板倉重常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
板倉重常
Itakura Shigetsune.jpg
板倉重常像
時代 江戸時代前期
生誕 寛永20年10月22日1643年12月3日
死没 貞享5年8月7日1688年9月1日
改名 新十郎(幼名)→重常
別名 悠山(号)
戒名 天祐院殿南室悠山大居士
墓所 愛知県西尾市貝吹町の長円寺
官位 従五位下、隠岐
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
下総関宿藩主→伊勢亀山藩
氏族 板倉氏
父母 父:板倉重郷、母:酒井忠吉の娘
正室筆子戸田氏信の娘)
娘(太田資直正室)、娘(松平信通正室のち堀田正朝正室)
養子重冬

板倉 重常(いたくら しげつね)は、下総関宿藩の第3代藩主、のち伊勢亀山藩の初代藩主。板倉家宗家4代。

生涯[編集]

家督相続[編集]

寛永20年(1643年)10月22日、関宿藩主・板倉重郷の長男として生まれる。万治元年(1658年)閏12月、従五位下、隠岐守に叙位・任官する。寛文元年(1661年)に父が死去したため、寛文2年(1662年)に家督を継いで関宿藩主となった。

伊勢亀山への転封[編集]

寛文9年(1669年)2月、5000石加増の5万石の上で、伊勢亀山に加増移封された。

亀山では、亀山城の改増築、寺社政策の徹底、新田開発などの勧農政策を行なう一方で、賦役の軽減や減税などの善政にも努めたといわれる。しかし優れた政治を行なったにもかかわらず、連年のように凶作が続き、藩財政は窮乏して1万2000両の負債を抱えるようになり、その後の亀山藩の財政に悪影響をもたらした。

貞享5年(1688年)2月16日、家督を養子の重冬に譲って隠居する。半年後の8月7日に死去した。享年46。

先代:
板倉重郷
板倉宗家当主
1662年 - 1688年
次代:
板倉重冬