松浦鎮次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松浦鎮次郎
松浦鎮次郎
松浦鎮次郎

松浦 鎮次郎(まつうら しげじろう、明治5年1月10日1872年2月18日) - 1945年9月28日)は、日本の文部官僚教育者政治家

経歴[編集]

愛媛県宇和島市出身。庄屋・松浦素の二男として生まれる。第一高等学校政治科を首席で卒業し、1898年(明治31年)7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し、内務省に入り内務属として県治局に配属された。同年12月、高等文官試験に合格。東京府参事官を務め、1902年(明治35年)2月、文部省に移籍して参事官に就任。以後、兼文部大臣秘書官・総務局人事課長、大臣官房秘書課長、文部大臣秘書官兼文部省参事官などを歴任。1906年(明治39年)2月に休職し、に留学した。1907年(明治40年)8月に復職し、以後、大臣官房会計課長、文部書記官、文部省専門学務局長などを務め、1924年大正13年)1月、文部次官に就任した。

1927年昭和2年)4月、依願退職し、同年7月、京城帝国大学総長に就任。1929年(昭和4年)10月から1936年(昭和11年)7月まで九州帝国大学総長を務めた。1930年(昭和5年)12月、貴族院勅選議員に任じられ1938年(昭和13年)2月まで在任。1936年(昭和11年)11月、九州帝国大学名誉教授となる。1938年2月、枢密顧問官に就任。1940年(昭和15年)1月、米内内閣文部大臣に就任。同年7月、同内閣が総辞職をすると、再び枢密顧問官に選任され在職中に死去した。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 履歴書(3名)松浦鎮次郎』 アジア歴史資料センター Ref.A06050357700 
  2. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  3. ^ 『官報』第3533号「叙任及辞令」1924年6月4日。
  4. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  5. ^ 『官報』第996号「叙任及辞令」1915年11月26日。
  6. ^ 『官報』第93号「叙任及辞令」1927年4月23日。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 『東京学芸大学所蔵松浦文庫目録』 東京学芸大学附属図書館、1965年。
  • 米田俊彦 「教育審議会と松浦鎮次郎 : 教育行政研究(審議会研究)の方法と射程」(『人間発達研究 』第21号、お茶の水女子大学人間発達研究会、1998年7月、NAID 40004133968
  • 松浦鎮次郎」(国立公文書館所蔵 「枢密院文書・高等官転免履歴書三・昭和十一年〜昭和二十二年」) - アジア歴史資料センター Ref. A06051183500
    • 『国立公文書館所蔵 枢密院高等官履歴 第7巻』 東京大学出版会、1997年。ISBN 4130987178


先代:
河原田稼吉
文部大臣
第51代:1940年
次代:
橋田邦彦