松田定次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつだ さだつぐ
松田 定次
松田 定次
キネマ旬報社『キネマ旬報』第199号(1958)より。右から松田定次、松田寛夫、松浦築枝、松田照(牧野省三先妻)
生年月日 (1906-11-02) 1906年11月2日
没年月日 (2003-01-20) 2003年1月20日(96歳没)
出生地 日本の旗京都府京都市
国籍 日本
職業 映画監督
活動期間 1925年 - 1969年
主な作品
映画シリーズ
多羅尾伴内』シリーズ
金田一耕助』シリーズ
鞍馬天狗』シリーズ
旗本退屈男』シリーズ
丹下左膳』シリーズ
新吾十番勝負』シリーズ
任侠清水港』シリーズ
映画単独
赤穂浪士 天の巻 地の巻
忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻
赤穂浪士
水戸黄門 天下の副将軍
水戸黄門
父子鷹
テレビドラマ

鞍馬天狗
水戸黄門』(1964)

松田 定次(まつだ さだつぐ、1906年11月2日 - 2003年1月20日)は、昭和期の映画監督。戦前はマキノ・プロダクション新興キネマ日活大日本映画、戦後は異母弟のマキノ光雄が製作責任者だった東横映画東映に属して時代劇映画を量産しヒットシリーズ作を多く手がける。特に、東映時代は東映京都のトップ監督として君臨し、東映オールスターの忠臣蔵映画を3本も演出するなど、プログラムピクチャー大作を多く手掛けた。

父親は「日本映画の父」と称された、マキノ・プロダクションの創設者・牧野省三。映画監督のマキノ雅弘の異母弟。妻は女優の松浦築枝、脚本家の松田寛夫は長男(養子)。

主な代表作略歴[編集]

主な作品は、戦前には嵐寛寿郎の代表作の『鞍馬天狗』シリーズを5作など多数を監督。時代劇にとどまらず現代劇も多く手がけてゆく。

戦後、大映から東映に会社を代え製作された『七つの顔』から始まる 片岡千恵蔵主演の現代劇『多羅尾伴内』シリーズを脚本・原作の比佐芳武と共に11作全て監督。同じく千恵蔵主演の初の『金田一耕助』シリーズ映像化も6作のうち5作を監督や日本初の和製ガンアクション刑事映画の『にっぽんGメン』シリーズを2作、また市川右太衛門の代表作『旗本退屈男』シリーズの戦後作6作を手がけた。大友柳太朗の主演の『丹下左膳』シリーズを5作中4作、大川橋蔵の代表作『新吾十番勝負』シリーズを8作中6作監督し東映スター俳優の活躍に貢献。

シリーズ作以外は片岡千恵蔵を主演にした1956年の東映オールスター時代劇『赤穂浪士 天の巻 地の巻』や1959年の『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』、1961年の『赤穂浪士』なども手がけ、千恵蔵が清水の次郎長を演じた、オールスター時代劇『任侠清水港』シリーズ、月形龍之介主演の1959年の『水戸黄門 天下の副将軍』と1960年の『水戸黄門』のオールスター時代劇も監督し大作映画のイメージを大きく残した。

更に特筆すべきは国産初の大友柳太朗主演で総天然色(イーストマンカラー)シネマスコープ(東映スコープ)『鳳城の花嫁』(1957年ゴールデンウイーク公開)を手掛け東映発足から僅か6年で業界首位を揺ぎ無き物にし時代劇王国にまで昇進させた。

その後テレビ時代劇に進出して、月形龍之介主演のテレビシリーズの『水戸黄門』(1964)や大瀬康一の『鞍馬天狗』や栗塚旭の『』をメイン監督として手がけた。

監督作品一覧[編集]

映画[編集]

(※の付いている作品は、撮影として参加したものである。)

  • 恋と武士(1925年)※
  • 或る殿様の話(1925年)※
  • 剣かたばみ(1925年)※
  • 糸の切れた風船玉(1925年)※
  • 黒髪地獄 前後篇(1925年)※
  • 山賊(1926年)※
  • 延宝奇聞 美丈夫 前篇(1926年)※
  • 延宝奇聞 美丈夫 後篇(1926年)※
  • 孔雀の光 前篇(1926年)※
  • 孔雀の光 第二篇(1926年)※
  • 外道(1926年)※
  • 孔雀の光 第三篇(1926年)※
  • 討たるゝ兄弟(1926年)※
  • 憤怒(1926年)※
  • 女経(1926年)※
  • 修羅八荒 解決篇 前後篇(1926年)※
  • 大江戸の丑満時(1926年)※
  • 青い眼の人形(1926年)※
  • 恋の丸橋(1926年)※
  • 悪縁泥まみれ(1927年)※
  • 稲妻 前篇(1927年)※
  • 稲妻 後篇(1927年)※
  • 心中雲母阪(1927年)※
  • 学生五人男 発端篇(1927年)※
  • 影武者(1927年)※
  • 鳴門秘帖 第四篇(1927年)※
  • 鳴門秘帖 第五篇(1927年)※
  • 仮名手本忠臣蔵七団目(1927年) - 監督補
  • 鳴門秘帖 第六篇(1927年)※
  • 敵討鑓諸共(1927年)※
  • 鳴門秘帖 最終篇(1927年)※
  • 盛綱(1927年) - 監督補
  • 百万両秘聞 第二篇(1927年) - 監督補
  • 合点勘次(1927年) - 補助監督
  • 藩士河原乞食(1928年)※
  • 間者(1928年)
  • 雷電(1928年)
  • 佐平次捕物帖 謎 前篇(1928年)
  • かわいさうな大九郎(1928年)
  • 大化新政(1929年) - 監督補助
  • 無理矢理三千石(1929年)
  • 盗まれた大九郎(1929年)
  • オイコラ行進曲 湯煙り長屋合戦の巻(1930年)
  • 学生三代記 天保時代(1930年)
  • 御浪人横丁(1930年)
  • 相会傘三両侍(1931年)
  • 旅枕松平長七郎(1931年)
  • 武州の双竜(1931年)
  • 任侠大名五郎蔵(1932年)
  • 伊太八縞(1932年)
  • 明暗三世相 前篇(1932年)
  • 染分振子(1933年)
  • さけぶ雷鳥(1933年)
  • 半次月夜の唄(1933年)
  • 晴れ晴れ左門(1933年)
  • 藤三行状記 前篇(1934年)
  • 藤三行状記 後篇(1934年)
  • 天保水滸伝(1934年)
  • 女心双情記(1934年)
  • 帰去来峠(1934年)
  • 愛憎一代(1935年)
  • 地獄囃子 前篇(1935年)
  • 風流奴髭(1935年)
  • 花の春遠山桜(1936年)
  • 旅の馬鹿安(1936年)
  • 松平外記(1936年)
  • 丹下左膳 乾雲必殺の巻 第一篇(1936年) - 応援監督
  • 丹下左膳 坤竜呪縛之巻(1936年) - 応援監督
  • 弥太郎笠 前篇(1936年)
  • 江戸育ちお祭佐七(1936年)
  • 弥太郎笠 後篇(1936年)
  • 裸の礫(1936年)
  • 歌舞伎剣法(1936年)
  • 刀を抜いて(1937年)
  • 戦国時代(1937年)
  • 鞍馬天狗 角兵衛獅子の巻(1938年)
  • 次郎長一家(1938年)
  • 度胸千両(1938年)
  • 鞍馬天狗 竜攘虎搏の巻(1938年)
  • 荒獅子(1938年)
  • 長八郎絵巻 月の巻(1939年)
  • 長八郎絵巻 花の巻(1939年)
  • 股旅の唄(1939年)
  • 鞍馬天狗 江戸日記(1939年)
  • 鞍馬天狗 恐怖篇(1939年)
  • 無明有明 前篇(1939年)
  • 無明有明 後篇(1939年)
  • 純情一代男(1939年)
  • 涙の捕縄(1940年)
  • 赤穂の人妻(1940年)
  • 牢獄の狼(1940年)
  • 護国の鬼(1940年)
  • 北海に叫ぶ武士(1940年)
  • 山岳武士(1941年)
  • 姿なき復讐(1941年)
  • 成吉思汗(1943年)
  • 高田馬場前後(1944年)
  • 河童大将(1944年)
  • 明治の兄弟(1946年)
  • 国定忠治(1946年)
  • 七つの顔(1946年)
  • 闇を走る馬者(1947年)
  • 十三の眼(1947年)
  • 宵祭八百八町(1947年)
  • 三本指の男(1947年)
  • 木曾の天狗(1948年)
  • 二十一の指紋(1948年)
  • 五人目の目撃者(1948年)
  • にっぽんGメン(1948年)
  • 黒雲街道(1948年)
  • 三十三の足跡(1948年)
  • 白虎(1949年)
  • 獄門島(1949年)
  • 獄門島 解明篇(1949年)
  • にっぽんGメン 第二話 難船﨑の血鬪(1950年)
  • 獅子の罠(1950年)
  • 闇に光る眼(1950年)
  • 旗本退屈男捕物控 七人の花嫁(1950年)
  • 旗本退屈男捕物控 毒殺魔殿(1950年)
  • 天狗の安(1951年)
  • 八ツ墓村(1951年)
  • 江戸恋双六(1951年)
  • 遊民街の夜襲(1952年)
  • 乞食大将(1952年)
  • 修羅八荒(1952年)
  • 丹下左膳(1952年)
  • 流賊黒馬隊 暁の急襲(1952年)
  • 流賊黒馬隊 月下の対決(1952年)
  • 朝焼け富士 前篇(1953年)
  • 朝焼け富士 後篇(1953年)
  • 新書太閤記 急襲桶狭間(1953年)
  • 山を守る兄弟(1953年)
  • 鬼伏せ街道(1953年)
  • 忠治旅日記 喧嘩大鼓(1953年)
  • 旗本退屈男 どくろ屋敷(1954年)
  • 伝七捕物帳 人肌千両(1954年)
  • 悪魔が来りて笛を吹く(1954年)
  • 影法師一番手柄 妖異忠臣蔵(1954年)
  • 八百屋お七 ふり袖月夜(1954年)
  • 残月一騎討ち(1954年)
  • 多羅尾伴内シリーズ 隼の魔王(1955年)
  • 風雲将棋谷(1955年)
  • 青龍街の狼(1955年)
  • 弥太郎笠(1955年)
  • 多羅尾伴内シリーズ 第八話 復讐の七仮面(1955年)
  • 多羅尾伴内シリーズ 戦慄の七仮面(1956年)
  • 赤穂浪士 天の巻 地の巻(1956年)
  • 剣豪二刀流(1956年)
  • 父子鷹(1956年)
  • 旗本退屈男 謎の幽霊船(1956年)
  • 髑髏銭(1956年)
  • 妖蛇の魔殿(1956年)
  • 任侠清水港(1957年)
  • 旗本退屈男 謎の紅蓮搭(1957年)
  • 鳳城の花嫁(1957年)
  • 隼人族の叛乱(1957年)
  • ゆうれい船 怒濤篇(1957年)
  • ゆうれい船(1957年)
  • 恋風道中(1957年)
  • 任侠東海道(1958年)
  • 多羅尾伴内 十三の魔王(1958年)
  • 丹下左膳(1958年)
  • 大江戸七人衆(1958年)
  • 奴の拳銃は地獄だぜ(1958年)
  • 旗本退屈男(1958年)
  • 隠密七生記(1958年)
  • 丹下左膳 怒濤篇(1959年)
  • 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻(1959年)
  • 新吾十番勝負(1959年)
  • 風流使者 天下無双の剣(1959年)
  • 水戸黄門 天下の副将軍(1959年)
  • 天下の伊賀越 暁の血戦(1959年)
  • 任侠中仙道(1960年)
  • 丹下左膳 妖刀濡れ燕(1960年)
  • 新吾十番勝負 第三部(1960年)
  • 新吾十番勝負 完結篇(1960年)
  • 旗本退屈男 謎の暗殺隊(1960年)
  • 水戸黄門(1960年)
  • 庄助武勇伝 会津磐梯山(1960年)
  • 新吾二十番勝負(1961年)
  • 赤穂浪士(1961年)
  • 丹下左膳 濡れ燕一刀流(1961年)
  • 新吾二十番勝負 第二部(1961年)
  • 維新の篝火(1961年)
  • 天下の御意見番(1962年)
  • 源九郎義経(1962年)
  • 右門捕物帖 紅蜥蜴(1962年)
  • 血煙り笠(1962年)
  • 若さま侍捕物帳 お化粧蜘蛛(1962年)
  • 勢揃い東海道(1963年)
  • 中仙道のつむじ風(1963年)
  • 新吾二十番勝負 完結篇(1963年)
  • 血と砂の決斗(1963年)
  • 人斬り笠(1964年)
  • 新吾番外勝負(1964年)
  • バラケツ勝負(1965年)
  • めくらのお市物語 真っ赤な流れ鳥(1969年)
  • めくらのお市 地獄肌(1969年)

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]