板倉勝成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

板倉 勝成(いたくら かつしげ、1821年4月27日文政4年3月25日) - 1848年7月25日嘉永元年6月25日))は、備中国庭瀬藩の第9代藩主。重宣系板倉家10代。

陸奥磐城平藩安藤信由の次男で、兄に幕末老中安藤信正がいる。官位は従五位下、越中守。通称は鋭次郎、脩次郎。初名は信中。

先代藩主板倉勝貞の養子となっていた勝敬が早世したため、代わって養嗣子となり、嘉永元年(1848年)3月21日に勝貞の隠居により家督を継いだ。しかし同年6月25日に28歳で死去し、跡を養嗣子の勝全が継いだ。法号は天徳院殿峰山源照大居士。