松澤智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松澤 智(まつざわ さとし、1927年10月11日 - 2003年4月6日)は、日本の法学者。元日本大学法学部教授。元東京地裁判事。元TKC全国会最高顧問。専門は租税法

経歴[編集]

静岡県立志太中学校(現藤枝東高等学校)を卒業後、日本大学法文学部に進学。 1950年(昭和25年)日本大学法文学部卒業

弁護士・租税法学会理事、日本税法学会理事、日本公法学会会員、法務大臣官房訟務部付検事国税不服審判所審判官、東京地方裁判所判事、日本大学法学部教授、政務税制調査会委員等を歴任。

東京地裁判事時代には、ロッキード事件の公判審理も担当をした。租税判例研究として従来からあった判例の解釈・解説に対して、憲法を基本に置いて判例研究と実践を行った北野弘久、会計と租税実務を基本に置いて緻密な論理を展開した松澤智の両名は1つの時代を築いたと言えるだろう。 また、民間の会計・税務専門家集団であるTKC全国会の会長を務めた。2003年に肺炎のため逝去。享年75。 松澤智の直系第一弟子が、立正大学法学部教授の山下学(租税法務学会前理事長・常任顧問)。

著書[編集]

  • 『税務争訟の基礎知識』(中央経済社)
  • 『租税争訟法』(中央経済社)
  • 『租税法の基本原理』(中央経済社)
  • 『税理士の職務と責任』(中央経済社)
  • 『租税手続法』(中央経済社)
  • 『租税実体法の解釈と適用』(中央経済社)
  • 『コンピュータ会計法概論』(中央経済社)
  • 『租税処罰法』(有斐閣)
  • 『職業会計人の新パラダイム』(TKC出版)