松浦淳六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松浦 淳六郎(まつうら じゅんろくろう、1884年8月11日 - 1944年2月12日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。旧姓・沢井。

経歴[編集]

福岡県出身。大庄屋・松浦虎作の六男として生まれる。東京陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1903年11月、陸軍士官学校(15期)を卒業、翌年2月、歩兵少尉に任官し歩兵第24連隊付となる。陸軍戸山学校教官、陸士教官などを経て、1912年11月、陸軍大学校(24期)を卒業。

陸士教官、朝鮮軍参謀参謀本部員、歩兵第2連隊大隊長、参謀本部員、歩兵第13連隊長、教育総監部庶務課長、陸軍省副官などを経て、1930年8月、陸軍少将に進級。歩兵第12旅団長人事局長を歴任し、1934年8月、陸軍中将となった。いわゆる皇道派の中心人物の一人である。

陸軍歩兵学校長、第10師団長を経て、1937年3月、二・二六事件後の粛軍人事により予備役に編入された。賀陽宮家別当を勤めたのち、第二次上海事変に伴い1938年5月、召集され新編の第106師団長となり、武漢作戦、南昌作戦に参加。1939年5月、参謀本部付となり、同年7月に召集解除された。

親族[編集]

  • 兄 松浦寛威(陸軍中将)
  • 義父 吉田貞準(海軍軍医総監

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。