松浜の池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松浜の池
松浜の池
松浜の池周辺の空中写真。2009年4月30日撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 日本の旗 日本
新潟県新潟市北区
位置 北緯37度57分41.8秒 東経139度08分15.2秒 / 北緯37.961611度 東経139.137556度 / 37.961611; 139.137556座標: 北緯37度57分41.8秒 東経139度08分15.2秒 / 北緯37.961611度 東経139.137556度 / 37.961611; 139.137556
面積 0.022[1] km2
水面の標高 T.P.+0.5 m
成因 河口閉塞湖
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
西側から臨む
東側から臨む。左側が松浜の池で右側の日本海まで最も近いところでは距離が130メートルほど

松浜の池(まつはまのいけ)とは、新潟市北区松浜にある河口閉塞。松浜のひょうたん池 と呼称されることもある。過去には池が浅く丸い形をしていたことから輪湖(わご)と呼ばれていた。

概要[編集]

新潟市の北東部に位置し、阿賀野川日本海から続く新潟砂丘内にあり、防潮堤を挟んだ池の南側には集落が広がる。長細いひょうたんのような形状をしており、ひょうたん池と呼ばれる要因となっている。 もともとは阿賀野川河口の一部であったが、で吹き寄せられたによって閉塞・形成された。流入出する河川は無く湧水で維持されており、日本海から最も近いところでは距離が130メートルほどで水面の標高は+0.5mであるが淡水湖である。 昭和初期に存在していたが、河口・海岸の砂丘地にあるため浸食や堆積によって池の形は頻繁に変化し、いったん消滅していたこともある。1973年頃には現在の形状になったとみられる。

生物[編集]

池の近辺には海浜植物ニセアカシアが生息し、ヨシヒメガマが群生している。比較的新しく小さな池であるが生活排水の流入がなく、また防潮堤によって人の生活とは基本的に切りはなされているため、オオモノサシトンボオオセスジイトトンボメダカモノアラガイマツモホザキノフサモクロモトチカガミなど多くの希少種が生息している。またオニバスが自生しており、現在の北限となっている。オオモノサシトンボは当地をのぞき、新潟県内では絶滅している。ブラックバスの移入などにより、生態系が脅かされる事態となっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 松浜の池 | 潟のデジタル博物館(新潟市公式) - 潟のデジタル博物館.2020年6月21日閲覧。

関連項目[編集]