松田学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松田 学
まつだ まなぶ
生年月日 (1957-11-11) 1957年11月11日(63歳)
出生地 日本の旗 京都府
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員財務省
現職 松田政策研究所代表
所属政党たちあがれ日本→)
太陽の党→)
日本維新の会→)
次世代の党→)
自由民主党→)
参政党
称号 経済学士
公式サイト 松田まなぶの公式ホームページ

選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2012年12月21日[1] - 2014年11月21日
テンプレートを表示

松田 学(まつだ まなぶ、1957年11月11日 - )は、日本政治活動家、元財務官僚。元衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

政策[編集]

著書[編集]

  • 『競争も平等も超えて―チャレンジする日本の再設計図』(財経詳報社・刊、2008年10月)
  • 『TPP興国論』(ロングセラーズ・刊、2012年2月)
  • 『国力倍増論 ―もう大丈夫といわれる国にしたい―』(創藝社・刊、2014年8月)
  • 『サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う』(創藝社 2018年7月)

メディア出演[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 著書『TPP興国論』で知られる元財務官僚、松田学氏がチームINQのアドバイザーに就任。
  3. ^ 電子計算機処理フローチャート
  4. ^ a b c d e f g h プロフィール-松田まなぶ
  5. ^ a b c d 国家公務員法第106条の25第2項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の公表 198 松田学
  6. ^ “【名言か迷言か】何でもあり! 未曾有の〝お粗末〟衆院選を回顧”. 産経新聞. (2012年12月23日). オリジナルの2013年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130206125430/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121223/elc12122318000001-n3.htm 
  7. ^ プロフィール”. 松田まなぶの公式ホームページ. 2016年6月23日閲覧。
  8. ^ 綱領 (PDF)”. 次世代の党. 2016年6月23日閲覧。
  9. ^ 松田学(小選挙区・神奈川県) : 衆院選2014(衆議院選挙)”. 読売新聞. 2016年6月23日閲覧。
  10. ^ 参院選公認候補「『オープンエントリー』プロジェクト2016」 ファイナリスト12人が決定 ~皆さんの手で政治に新しい風を!~
  11. ^ 【2016参院選】「東京プリン」の伊藤氏、自民の比例代表に内定 ネット公募で最多得票”. 産経新聞. 2018年8月4日閲覧。
  12. ^ 神谷宗幣氏ら新党「参政党」結党、ネット動画で発表”. 選報日本 (2020年4月12日). 2020年4月12日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j 2014衆院選 南関東ブロック 松田  学 - 毎日新聞
  14. ^ 毎日新聞2010年参院選アンケート
  15. ^ 毎日新聞 2012年衆院選アンケート
  16. ^ 浅川 雅嗣 | 2016 Japan – LAC Business Forum
  17. ^ 外務省:地球環境ファシリティ(GEF)次期事務局長(CEO)の選出について
  18. ^ 教員紹介 上田衛門 教授
  19. ^ 組織体制・役員一覧|企業情報|SBJ銀行について|SBJ銀行
  20. ^ 内閣府 大臣官房番号制度担当室長 内閣審議官 向井治紀氏×
  21. ^ 本人Twitter