松浦敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松浦 敏夫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マツウラ トシオ
ラテン文字 MATSUURA Toshio
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1955-11-20) 1955年11月20日(63歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 190cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
ユース
1974-1977 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1991 日本鋼管
代表歴
1981-1987 日本の旗 日本 22 (6)
監督歴
1992-1993 NKK
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月16日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

松浦 敏夫(まつうら としお、1955年11月20日 - )は、神奈川県横浜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

略歴[編集]

1980年代の日本において突出した190cm・80kgの恵まれた体躯と俊足を兼ね備えたストライカー。長身を活かしたヘディングだけでなく、ポストプレーや両サイドへ流れてのチャンスメイクやアシスト役も務めていた。

神奈川県立横浜緑ケ丘高校早稲田大学(同期に西野朗)を経て、1978年に日本サッカーリーグ1部の日本鋼管に入部。チームの先輩・藤島信雄と共に中心選手として活躍、1980年代前半にはJSL2部降格も味わったが、1部復帰後は2シーズン連続得点王 (1986-87, 1987-88) の活躍を見せ、中堅チームである日本鋼管の3シーズン連続準優勝に貢献した。

日本代表では1981年のジャパンカップで代表デビューを飾り、1987年のソウル五輪アジア予選を始め国際Aマッチ22試合出場6得点を記録した。しかし日本代表では同じポジションに「アジアの核弾頭」の異名で呼ばれた原博実(大学の3年後輩)がおり、レギュラー定着には至らなかった。

1991年に現役引退し、同サッカー部の監督を務めていたが、1993年限りで廃部となった為、監督職を退いている。

2015年4月時点でJFE建材の取締役を務めている[1]。また、Jリーグのマッチコミッショナー委員長を務める[1][2][3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1978 日本鋼管 JSL1部 18 3
1979 18 6
1980 JSL2部
1981
1982 JSL1部 18 2
1983 JSL2部 18
1984 JSL1部 18 8
1985 21 10
1986-87 22 14
1987-88 21 11
1988-89 22 4
1989-90 9 19 8 1 0
1990-91 9 16 2 0 0
通算 日本 JSL1部 193 68
日本 JSL2部
総通算

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

  • JSL得点王(ゴールデンボール賞)2回 (1986-87, 1987-88)
  • 年間優秀11人賞 2回 (1986-87, 1987-88)

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 22試合 6得点 (1981-1987)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1981 4 1 10 1 14 2
1982 2 0 5 0 7 0
1983 5 0 9 1 14 1
1984 1 0 3 3 4 3
1985 0 0 0 0 0 0
1986 3 1 4 0 7 1
1987 7 4 7 3 14 7
通算 22 6 38 8 60 14

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1981年9月14日 マレーシアクアラルンプール インドネシアの旗 インドネシア 2-0 勝利 ムルデカ大会
2 1986年7月25日 シリアの旗 シリア 2-1 勝利
3 1987年9月15日 日本東京 ネパールの旗 ネパール 5-0 勝利 ソウル五輪予選
4 1987年9月18日 9-0 勝利
5 勝利
6 勝利

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 リーグ杯 天皇杯
1992 旧JFL1部 NKK 10位 18 11 2 5 11 - 1回戦
1993 旧JFL2部 3位 18 - 14 - 4 - 1回戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「(青春スクロール 母校群像記)横浜緑ケ丘高校:6 スポーツに熱中、これからも一線で」朝日新聞、2015年4月10日、2016年2月16日閲覧
  2. ^ 2019Jリーグマッチコミッショナー決定
  3. ^ 専門委員会 委員選任について