板倉勝政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
板倉勝政

板倉 勝政(いたくら かつまさ、1759年4月17日宝暦9年3月20日) - 1821年4月4日文政4年3月2日))は、備中松山藩の第4代藩主。板倉家宗家10代。

経歴[編集]

初代藩主・板倉勝澄の七男。母は植原氏。正室は大垣藩主・戸田氏英の娘。側室は進藤氏、谷村氏、飯田氏。子に勝晙(四男)、勝尚(五男)、勝喬(十一男)、娘(岩城隆喜正室)、娘(柳沢里世正室)。官位は従五位下、周防守、主膳正、左近将監。

安永7年(1778年)2月22日、兄で先代藩主の勝従末期養子として家督を継いだ。同年4月28日、将軍徳川家治御目見する。安永8年12月16日、従五位下左近将監に叙任する。天明4年(1784年)5月15日、奏者番に就任する。天明8年6月26日、寺社奉行を兼任する。藩政においては藩校・有終館を創設した。寛政10年(1798年)5月1日、寺社奉行を辞任する。享和元年(1801年)3月8日、病を理由に隠居し、四男の勝晙が家督を継いだ。文政4年(1821年)3月2日、63歳で死去した。法号は義正院殿天忠源然大居士。