板坂則子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

板坂 則子(いたさか のりこ、1952年3月 - )は、近世文学研究者。専門は近世戯作、特に曲亭馬琴専修大学文学部教授。

来歴[編集]

1974年お茶の水女子大学国文科卒、東京大学大学院博士課程中退、1980年群馬大学教育学部専任講師、助教授、1992年専修大学助教授、教授。2010年「曲亭馬琴の世界」で東大文学博士[1]

近世戯作、特に曲亭馬琴研究の権威の一人であり、実証的研究者である。その一方、学生とともにオペラ八犬伝』の台本を作り上演したり[2][3]、『狭衣物語』の二次創作ゲーム「狭衣」を製作したり、海外の大学との共同授業・遠隔授業[4]といった取り組みを行っている。ゼミ出身者にはフジテレビプロデューサー坪井貴史など。

夫は中央大学教授の池田和臣板坂元板坂耀子とは名字が同じだが無関係である。

著書[編集]

  • 『曲亭馬琴の世界 戯作とその周縁』笠間書院、2010
  • 『江戸時代 恋愛事情』朝日選書、2017

編著・校訂[編集]

  • 『馬琴草双紙集』(叢書江戸文庫)国書刊行会 1994
  • 椿説弓張月 前編』笠間書院 1996
  • 『馬琴(日本文学研究論文集成)』若草書房 2000

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 板坂 則子 - マイポータル - researchmap”. researchmap.jp. 2020年3月4日閲覧。
  2. ^ 江戸時代の文学・文化[担当:板坂 則子] | 専修大学”. www.senshu-u.ac.jp. 2020年3月4日閲覧。
  3. ^ 専修大学育友会”. www.ikuyuu.com. 2020年3月4日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞デジタル:専修大学ドットコム:オピニオン - 専修大学文学部教授 板坂則子”. www.asahi.com. 2020年3月4日閲覧。