松田英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トールカのコスモビトラル庭園の胸像

松田 英二(まつだ えいじ、1894年4月20日 - 1978年2月12日)は日本生まれで、メキシコで働いた植物学者である。

生涯[編集]

長崎で生まれた。長崎中学から台湾総督府国語学校で学び、台湾で教師を務めた後、1922年にメキシコに移民し、チアパスのエスクイントラで農場を開いた。1932年にエスクイントラに松田植物研究所(Instituto botánico Matuda)を開きメキシコ南部の植物生態調査を行った。1951年にメキシコ国立自治大学の客員教授に任じられ、1954年から1959年の間、Instituto de investigación forestal (森林研究所)の上級研究員となった。1955年から1965年まで3年の間、植物学部長を務めた。1953年に、メキシコ森林学会から名誉学位を贈られた。

メキシコの、植物についての多くの研究論文を執筆し、多くの新種植物を記載し、1960年に東京大学から名誉博士号を受けた。 1978年ブラジルでの植物学会に参加した後、リマで客死した。

1962年2月 東京大学 理学博士 論文の題は「メキシコ国チャバス州南部の「フロラ」の研究」[1]

マンサク科の属名、Matudaeaパイナップル科の種、Aechmea matudaeサボテン科の種、Mammillaria matudaeなど多くの植物に献名されている。

Matudaは、植物の学名命名者を示す場合に松田英二を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Helechos de Estado de México 1956

参考文献[編集]

  • Allen G. Debus (dir.) (1968). World Who’s Who in Science. A Biographical Dictionary of Notable Scientists from Antiquity to the Present. Marquis-Who’s Who (Chicago) : xvi + 1855 p.
  • Harvard University Herbaria (HUH), Database.
  • 「日墨協会便り」(http)//amj2012.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる