板倉重郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
板倉重郷
Itakura Shigesato.jpg
板倉重郷像
時代 江戸時代前期
生誕 元和5年(1619年
死没 寛文元年12月17日1662年2月5日
戒名 恵日院殿徳峯源清大居士
墓所 愛知県西尾市貝吹町入の長圓寺
官位 従五位下、長門守、阿波
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行
主君 徳川家綱
下総関宿藩
氏族 板倉氏
父母 父:板倉重宗、母:戸田氏鉄の娘
兄弟 重郷重形
正室:酒井忠吉の娘
重常、娘(堀田正休正室)
養子:養女内藤忠次室のち中山信行室)

板倉 重郷(いたくら しげさと)は、下総関宿藩の第2代藩主。板倉家宗家3代。

生涯[編集]

元和5年(1619年)、京都所司代である初代藩主・板倉重宗の長男として生まれる。寛永13年(1636年)12月29日に従五位下・長門守に叙位・任官し、寛永14年(1637年)に阿波守に遷任する。

慶安元年(1648年)に京都所司代を務める父・重宗が病に倒れたため、その看病と補佐のために京都に上る。明暦2年(1656年)12月に父が死去したため、明暦3年(1657年)3月23日に家督を継ぐ。明暦4年(1658年)4月4日に奏者番に任じられ、7月4日に寺社奉行を兼任する形で任命された。寛文元年(1661年)11月26日に全ての職を辞職し、12月13日には弟の重形に5000石と新田4000石を分与したため、板倉氏は4万5000石の大名となる。それから4日後の12月17日に死去した。享年43。跡を長男の重常が継いだ。