松田清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松田 清
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都渋谷区初台
生年月日 1930年12月11日
没年月日 (2007-02-18) 2007年2月18日(76歳没)
身長
体重
171 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手 外野手
プロ入り 1949年
初出場 1950年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

松田 清(まつだ きよし、1930年12月11日 - 2007年2月18日)は、東京都渋谷区初台出身の元プロ野球選手投手外野手)・コーチ解説者

経歴[編集]

中野高校在学中の1949年夏、読売ジャイアンツにテスト生として入団。入団後は肩の故障のため一塁手に転向していたが、翌1950年夏、二軍の東北・北海道遠征のある試合での事だった。岩下守道が連投で疲労困憊しストライクが入らず、見かねた松田は宇野光雄二軍監督にリリーフを申し出て好投する。松田の活躍によりこの遠征で巨人は7戦全勝の好成績を挙げて、松田も秋口に一軍に昇格する。この年の公式戦では3試合で13回2/3を投げ10失点したが、自責点はわずか2点に抑えて初勝利も挙げている。

大きく割れるカーブ藤本英雄から伝授されたスライダーを武器に、翌1951年から実力が開花。5月23日の対広島戦で5勝目を挙げて以降、連勝街道を邁進し、10月4日の対名古屋戦で19連勝(1シーズン連勝のセ・リーグ記録)を達成[1]最優秀防御率(防御率2.01)、最高勝率(23勝3敗、勝率.885)、新人王タイトルを獲得する。

1952年3月23日の対国鉄戦に勝利し、当時のプロ野球記録である20連勝まで記録を伸ばす[1]。20連勝の記録は1957年西鉄稲尾和久がタイ記録で並んだのち、2013年楽天田中将大がほぼ半世紀ぶりに記録を更新(最終的にレギュラーシーズン28連勝)するが、いまだにセ・リーグ記録となっている。しかし、松田は年間を通じて前年ほどの活躍はできず、13勝7敗防御率3.17に留まる。

1953年以降は登板試合数が激減して、1955年までの3年間勝ち星から見放された。特に故障したわけではなかったが、後年本人が語ったところでは、直球の球威を増そうと練習したところ、球が速くなった代わりに、カーブが悪くなってしまったという[2]。また、真面目すぎる性格のため、一つ負けてしまったことでジレンマに陥ってしまったのでは、との声もある[3]

1956年に二軍時代から松田をかわいがっていた[4]宇野が国鉄スワローズの監督に就任すると、松田も国鉄に移籍する。同年2勝を挙げたのち外野手に転向。1957年から1960年頃まで毎年100試合以上出場するなど、外野の準レギュラー格として活躍する。1961年現役を引退。

退団後は関西テレビ解説者1962年 - 1972年)を経て、1973年から南海ホークスの二軍投手コーチとなり、1976年から一軍投手コーチ、1977年退任。翌1978年からはスコアラーを務めた[1]。南海退団後はサラリーマン生活を経て、1985年から大阪府八尾市にて「松田清野球塾」を開設し、後進の指導に当たる。同塾からは杉本正志広島ロッテオリックス)・広政秀之(近鉄)・村田正幸ヤクルト)など何人かのプロ野球選手を輩出している[1]

2007年2月18日に大阪府羽曳野市の自宅にて虚血性心疾患により死去[5]。享年78(満76歳没)。

選手としての特徴[編集]

球威自体で打者を押さえつけるタイプではなかったが、大小2種類のカーブと、1951年の春季キャンプで習得した鋭く切れるドロップを武器とした[6]。特にカーブのコントロールは抜群で、分かっていても打てなかったという[7]。また、投球のリズムが良く、野手から非常に守りやすいとの声があった[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 巨人 3 3 1 0 0 1 1 -- -- .500 65 13.2 15 0 9 -- 0 5 0 0 10 2 1.29 1.76
1951 34 28 15 4 0 23 3 -- -- .885 896 227.2 186 5 64 -- 5 93 3 2 61 51 2.01 1.10
1952 37 16 2 0 1 13 7 -- -- .650 578 138.1 130 4 47 -- 0 71 1 1 58 49 3.17 1.28
1953 11 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 138 33.1 30 3 9 -- 1 9 1 0 17 16 4.24 1.17
1954 6 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 59 14.0 14 2 2 -- 0 5 0 0 6 4 2.57 1.14
1955 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 2.0 2 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0.00 1.50
1956 国鉄 10 3 0 0 0 2 2 -- -- .500 106 23.1 19 1 9 2 3 15 0 0 12 10 3.75 1.20
通算:7年 103 53 18 4 1 39 14 -- -- .736 1850 452.1 396 15 141 2 9 198 5 3 165 132 2.62 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 巨人 3 6 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 0 2 0 .000 .167 .000 .167
1951 34 96 80 10 13 3 1 0 18 10 0 1 8 -- 8 -- 0 8 0 .163 .239 .225 .464
1952 37 50 46 5 6 4 0 0 10 3 0 0 3 -- 1 -- 0 7 0 .130 .149 .217 .366
1953 11 16 15 4 5 1 1 0 8 1 0 0 1 -- 0 -- 0 1 1 .333 .333 .533 .867
1954 6 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1955 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1956 国鉄 68 163 151 9 38 6 4 1 55 12 1 4 5 1 5 0 1 31 0 .252 .280 .364 .644
1957 120 349 302 36 75 15 4 3 107 23 6 7 6 4 35 1 2 51 4 .248 .330 .354 .685
1958 103 306 259 33 62 9 3 3 86 15 9 5 3 1 42 2 1 47 4 .239 .348 .332 .680
1959 101 308 270 35 70 17 4 1 98 16 6 4 5 0 31 0 2 40 2 .259 .340 .363 .703
1960 100 226 208 10 55 11 1 1 71 20 2 1 2 2 13 2 1 25 4 .264 .311 .341 .652
1961 89 159 144 11 31 4 0 2 41 7 1 4 2 0 13 2 0 26 3 .215 .280 .285 .565
通算:12年 674 1682 1483 154 355 70 18 11 494 107 25 26 35 8 149 7 7 239 18 .239 .312 .333 .645

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 20連勝 (1951年 - 1952年) ※セ・リーグ記録
  • 同一シーズン19連勝 (1951年) ※セ・リーグ記録
  • オールスターゲーム出場:1回 (1952年)

背番号[編集]

  • 40 (1949年)
  • 29 (1950年 - 1955年)
  • 19 (1956年 - 1961年)
  • 60 (1973年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『プロ野球人名事典 1999』456ページ
  2. ^ 蛭間豊章記者のBaseball inside 第741回「「無名」から這い上がった2人の20連勝投手」2013年8月10日
  3. ^ 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』73ページ
  4. ^ 『巨人軍の男たち』129ページ
  5. ^ 著名人の訃報
  6. ^ a b 『巨人軍の男たち』127ページ
  7. ^ NEWSポストセブン「金田正一「ワシが新人王をとられた相手」と松田清忘れられぬ」2013年4月30日

参考文献[編集]

関連項目[編集]