松谷高顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松谷 高顕(まつたに たかあき、1941年1月29日 - )は、日本実業家東邦ホールディングス代表取締役会長や、日本医薬品卸業連合会会長を務めた。

人物・経歴[編集]

1964年上智大学法学部卒業[1]東邦薬品入社。1974年取締役宇都宮支店長に昇格。1989年取締役営業本部長。1993年取締役副社長。1999年代表取締役社長。2005年東邦薬品代表取締役会長[2][3][4][1]。2009年東邦ホールディングス代表取締役会長。2013年東邦ホールディングス取締役相談役[3]。同年春の藍綬褒章受章[5]。この間2001年から2009年まで、日本医薬品卸業連合会会長を4期8年務め、流通改善にあたった[6]

脚注[編集]


先代:
松谷眞
東邦薬品社長
第3代:1999年 - 2005年
次代:
濱田矩男
先代:
兒島誠保
日本医薬品卸業連合会会長
2001年 - 2009年
次代:
別所芳樹