板倉勝任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

板倉 勝任(いたくら かつとう、元文元年12月16日1737年1月16日) - 明和3年7月7日1766年8月12日))は、江戸時代中期から後期の大名で、陸奥国福島藩主。重昌流板倉家第8代。板倉勝里の次男。母は相馬昌胤の娘。正室、子はなし。任官前に死去している。

明和2年(1765年)、兄勝承の死により家督を相続したが、翌明和3年(1766年)に死去した。歌人であり「板倉勝任詠草」を遺した。本家筋にあたる備中国松山藩板倉勝澄の四男の勝行が養子となり跡を継いだ。