松田瑞生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松田 瑞生 Portal:陸上競技
Mizuki Matsuda 190915a.jpg
マラソングランドチャンピオンシップ
(2019年9月15日撮影)
選手情報
フルネーム まつだ みずき
ラテン文字 MIzuki Matsuda
愛称 なにわの腹筋女王
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走マラソン
所属 大阪市立遠里小野小学校
大阪市立大和川中学校
大阪薫英女学院高
ダイハツ
生年月日 (1995-05-31) 1995年5月31日(25歳)
出身地 大阪府大阪市住吉区 遠里小野
身長 158cm
体重 46kg
自己ベスト
1500m 4分21秒45
3000m 9分08秒23
5000m 15分46秒40
10000m 31分39秒41
ハーフマラソン 1時間10分25秒
マラソン 2時間21分47秒
 
獲得メダル
陸上競技
世界ハーフマラソン選手権大会
2016 カーディフ 女子団体
アジア陸上競技選手権大会
2017 ブバネシュワール 10000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

松田 瑞生(まつだ みずき、1995年5月31日 - )は、日本陸上競技選手で、専門種目は中距離走長距離走マラソンダイハツ工業に所属。第101回日本陸上選手権女子10000m優勝、第37回・第39回大阪国際女子マラソン各優勝。その鍛え抜かれた腹筋から「なにわの腹筋女王」と呼ばれている。大阪市出身。大阪市立遠里小野小学校・大阪市立大和川中学校・大阪薫英女学院高校卒業

陸上経歴[編集]

大阪薫英女学院高校時代に3年連続で全国高校駅伝に出場した。1年次には2区を担当し、15位で襷を受けたが4人を抜き、区間10位だった。この時の区間賞は横江里沙須磨学園)であり、同学年の関根花観仙台育英)にも及ばなかった[1]。2年次にも2区を担当。1区・大森菜月からトップと4秒差の2位と好位置で襷を受けるとトップに立ち、2位に11秒差をつけて3区に襷を繋ぐ好走で、前年敗れた横江らを抑えて区間賞を獲得した。チームは総合5位だった[2]。3年次はエース区間の1区を担当したが由水沙季筑紫女学園)が2年連続区間賞を獲得し、トップと8秒差、区間3位の関根(豊川、チーム優勝)と6秒差の9位に終わった[3]

ダイハツに所属後、10000mに注力していたが、2018年1月(22歳)の第37回大阪国際女子マラソンで、フルマラソンにデビュー。20km給水所でスペシャルドリンクを取り損ねた安藤友香に自らのドリンクを手渡し、そのスポーツマンシップの素晴らしさが話題となった。25Km付近では大阪薫英女学院高の1年後輩でもあった前田穂南天満屋)がペースメーカーの前に飛び出したが、26kmから松田瑞生もペースメーカーの前に出て追い掛け距離を詰めていき31Km付近で逆転した。結果2時間22分44秒という好タイムで、いきなり初マラソンで初優勝するとともに、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・2020年東京オリンピック女子マラソン日本代表選考レース)への出場権も獲得した。

2018年9月のベルリンマラソンで2度目のフルマラソンに挑戦。レース序盤から5Km毎のラップを16分台後半と積極的に飛ばし、中間点は1時間10分59秒で通過直後に前田穂南に追いつかれるも、その後巻き返して2時間22分23秒と自身のベストタイムを21秒更新と同時にダイハツ記録を更新して、日本女子トップの5位に入った。しかしゴール後の松田は「最低でも21分台を狙っていたので、まだ実力不足。日本とは雰囲気が違った。来年のMGCで必ず優勝できるように頑張りたい」と悔し涙を浮かべた[4]

大阪国際女子マラソンでの功績が認められ、2018年に活躍した競技者や競技を通じて社会に貢献した選手に贈られる日本陸連アスレティック・アワード2018で新人賞を獲得した。

2019年9月15日開催のMGC・女子マラソン本番に出場。スタート直後からハイペースで飛ばす一山麻緒ワコール)らの先頭集団に、序盤の1Km過ぎで早々遅れ始めたが、10Km手前で先頭集団へ追いつく。だが14Km付近で再び集団から脱落し、6位に後退。その後は23Km地点で安藤友香、24Km地点で福士加代子のワコール勢二人を追い越して4位に浮上する。しかし結果は、3位の小原怜(天満屋)に45秒差で届かず、4位に終わり東京五輪内定選出は果たせなかった(優勝した天満屋の前田穂南と、2位の日本郵政グループ鈴木亜由子の二人が東京五輪即内定となる)[5]

MGCファイナルチャレンジ第2弾となる、2020年1月26日の第39回大阪国際女子マラソンへエントリー。号砲から5Km毎に16分30秒台と高速ペースで走行する、今回ペースメーカー役を務めた新谷仁美らの先頭集団へ積極果敢についていった。12Km地点で谷本観月(天満屋)、17Km過ぎで小原怜、20Km付近で福士加代子が次々と後退する中、日本女子は松田一人のみ優勝争いに加わる展開に。24Km過ぎで松田とミミ・ベレテ(バーレーン)の二人が、集団から抜け出してデッドヒートと成ったが、31Km付近で松田がロングスパートを仕掛けベレテを引き離すと、その後は松田の完全独走状態に。35Km以降でややペースは落ちたものの、結果マラソン自己ベストを36秒更新する、2時間21分47秒の好記録で2年振り2回目の当大会優勝を成し遂げる。さらに、MGCファイナルチャレンジ派遣記録の2時間22分22秒を上回った為、松田が暫定的に東京五輪女子マラソン日本代表の3人目の有力候補に名乗りを挙げた[6]

ところが、2020年3月8日開催の名古屋ウィメンズマラソン2020で優勝した一山麻緒が、松田の記録を1分18秒も上回る2時間20分29秒のゴールタイムを出した為、松田の東京五輪女子マラソン日本代表入りへの切符を逃してしまう[7]。なお、昨年9月のMGCで4位に入った事により、MGC3位の小原怜と共に補欠に選出[8]。4日後の同年3月12日、福島県郡山市で開かれたマラソン代表会見において、女子マラソン選出の一山の隣席に座った補欠2番手の松田は、「正直な処、まだ気持ちの整理がついていないので…。再スタートを切れる位に、気持ちを整えてからチャレンジしたい」と五輪落選の無念の涙を流し、声を詰まらせながら振り絞るようにコメントした[9][10][11]

主な記録(マラソン以外)[編集]

大会 種目 順位 備考
2012年 都道府県対抗女子駅伝 7区 区間2位 大阪府優勝[12]
全国高校駅伝 2区 区間賞 薫英女学院5位
2013年 都道府県対抗女子駅伝 7区 区間賞 大阪府3位[13]
2014年 全日本実業団女子駅伝 6区 区間4位 ダイハツ2位[14]
2015年 都道府県対抗女子駅伝 9区 区間11位 大阪府優勝[15]
2016年 全日本実業団ハーフマラソン ハーフマラソン 4位
世界ハーフマラソン選手権 ハーフマラソン 17位 日本チーム3位
第100回日本陸上選手権 10000m 4位[16]
全日本実業団陸上選手権 10000m 優勝[17]
2017年 第101回日本陸上選手権 10000m 優勝[18]
アジア陸上選手権 10000m 銅メダル[19]
世界陸上競技選手権 10000m 19位
2018年 第102回日本陸上選手権 10000m 優勝[20]

マラソン全戦績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2018年1月28日 大阪国際女子マラソン 優勝 2時間22分44秒 初マラソン初優勝・MGCシリーズ第3弾・MGC出場権獲得
2018年9月16日 ベルリンマラソン 5位 2時間22分23秒 日本女子トップ
2019年9月15日 マラソングランドチャンピオンシップ 4位 2時間29分51秒 2020年東京オリンピック・女子マラソン日本代表選考会
2020年1月26日 大阪国際女子マラソン 優勝 2時間21分47秒 マラソン2回目の優勝・自己記録・MGCファイナルチャレンジ第2弾

脚注[編集]

  1. ^ 第23回女子大会記録”. 全国高校駅伝事務局. 2018年1月5日閲覧。
  2. ^ 第24回女子大会記録”. 全国高校駅伝事務局. 2018年1月5日閲覧。
  3. ^ 第25回女子大会記録”. 全国高校駅伝事務局. 2018年1月5日閲覧。
  4. ^ 松田、自己新も悔し涙=世界との差を痛感-ベルリン・マラソン 時事ドットコム 2018年9月16日掲載
  5. ^ マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)女子マラソン速報 スポーツナビ 2019年9月15日掲載
  6. ^ 第39回大阪国際女子マラソン速報 スポーツナビ 2019年9月15日掲載
  7. ^ 松田 五輪マラソン切符逃し「自分の力のなさを痛感した」 スポニチ 2019年3月9日掲載
  8. ^ 東京五輪マラソン代表 女子の小原と松田は補欠に 毎日新聞 2019年3月8日掲載
  9. ^ 松田瑞生は会見で涙「まだ気持ちの整理が…」東京五輪マラソン代表補欠 デイリースポーツ 2020年3月12日掲載
  10. ^ 結束感なきマラソン代表会見、補欠選手に心理的負担 日刊スポーツ 2020年3月14日掲載
  11. ^ 松田瑞生が流した尊い涙 JIJI.COM 2020年3月16日掲載
  12. ^ リザルト”. jaaf. 2018年1月8日閲覧。
  13. ^ リザルト”. jaaf. 2018年1月5日閲覧。
  14. ^ 記録集”. jita. 2018年1月5日閲覧。
  15. ^ リザルト”. jaaf. 2018年1月24日閲覧。
  16. ^ 決勝記録一覧”. jaaf. 2018年1月5日閲覧。
  17. ^ 競技結果”. jita. 2018年1月5日閲覧。
  18. ^ 競技結果”. jaaf. 2018年1月5日閲覧。
  19. ^ リザルト”. jaaf. 2018年1月8日閲覧。
  20. ^ 競技結果”. jaaf. 2019年6月24日閲覧。