弘吉
日本の旗 文部大臣
第76代:1957年 - 1958年
次代:
灘尾弘吉