板倉勝顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
板倉勝顕
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化11年5月3日1814年6月20日
死没 明治10年(1877年1月8日
官位 従五位下内膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定家茂
陸奥福島藩
氏族 板倉氏
父母 板倉勝俊上杉治広
兄弟 勝顕、本多成功、永井尚服勝弘、勝敬、九鬼隆都継室、岩城隆喜正室ら
上杉斉定
野村氏
勝己、勝英、酒井忠経正室ら
テンプレートを表示

板倉 勝顕(いたくら かつあき)は、江戸時代後期の大名陸奥国福島藩10代藩主。官位従五位下内膳正重昌流板倉家第13代。

略歴[編集]

先代藩主・板倉勝俊の長男として誕生した。天保5年(1834年)、父の隠居により家督を相続する。

日米修好通商条約が締結され、日本が開港に踏み切ると、藩内特産品の生糸は輸出品の主力となった。慶応2年(1866年)に隠居し、跡を長男・勝己に譲ったが、実質的な藩政を主導し続けた。

明治10年(1877年)に死去した。

系譜[編集]