松波太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松波 太郎
(まつなみ たろう)
誕生 (1982-06-28) 1982年6月28日(36歳)
日本の旗 日本 三重県
職業 小説家 ・ 臨床家
最終学歴 一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了
主な受賞歴 第107回文學界新人賞(2008年)
第36回野間文芸新人賞(2014年)
デビュー作 「廃車」(2008年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

松波 太郎(まつなみ たろう、1982年6月28日 - )は日本の小説家、臨床家。三重県出身。高校時代、スペインにサッカー留学の経験がある[1]大東文化大学中退。北京外国語大学中退。宇都宮大学卒業。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。4校の大学に2年ずつ計8年間通っていた。

2008年、「廃車」で第107回文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。2009年、サッカーを題材とした「よもぎ学園高等学校蹴球部」で第141回芥川賞候補。2013年、「LIFE」で第150回芥川賞候補。2014年、単行本『LIFE』で第36回野間文芸新人賞を受賞。2016年、「ホモサピエンスの瞬間」で第154回芥川賞候補。

2018年、「10年間お世話になった商業雑誌の場から離れて、活字にこだわらない小説の道へと進む」とし[2]、自身の治療院を開設し、後進の育成と、サッカースクールのコーチも務める。

著作一覧[編集]

単行本[編集]

  • 『よもぎ学園高等学校蹴球部』(2009年、文藝春秋)
    • 「廃車」(『文學界』2008年12月号)
    • 「よもぎ学園高等学校蹴球部」(『文學界』2009年5月号)
  • 『LIFE』(2014年、講談社)
    • 「東京五輪」(『すばる』2012年5月号)
    • 「西暦二〇一一」(『文學界』2012年8月号)
    • 「LIFE」(『群像』2013年7月号)
  • 『ホモサピエンスの瞬間』(2016年、文藝春秋)
    • 「ホモサピエンスの瞬間」(『文學界』2015年10月号)
  • 『月刊「小説」』(2016年、河出書房新社)
    • 「アーノルド」(『群像』2009年5月号)
    • 「関誠」(『すばる』2010年6月号)
    • 「五臓文体論」(『すばる』2014年9月号)
    • 「月刊「小説」」(『文藝』2016年夏季号)

単行本未収録作品[編集]

  • 「踊りませんか、榊高ノブといっしょに」(『すばる』2009年11月号)
  • 「東の果て」(『文學界』2010年5月号)
  • 「イールズ播地郡」(『すばる』2011年1月号)
  • 「僕らはハッピーエンドに飢えている」(『文學界』2011年11月号)
  • 「サント・ニーニョ」(『すばる』2013年6月号)
  • 「イベリア半島に生息する生物」(『文學界』2013年12月号)
  • 「松波学園女子高等学校」(『早稲田文学』7)
  • 「三代目松波太郎の「東洋医学ショートショート」」(連載)(「ko・to・to・fu」「豊泉堂」
  • 「故郷」(『群像』2017年11月号)
  • 「TARO POWER MILO !!」(『文藝』2018年春季号)

脚注[編集]