松田功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松田 功
まつだ いさお
生年月日 (1968-01-24) 1968年1月24日(51歳)
出生地 愛知県名古屋市
出身校 愛知大学法経学部第2経済学科
所属政党民主党→)
民進党→)
立憲民主党
公式サイト いのちを大切にする!衆議院議員松田イサオ

選挙区 比例東海ブロック
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日[1] - 現職

当選回数 3回
在任期間 2006年4月23日 - 2017年

西春町議会議員
当選回数 1回
在任期間 2003年 - 2006年3月20日
テンプレートを表示

松田 功(まつだ いさお、1968年1月24日 ‐ )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身[2]。1986年3月、愛知県立東郷高等学校卒業。同年4月、マツダタイプライターに就職。また、愛知大学法経学部第2経済学科に学び、1990年3月に同大学を卒業した。1993年、衆議院議員の赤松広隆の秘書となる[3]

2003年、西春町議会議員に初当選。2006年、西春町は師勝町と合併し北名古屋市となり、同年、北名古屋市議会議員に初当選(民主党に所属)。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙比例東海ブロックから立憲民主党の単独6位候補者として立候補し、初当選した[4][5][1]

2018年7月30日、立憲民主党愛知県第6区総支部長に就任[6]

政策[編集]

  • アベノミクスをどちらかと言えば評価しない[7]
  • 消費増税の先送りをどちらかと言えば評価する[7]
  • 安全保障関連法の成立をどちらかと言えば評価しない[7]
  • 北朝鮮問題への取り組みをどちらかと言えば評価しない[7]
  • 共謀罪法をどちらかと言えば評価しない[7]
  • 森友学園加計学園問題への対応を評価しない[7]
  • 長期的に消費税率を10%よりも高くすることに反対[7]
  • 幼稚園保育所から大学まで教育を無償化すべきだ[7]
  • 当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ[7]
  • 経済競争力を多少犠牲にしても格差是正を優先すべきだ[7]
  • 財政赤字は危機的水準であるので、国債発行を抑制すべきだ[7]
  • 所得や資産の多い人に対する課税を強化すべきだ[7]

脚注[編集]