板倉勝資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

板倉 勝資(いたくら かつすけ、寛政元年(1789年) - 嘉永元年8月17日1848年9月14日))は、備中国庭瀬藩の第7代藩主。重宣系板倉家8代。

第5代藩主板倉勝喜の四男。正室は朽木倫綱の娘。子に板倉勝敬(長男)。官位は越中守。

文化2年(1805年)12月8日に先代藩主で兄の勝氐が早世したため、翌文化3年(1806年)3月19日に跡を継いだ。文化8年11月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月11日、従五位下越中守に叙任する。有能な人物で殖産興業や民政に尽力し、凶作に備えて義倉を設置した。また、藩校の誠意館を創設して藩士子弟の教育化に努めた。

天保3年(1832年)閏11月21日、弟の勝貞に家督を譲って隠居した。弘化2年(1845年)8月に剃髪して愚山と号した。嘉永元年(1848年)8月17日、60歳で死去した。法号は督応院殿麒鳳源麟大居士。墓所は愛知県西尾市貝吹町の長円寺。

庭瀬藩の歴代藩主の中では有能な人物で、治績も残したため、中興の英主と言われている。