松永理生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松永 理生
Rio Matsunaga
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-10-09) 1981年10月9日(37歳)
出身地 京都府京都市
ラテン文字 Rio Matsunaga
身長 190cm
体重 83kg
血液型 O型
選手情報
所属 中央大学豊田合成トレフェルサ
愛称 リオ
役職 監督、事務局(東京駐在員)
指高 248cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 325cm
テンプレートを表示

松永理生(まつなが りお、1981年10月9日 - )は、日本の元男子バレーボール選手、指導者。京都府京都市出身。現役時代のポジションはオポジット豊田合成トレフェルサからの外部派遣で、現在は中央大学男子バレーボール部監督。

来歴[編集]

母親の影響で第三錦林小学4年よりバレーボールを始める。

中央大学在学中の2001年アジアジュニア選手権に出場、2003年ユニバシアード大会準優勝などを経験。

2004年にパナソニック・パンサーズに入団。2007年6月29日付で退部。同年、豊田合成トレフェルサに移籍。2010年、選手兼コーチに就任。2011年5月、黒鷲旗大会終了後に現役引退し、コーチ専任となった[1]

2012年に、豊田合成からの外部派遣として、母校の中央大学男子監督に就任し、3月の合宿より合流[2][3]。2014年12月には、平成26年度天皇杯全日本バレーボール選手権大会で豊田合成と対戦した(ストレート負け)[4]

2017年10月1日に自身のインスタで ラストの球和会♪ 6年間ありがとうございました(^^)♪ と更新し(原文まま)2017年度末をもって監督を退任することを発表した。

球歴[編集]

  • 全日本代表 - 2005年
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
    • ワールドリーグ - 2005年
    • ワールドグランドチャンピオンズカップ - 2005年

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松永選手引退のご挨拶”. 豊田合成トレフェルサ公式サイトトピックス (2011年4月28日). 2011年9月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月22日閲覧。
  2. ^ スタッフ紹介”. 豊田合成トレフェルサ公式サイト. 2015年3月22日閲覧。
  3. ^ 新監督誕生”. 中央大学バレーボール部公式ブログ (2012年4月1日). 2015年3月22日閲覧。
  4. ^ 天皇杯全日本バレーボール選手権大会2回戦 対豊田合成トレフェルサ戦”. 中央大学 (2014年12月16日). 2015年3月22日閲覧。