板垣退助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
板垣 退助
いたがき たいすけ
ITAGAKI Taisuke.jpg
1906年頃(70歳頃)
生年月日 1837年5月21日
天保8年4月17日
出生地 日本の旗 日本 土佐国高知城下中島町
(現、高知県高知市
没年月日 (1919-07-16) 1919年7月16日(82歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市
前職 武士土佐藩士
所属政党 幸福安全社→愛国公党愛国社
国会期成同盟自由党
愛国公党(再興)自由党
憲政党
称号 従一位
勲一等旭日桐花大綬章
伯爵
配偶者 林益之丞政護妹(正妻)
中山弥平治秀雅次女(継妻)
板垣鈴(継妻)
板垣絹子(継妻)
板垣清女(権妻)
子女 板垣鉾太郎(長男)
乾正士(次男)
板垣孫三郎(三男)
板垣正実(四男)
乾六一(五男)
片岡兵子(長女)
宮地軍子(次女)
小川腕子(三女)
浅野千代子(四女)
小山良子(五女)
親族 乾正清(五世祖父)
乾直建(高祖父)
乾正聰(曾祖父)
乾信武(祖父)
乾正成(父)
片岡光房(娘婿)
宮地茂春(娘婿)
小川一眞(娘婿)
浅野泰治郎(娘婿)
小山鞆絵(娘婿)
板垣守正(孫)
板垣正貫(孫)
乾一郎(孫)
宮地茂秋(孫)
川瀬徳太郎(孫婿)
杉崎光世(曾孫)

日本の旗 第13代 内務大臣
内閣 第1次大隈内閣
在任期間 1898年6月30日 - 1898年11月8日

日本の旗 第10代 内務大臣
内閣 第2次伊藤内閣
第2次松方内閣
在任期間 1896年4月14日 - 1896年9月20日
テンプレートを表示

板垣 退助(いたがき たいすけ、天保8年4月17日1837年5月21日) - 大正8年(1919年7月16日)は、日本武士(土佐藩士)、勤王志士軍人政治家自由民権運動の主導者。従一位勲一等伯爵明治維新元勲。「憲政の父・国会を創った男」として知られる[1]

概略[編集]

幕末土佐藩武力討幕派の重鎮として薩摩藩に対し薩土討幕の密約を結ぶ。これに基づき土佐藩の兵制を改革して近代式練兵を行った。鳥羽・伏見の戦い開戦後は、天皇陛下御親征東山道先鋒総督軍参謀・迅衝隊総督となり戊辰戦争で活躍する。また、甲州勝沼の戦い会津攻略戦に軍功著しく、日光東照宮を戦禍から守る。土佐藩陸軍総督。絶対尊皇主義者として知られ「君主」は「」を本とするので、「君主主義」と「民本主義」は対立せず同一不可分であると説いた[2]君民一体による自由民権運動の主導者であり「庶民派」の政治家として国民から圧倒的な支持を受ける。自由民権運動は、尊皇を基礎とし、その柱を五箇条の御誓文に求めるもので、特にその第一条「広く会議を興し万機公論に決すべし」は重視され、国内へは「国会の開設」、国外へは「不平等条約の撤廃」等を求めた[3]。さらに国民皆兵を断行するため太政官の許可を得て全国に先駆けて「人民平均の理」を布告し、四民平等に国防の任に帰する事を宣した[3]。これらの論旨の説明には「天賦人権説」がしばしば用いられたが、海外思想の単なる翻訳・流用ではなく、日本の国体に則して歴史的に培われたものであることが強調されている[4]国防を重視し、天皇護衛のための軍隊御親兵の創設に盡力。この御親兵がのちの陸軍近衛師団の前身となる[3]。薨去後も民本政治の草分けとして人気が高く、第二次世界大戦後は50銭政府紙幣日本銀行券B100円券に肖像が用いられた。帝国議会ならびに現在の自民党の源流となる愛国公党自由党の創始者[5]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

生誕地(高知県高知市

天保8年4月17日(1837年5月21日)、土佐藩上士(馬廻格・300)乾正成の嫡男として、高知城下中島町(現・高知県高知市本町通2丁目)に生まれる。幼名猪之助。退助は通称は初め正躬(まさみ)、のち正形(まさかた)。無形(むけい)。なお、乾家の本姓は板垣氏で、武田信玄の重臣・板垣信方を祖とする家柄。坂本龍馬武市瑞山とは親戚にあたる[6]

(退助の復姓については後述)

土佐藩士姻族関連系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣退助
 
宮地軍子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮地茂秋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮地自然
 
宮地茂春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮地茂光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳村惟政
 
さよ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鹿持雅澄
 
 
女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野見自守
 
柳村惟則
 
 
 
 
 
 
 
鹿持孫平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊子
 
 
田内衛吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武市正久
 
 
武市正恒
 
 
武市瑞山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島村雅事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島村正壽
 
 
島村雅風
 
武市富子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐尾子
 
 
沢辺琢磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山本信敬
 
山本信固
 
山本信年
 
山本信道
 
 
桑津重時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
坂本直足
 
 
坂本直方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
坂本龍馬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
坂本直澄
 
坂本幸
 
 
 
 
 
福岡孝弟
 
福岡秀猪
 
宮地呉子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮地信貞
 
宮地茂好
 
 
 
 
 
宮地自然
 
宮地茂春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾直建
 
乾正聰
 
乾信武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮地茂秋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正成
 
板垣退助
 
宮地軍子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女子
 
 
女子
 
 
寺村道成
 
寺村成潔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平井政実
 
 
板垣勝子
 
 
女子
 
 
 
 
 
 
 
 
谷村自貞
 
谷村自熈
 
 
谷村自雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日野成文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寺村成雄
 
 
山田信子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
谷村自高
 
谷村自輝
 
谷村自庸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女子
 
山田清廉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本寅直
 
 
橋本孝直
 
橋本直道
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武藤好直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女子
 
 
後藤正晴
 
 
 
 
 
 
後藤猛太郎
 
後藤保弥太
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後藤象二郎
 
 
岩崎早苗
 
 
岩崎小弥太
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大塚勝従
 
女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎俊弥
 
 
 
 
 
 
後藤正刻
 
後藤吉長
 
 
 
 
 
 
岩崎弥次郎
 
 
 
 
 
岩崎弥之助
 
 
岩崎輝弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥太郎
 
岩崎久弥
 
福沢綾子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本山茂直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
福沢諭吉
 
福沢捨次郎
 
福沢堅次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清岡公張
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清岡春勝
 
 
清岡成章
 
清岡邦之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後藤吉正
 
後藤正澄
 
琴子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉田正春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉田正幸
 
吉田正清
 
吉田東洋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

少年期[編集]

後藤象二郎とは竹馬の友で互いに「いのす(猪之助=板垣の幼名)」と「やす(保弥太=後藤の幼名)」と呼び会う仲であった。少年期は腕白そのもので、義侠心に富み、弱い者いじめをする者には敢然と喧嘩で応戦したという。これは母の影響が大きく、退助は晩年、この事を聞かれ自分の少年時代を振り返り次のように述懐している[7]

母が予(退助)を戒めて云うに「喧嘩しても弱い者を苛めてはならぬ」、また喧嘩に負けて帰れば「男子たるもの仮りにも喧嘩をするならば必ず勝利を得よ」と母は叱って直ぐに門に入れない。成長すると「卑怯な挙動をして祖先の名を汚してはならぬ」と教えられた[7] — 板垣退助

また、真冬に乳呑み児を抱えた貧窮した女性に、着物を与えたるなど、上士と下士の身分が確立されていた徳川藩政期の中で、庶民と分け隔てなく交わった人物として知られる[8]

青年期[編集]

青春時代は、喧嘩に明け暮れる日々を送り、藩から譴責処分を受ける事が度々あった。小輩に対する面倒見が良く、推されて「盛組」の総長となる。大叔父・谷村亀之丞自雄(第15代宗家)より無双直伝英信流居合を習い、若くして後継者の一人と目されて林弥太夫政敬(第14代宗家)の孫娘を最初の妻に迎えるがのち離縁[9]。(離縁された妻は、林家に戻り、小笠原茂常(大四郎)の五男・茂平と婚し、茂平が入婿となり林姓を継ぐ。戊辰戦争の時の軍監・林茂平(亀吉)がその人である[9]。(堺事件を参照))次に親族・中山弥平治秀雅の次女を妻に娶るも、程無く離縁している[9]。退助は居合無双直伝英信流柔術呑敵流の達人であった。

神田村謫居[編集]

安政3年8月8日(1856年9月6日)、係争に加わり罪を得て、高知城下の四ヶ村(小高坂・潮江・下知・江ノ口)の禁足を命ぜられ神田村に謫居となる。廃嫡の上、追放という重い処分であったが、ここでも身分の上下を問わず庶人と交わる機会を得た[8]。この同じ時、吉田東洋岩崎弥太郎も別件で罪を得て蟄居の身にあり、吉田東洋は退助の寓居を訪れて自塾への就学を奨励したが、退助はその申し出をつぎの様に断っている[3]

苟(いやし)くも侍たる者、山野(さんや)を駈けるを以て學び、知力を養ひ、武を以て尊び、主君(きみ)の御馬前に血烟(ちけむり)を揚げて、鎗の穂先の功名に相果て、露と消ゆる覺悟あらば總て事は足れり[3] — 乾退助

これに対し、吉田東洋は「およそ侍たる者、忠を盡し藩公の馬前に相果てる心掛けは、申すに及ばず尋常当然である。けれども、その限りで終わるのは小兵卒(こざむらい)であって、汝(退助)は大将の器があり、大業を成すにあたって学問をせずにどうするのか」と士は「武」に限らず「文」に通じなければならないことを諭す[3]。しかし、退助は自論を曲げず、東洋の誘いを断り、東洋の開いた長浜村鶴田の少林塾に通うことは無かった[3][10]。(後藤象二郎福岡孝弟岩崎弥太郎などは通っている[3]) その代わり兵法書の『孫子』を独学で熟読し、暗記するほど熱中した[3]

恩赦と復職[編集]

一時は家督相続すら危ぶまれたが、藩主の代替わりの恩赦によって、廃嫡処分を解除され、高知城下へ戻ることを許された。父・正成の死後、家禄を220石に減ぜられて家督を相続[9]

藩政に復職し、免奉行(税務官)を務める。その場所は前年、騒動があり農夫たちが、藩政に抗議する人たちがいた地域であったため、藩庁は気の荒い退助を送り込んだのだが、退助は平伏して遠慮がちに話をする農夫たちを見て「万民が上下のへだたりなく文句を言ったり、議論したりするぐらいがちょうど良い。私にも遠慮なく文句があれば申し出てください」と語った[注 1]

江戸へ出向[編集]

文久元年10月25日(1861年11月27日)、江戸留守居役兼軍備御用を仰付けられ、11月21日(太陽暦12月22日)、高知を出て江戸へ向かう[9]

吉田東洋の横死[編集]

文久2年4月8日(1862年5月6日)、吉田東洋土佐勤王党那須信吾安岡嘉助大石団蔵らによって暗殺される。片岡健吉からの書簡で事件を知った江戸の退助は、国許(土佐)の役人たちが狼狽していることに慷慨し、5月2日(太陽暦5月30日)付で次のように書き送っている。

国体(天下)を改めるとき変事が生じることぐらいは覚悟すべきで、賊徒の首を斬って人々へ示すことにより、かえって国が安定することもある[11]。乾退助
(『片岡健吉宛書簡』文久2年(1862)5月20日付)

勤皇の誓い[編集]

文久2年6月(1862年7月)、小笠原唯八佐々木高行らと肝胆相照し、ともに勤王に盡忠することを誓う[12]

長州の動きを洞察[編集]

文久2年6月6日(1862年7月2日)付の片岡健吉宛書簡において退助は、

長州様には今日発駕の由に御座候。長井雅楽の切腹は虚説の趣に御座候[13]。乾退助
(『片岡健吉宛書簡』文久2年(1862)6月6日付)

と書き送り、国許の片岡に長州藩の動向を伝えている(長井雅楽の切腹は、翌年2月6日)。尊皇攘夷(破約攘夷派)の退助は、幕府専制による無勅許の開港条約をなし崩し的に是認する事に繋がる長井雅楽の『航海遠略策』(開国策)を、皇威を貶めるものと警戒していたと考えられ、同時期にあたる文久2年6月19日(太陽暦7月15日)の長州藩久坂玄瑞の日記にも、

私共一同、長井雅楽を斬除仕度決心仕候。雅楽奸妄弁智、身家を謀り、欺君売国之事、衆目之視る所にて候。此度之如く容易ならざる御耻辱を取らせ、恐多くも朝廷を侮慢し国是を動揺仕らんと相謀候事言語同断に有之申候。 彼罪科、去四月中旬言上仕候事に御座候。十九日後、日々熟慮仕候得共未だ時機を得不申候。 — 久坂玄瑞

とあり、退助と同様に長井雅楽の『航海遠略策』に真っ向から反対し「朝廷を侮慢している」と糾弾している[14]

土佐勤王党・間崎哲馬と好誼[編集]

退助は、この頃既に土佐勤王党の重鎮・間崎哲馬と好誼を結んでいた。間崎は土佐藩・田野学館で教鞭をとり、のち高知城下の江ノ口村に私塾を構えた博学の士で、間崎の門下には中岡慎太郎吉村虎太郎などがいた。文久2年9月17日(太陽暦11月8日)に退助と間崎が交わした書簡が現存する[3]

愈御勇健御座成され恐賀の至に奉存候。然者別封、封のまま御内密にて御前へ御差上げ仰付けられたく偏に奉願候。参上にて願ひ奉る筈に御座候處、憚りながら両三日又脚病、更に歩行相調ひ申さず、然るに右別封の義は一刻も早く差上げ奉り度き心願に御座候ゆへ、至極恐れ多くは存じ奉り候へども、書中を以て願ひ奉り候間、左様御容赦仰付けられ度く、且此義に限り御同志の御方へも御他言御断り申上げ度く、其外種々貴意を得奉り度き事も御座候へども、紙面且つ人傳てにては申上げ難く、いづれ全快の上は即日参上、萬々申上ぐべくと奉存候。不宣

(文久2年)九月十七日 間崎哲馬

乾退助様

書簡を読む限り別封で、勤王派の重要人物から何らかの機密事項が退助のもとへ直接送られたと考えられている。

青蓮院宮令旨事件[編集]

間崎哲馬は、土佐藩の藩政改革を行うため、土佐勤王党が仲介して青蓮院宮尊融親王(中川宮朝彦親王)の令旨を奉拝しようと活動した。12月佐幕派の青蓮院宮は令旨を発したが、この越権行為が土佐藩主の権威を失墜させるものとして文久3年1月25日(1863年3月14日)に上洛した山内容堂より「不遜の極み」としての逆鱗にふれ、文久3年6月8日(1863年7月23日)、間崎は平井収二郎弘瀬健太と共に責任をとって切腹した。その2ヶ月後、間崎の門下にあたる中岡慎太郎が乾退助を訪問し、のちに薩土討幕の密約を結ぶ端緒となる(詳細は後述)[3]

幕府といえども追討して違勅の罪を問ふべき[編集]

文久2年10月17日(1862年12月8日)夜、山内容堂の御前において、寺村道成と時勢について対論に及び、退助は尊皇攘夷を唱える[15]

朝廷の御趣意、御遵奉して攘夷の議に決すべく候ふて、幕府、若(も)し勅命(ちよくめい)遵奉(じゅんぽう)これなき時は、追討して違勅の罪を問ふ可(べ)なり。乾退助
(『寺村左膳道成日記(1)』文久2年(1862)10月17日條)

文久3年1月4日(1863年2月21日)、高輪の薩摩藩邸で、大久保一蔵(のちの利通)に会う。1月9日(太陽暦2月26日)、大久保一蔵は容堂に面会し、容堂の決心を問うと、容堂は松平春嶽島津久光の上洛を待って朝廷の意に奉答する(命に順う)と答え、更に「屍を京都に晒す覚悟である」と不動の決意を示した。この時、容堂の傍らに乾退助小笠原唯八がおり、両者は主君の「朝命遵奉」の決意を聞いて純粋に涙を流した[16]

容堂の側近、乾退助と小笠原唯八は「正義の者」にて君臣の関係はさすがに殊勝に見受けられる。大久保一蔵
(『大久保利通文書(1)』中山中左衛門宛書簡)

1月10日(太陽暦2月27日)、容堂に随行して上洛のため品川を出帆するが、悪天候により翌日、下田港に漂着する。1月15日(太陽暦3月4日)、容堂の本陣に勝麟太郎(のちの海舟)を招聘し坂本龍馬の脱藩を赦すことを協議した場に同席。4月12日(太陽暦5月29日)、土佐に帰藩する[9]

中岡慎太郎と胸襟を開いて国策を練る[編集]

文久3年8月下旬(1863年10月)、京都での八月十八日の政変後に土佐藩内でも尊王攘夷活動に対する大弾圧が始まると、退助は藩の要職(御側御用役)を外されて失脚。中岡慎太郎は失脚した直後の退助を訪ねた。退助は中岡に「君(中岡)が私に会いに来たのは、私が失脚したから、その真意を探る気になったからであろう。その話に移る前に、以前、君(中岡)は京都で私(退助)の暗殺を企てた事があっただろう」と尋ねた。慎太郎は「滅相もございません」とシラを切ったが「いや、天下の事を考えればこそ、あるいは斬ろうとする。あるいは共に協力しようとする。その肚があるのが真の男だ。中岡慎太郎は、男であろう」と迫られたため、「いかにも、あなたを斬ろうとした」と堂々と正直に打ち明けたところ、乾に度胸を気にいられ「それでこそ、天下国家の話が出来る」と、互いに胸襟を開いて話せる仲となった[17]。その後、二人はお互いの立場を生かして尊皇攘夷を実現するために、中岡は藩外から(下から)の活動を行うため9月5日(太陽暦10月17日)土佐藩を脱藩して長州へ奔り[18]、乾退助は藩内から(上から)の活動を行うため、10月4日(太陽暦11月14日)土佐藩の要職(深尾丹波組・御馬廻組頭[19])に復帰した。

町奉行就任と武市瑞山への尋問[編集]

元治元年7月24日(1864年8月25日)、退助は高知城下で町奉行に就任し、8月11日(太陽暦9月11日)、武市瑞山らを審理する大監察(大目付)を兼任した。退助が武市を尋問したのは一度きりで、役務上、取調べを行わざるを得なかったが、退助も勤王派であったため尋問には消極的で「土佐勤王党の首領である武市から犯人の名を明らかにさせ、他はあまり深く究明しないつもりである」と述べている[20]。当時の状況から、武市の関与があったかは曖昧で、証拠不充分で武市自身は釈放されると多くの人からは考えられていた。その予想を覆して、武市が切腹となったのは、慶応元年閏5月11日の事であるが、退助自身はその五ヶ月前の元治2年1月14日(1865年2月9日)、勤王党関係者への弾圧を加える藩庁の姿勢と意見が合わず、大監察(大目付)・軍備御用兼帯を解任され失脚している[9]。さらに、元治2年3月27日(太陽暦4月22日)、先の在職中、取調の件で「不念の儀」があったとして謹慎を命ぜられるが、これらの罪状は事実無根のものばかりであった[9]

再び江戸へ[編集]

元治2年4月1日(1865年4月25日)、ようやく謹慎が解かれ、江戸へ兵学修行へ出る。洋式騎兵術修行を命ぜられ、江戸で幕臣・倉橋長門守(騎兵頭)や深尾政五郎[注 2](騎兵指図役頭取)らにオランダ式騎兵術を学ぶ[21]。また江戸で幕臣および他藩の士と交わって世の動静を察す。

慶応元年9月16日付の片岡健吉宛の書簡で、幕府の対応を批判し、

弱腰之幕府は、英仏蘭米の四カ国の連合艦隊に脅えて降参することはあれども、先陣を切って戦端を開くなどあり得ないだろう。乾退助
(『片岡健吉宛書簡』慶応元年(1865)9月16日付)

と述べている。

慶応2年1月21日(1866年3月7日)、坂本龍馬の盡力により薩長同盟が成立。

慶応2年5月13日(太陽暦6月25日)、藩庁より、学問および騎兵修行の為、引続き江戸に滞留することの許可が下りる。

慶応2年6月7日(太陽暦7月18日)、第二次長州征伐が始まる。

慶応2年9月28日(太陽暦11月5日)、騎兵修行の命が解かれる。

慶応2年11月(1866年12月)、薩摩藩士の吉井友実らと交流する[8]

水戸勤皇浪士隠匿事件[編集]

慶応2年12月(1867年1月)、水戸浪士の中村勇吉、相楽総三、里見某らが退助を頼って江戸に潜伏。退助は江戸築地の土佐藩邸に独断で彼等を匿う[8]。(この浪士たちが、のちに薩摩藩へ移管され庄内藩などを挑発し戊辰戦争の前哨戦・江戸薩摩藩邸の焼討事件へ発展する)

薩土討幕の密約[編集]

薩土討幕之密約紀念碑
密約が締結される前段階として京都東山「近安楼」で会見がもたれたことを記念する石碑
京都市東山区(祇園

当時の土佐藩上士は公議政体論が主流であったが、退助は、土佐藩の上士としては珍しく武力討幕を一貫して主張していた。慶応3年5月(1867年6月)、前月に脱藩の罪を許されたばかりの中岡慎太郎の手紙を受けて上洛し、5月18日(太陽暦6月20日)、京都東山の料亭「近安楼」で、福岡藤次や、広島藩船越洋之助らとともに中岡と会見し武力討幕を議した。さらに5月21日(太陽暦6月23日)、中岡慎太郎が、仲介して退助を薩摩西郷隆盛に会わせることとなり、中岡は以下の手紙を書いた[8]

一筆拝呈仕候。先づ以て益々御壮榮に御坐成さらるる可く、恭賀たてまつり候。今日、午後、乾退助、同道御議論に罷り出で申したく、よっては大久保先生吉井先生方にも御都合候はば、御同会願いたてまつりたき内情に御座候。もつとも強いて御同会願いたてまつると申す訳には、御座なく候。何分にも御都合次第之御事と存じたてまつり候。尚又、今日、昼後の処、もし御不工面に候はば、何時にてもよろしき儀に御座候間、悪しからぬ様、願い上げたてまつり候。右のみ失敬ながら愚礼呈上、如比御座候、以上。

(慶応三年)五月廿一日  清之助[22] 再拝

(西郷)南洲先生[23] 玉机下

これにより、同日、京都(御花畑)の薩摩藩家老小松清廉寓居で、土佐藩の谷干城毛利恭助らとともに薩摩藩の西郷吉之助(のちの隆盛)、吉井幸輔らと武力討幕を議し、

一、勤王一途に存入、朝命を遵奉する。
一、薩摩、土佐の両藩は互いに討幕に向けて藩論を統一させる。
一、両藩は、幕府との決戦に備えて軍備を調達し、練兵を行う。
一、薩摩藩が幕府と決戦となれば、土佐藩はその時の藩論の如何にかかわらず(藩論を討幕に統一出来ていなかったとしても)、30日以内に必ず土佐藩兵を率いて薩藩に合流する。(その為には、集団での脱藩もあり得る)
一、上記は乾退助が切腹の覚悟を以って誓約し、その証として、中岡慎太郎が人質となって薩摩藩邸に籠る。
(中岡が人質となる事に関しては「それには及ばない。全面的に乾の去就を信頼する」との西郷の言を以て除外)
附則として、現在、土佐藩邸に隠匿している水戸藩の勤王派浪士は、薩摩藩が責任を持って預かる[24]

との大意を確認し薩土討幕の密約を結ぶ[24]。翌日5月22日(太陽暦6月24日)、退助は山内容堂へ拝謁して、時勢が武力討幕へ向かっていることを説き、江戸の土佐藩邸に水戸浪士を秘かに匿っている事実を告げた[8][24]。また、薩摩藩側も討幕の密約締結の翌日にあたる5月22日(太陽暦6月24日)、薩摩藩邸で重臣会議を開き、藩論を武力討幕に統一することが確認された[8]

中岡慎太郎は、ただちに書簡をしたため薩摩土佐の間で武力討幕の密約」が締結されたことを知らせ、土佐勤王党の同志に、

天下の大事を成さんとすれば、先ず過去の遺恨や私怨を忘れよ。今や乾退助を盟主として起つべき時である。 — 中岡慎太郎

と「檄文」を飛ばした[25]

(入れ違いに大政奉還論を意図した後藤象二郎坂本龍馬が上洛し、6月22日(太陽暦7月23日)に薩摩藩と薩土盟約を結ぶ)

武器調達と軍制近代化[編集]

アルミニー銃

慶応3年5月27日(1867年6月29日)、薩土討幕の密約に基づき退助は谷干城中岡慎太郎らに大坂アルミニー銃英語版(Albini-Braendlin_rifle)300挺の購入を命じ、自身は容堂に随行して6月2日(太陽暦7月3日)に土佐に帰国。

6月13日(太陽暦7月14日)、退助は大監察(大目付)、軍備御用兼帯となり、6月16日(太陽暦7月17日)、町人袴着用免許以上の者に砲術修行允可の令を布告。7月17日(太陽暦8月16日)に銃隊設置の令を発した。さらに7月22日(太陽暦8月21日)、古式ゆかしい北條流弓隊は儀礼的であり実戦には不向きとして廃止。7月24日(太陽暦8月23日)、参政(仕置役)へ昇進し軍備御用兼帯・藩校致道館掛を兼職。銃隊を主軸とする士格別撰隊を組織し兵制改革近代式練兵を行った(迅衝隊の前身)。

8月6日(太陽暦9月3日)、乾は東西兵学研究と騎兵修行創始の令を布告。別府彦九郎、小笠原茂連らが江戸より上洛する。8月20日(太陽暦9月17日)、退助は土佐藩よりアメリカ合衆国派遣の内命を受ける(のち中止)。

9月3日、京都で赤松小三郎が門下生・中村半次郎、田代五郎左衛門によって暗殺される。

土佐勤王党員を釈放[編集]

慶応3年9月6日(1867年10月3日)、大監察に復職した退助は薩土討幕の密約をもとに藩内で武力討幕論を推し進め、佐々木高行らと藩庁を動かし、土佐勤王党弾圧で投獄されていた島村寿之助安岡覚之助ら旧土佐勤王党員らを釈放させた。これにより、土佐七郡(全土)の勤王党の幹部らが議して、退助を盟主として討幕挙兵の実行を決断。武市瑞山土佐勤王党を乾退助が事実上引き継ぐこととなる。同9月25日(太陽暦10月22日)、坂本龍馬らもこれに呼応して長崎より銃器を携えて帰国した。10月(太陽暦11月)、土佐藩邸に匿っていた水戸浪士らを薩摩藩邸へ移す。(この浪士たちが、のちに庄内藩などを挑発し戊辰戦争の前哨戦・江戸薩摩藩邸の焼討事件へ発展する)

左行秀の密告[編集]

一方で、慶応3年9月9日(1867年10月6日)、土佐藩お抱えの刀鍛冶・左行秀(豊永久左衛門)は、退助が江戸の土佐藩邸に勤王派浪士を隠匿し、薩摩藩が京都で挙兵した場合、退助らの一党が東国で挙兵する計画を立てていると、寺村左膳に対し密告を行った。行秀は乾退助が水戸浪士・中村勇吉に宛た書簡の写しを証拠として所有しており、退助の失脚を狙って左膳に密告したものである[26]。「この事が容堂公の耳に入れば、退助の命はとても助からないであろう」と言う話を漏れ聞いた清岡公張(半四郎)は、土佐勤王党の一員であった島村寿太郎(武市瑞山の妻・富子の弟で、瑞山の義弟)に乾退助を脱藩させることを提案。島村が退助に面会して脱藩を勧めた。しかし、退助は容堂の御側御用役・西野友保(彦四郎)に対し、水戸浪士を藩邸に隠匿していることは、既に5月(薩土討幕の密約締結を報告の際)に自ら容堂公へ申し上げている事であるため、既に覚悟は出来ており御沙汰を俟つのみであると返答している。果たしてこれに対して容堂は、

退助は暴激の擧(きょ)多けれど、毫(すこし)も邪心なく私事の爲に動かず、群下(みな)が假令(たとへ)之(これ)を争ふも余(容堂)は彼(退助)を殺すに忍びず[27] — 山内容堂

と答えたため命拾いをしたという[24]。ちなみに、左行秀の鍛冶場は近藤長次郎の家の近くにあり、坂本龍馬の兄・坂本直方の佩刀も作成している。

大政奉還により失脚[編集]

土佐藩は、退助の主導のもと、軍制近代化と武力討幕論に舵を切ったが、7月8日京都から土佐に帰着した後藤象二郎が「大政奉還論」を献策すると、藩論は次第に過激な武力討幕論を退け、大政奉還論が主流となる。退助は武力討幕の意見を曲げず、大政奉還論を「空名無実」と批判し「徳川300年の幕藩体制は、戦争によって作られた秩序である。ならば戦争によってでなければこれを覆えすことは出来ない。話し合いで将軍職を退任させるような、生易しい策は早々に破綻するであろう」と真っ向から反対する意見を言上したことで全役職を解任されて失脚した[9]

大政返上の事、その名は美なるも是れ空名のみ。徳川氏、馬上に天下を取れり。然(しか)らば馬上に於いて之(これ)を復して王廷に奉ずるにあらずんば、いかで能(よ)く三百年の覇政を滅するを得んや。無名の師は王者の與(くみ)せざる所なれど、今や幕府の罪悪は天下に盈(み)つ。此時に際して断乎(だんこ)たる討幕の計に出(い)でず、徒(いたづら)に言論のみを以て将軍職を退かしめんとすは、迂闊を極まれり[27] — 乾退助

しかし、その思いも虚しく8月20日(太陽暦9月17日)、藩論は大政奉還論に纏められ、慶応3年10月14日(1867年11月9日)大政奉還が成される。

勤皇派藩士集団脱藩挙兵計画[編集]

全役職を解任されて失脚した退助は、京都で合戦が始まれば、薩土討幕の密約に基づき国許の勤皇派同志 数百名と共に脱藩して武力討幕の軍に加わるため、脱藩決意書をしたためた。以下はその全文[3]

此度、私共御下知に先だち、皇京(みやこ)の急難に趨(おもむ)き、御国(おくに)の為、死力を盡し候儀、聊(いささか)も軽挙に相当らず可きと申すやに候得ども、根元 両殿様、宇内(うだい)の形勢、御洞察あそばされ、先年ならび已來、尊攘の大義、時々御告諭おおせつけられ候を以て、義勇の御誠意、私供の心魂に相徹し、自然(じねん)一箇敵愾の気と相成り候上は、今日に当り未だ出陣おおせつけられず候得ども、従来の御本意に相基づき、眼前の変動は今更とどまり難たく、やむをえず、暫時の御暇を願いたてまつり候。抑(そもそ)も今日(こんにち)に至り、幕府の大罪は枚挙にいとまあらず候儀に相したため候。就いては、それの年 勅命、初めて幕府に下り候みぎり、奉(ほう)違(い)の二途に拠り、御去就をお定め思召しあそばされあらせられ候以来、追々世運に従い御動静も種々あらせられ候得ども、勤王の御誠意は前後とも御一貫にあらせられ候を以て、御国(おくに)の御令聞、御美名赫々(かくかく)として親父母の如く仰望たてまつり、隨て御臣下の者共感喜踊躍(ようやく)相競い罷りあり候ところ、今日(こんにち)に至り候ても御実行の相顕われ申さず候を以て、漸(ようやく)く有名無実の御虚飾と相唱え候者もこれあり哉(や)に承知致し候。然(しか)るに当今、幕府の逆炎、益々相募り、外夷に諂(へつら)い、微弱の 朝廷を凌侮(りようぶ)し、元悪大憝、苟(いやし)くも 皇国(すめらみくに)の恩(みたまのふゆ)を知る者、扼腕切歯に不堪(たへざる)場合、薩州侯と仰せ合せられ御上京の上、 皇国(すめらみくに)の御基本に御立返りあそばされ候に付、必死の分を相盡し候様、以下まで拝承おおせつけられ、実を以て一同踊躍(ようやく)まかりあり候ところ、不計(はからずも)御病症の御発動あらせられ、やむを得ず御帰国あそばされ候に付、彼藩(かのはん)に於ても一同落膽(らくたん)仕(つかまつ)り候趣。剰(あまつさ)へ御側の姦吏の所爲にも候哉(や)。薩侯、御内談の事ども、会藩へ漏れ候事件もこれあり候趣(おもむき)を以て、彼藩の者ども御国(おくに、土佐藩のこと)を指し、反覆と相唱へ候趣)、内々相聞へ候。然(しか)るに後藤象二郎 大政奉還の儀を相唱へ、彼藩(かのはん)と盟約(めいやく)の趣(おもむき)を以て、尚(なほ)又(また) 思召(おぼしめ)し伺(うかが)いたてまつり候処、御別慮なされず、再び御懸合(かけあわせ)に相成り候趣に候得ども、「有文事者必有武備」の定理(ぢやうり)をも相辨(わきま)へず、口舌(くぜつ)を主張し、一兵をも率いず、且(かつ)前議と齟齬(そご)の筋もこれありを以て、彼藩疑念相蓄(あいたくわえ)、差迫(さしせまり)候密事も相謀(はかり)申さず、進退(しんたい)維(これ)に至り候趣、勿論(もちろん)象二郎に於ては頓着これなきに候得ども、堂々たる大国、互いに大事を謀(はか)り、有始無終の謗(そしり)を受け候様に相成り候ては、祖宗千載の御瑕瑾(きづ)に相成り、 両殿様の御意(ぎょい)外の御恥辱と存入(ぞんじいり)、私供、死生を顧みず、乍恐(おそれながら)是迄(これまで)の御志(おこころざし)を継ぎ、違 勅の幕臣を払い、一度(ひとたび) 今上(きんじょう)之御宸襟(しんきん)を奉安(ほうあん)候功業を以て、 両殿様、御恩澤(おんたく)の萬に一を報じたてまつりたく、又、志を貫き申さざる節は、一切の悪名(あくみょう)私供が甘受つかまつり、御国(おくに)後来の御迷惑は決して相懸け申さず、赤心(せきしん)存じ入り候処、神明(しんめい)に誓い聊(いささ)か虚辞これ無き候に付、千万(せんばん)格別(かくべつ)の御仁恕(じんじょ)を以て、右件之通り、暫時之御暇、一同願いたてまつり候。
— 乾退助[3][28]

この乾退助による、勤皇派藩士集団脱藩計画は、実行寸前のところで、最終的には土佐藩自体が退助の失脚を解いて盟主に奉りあげ、正規の軍隊として迅衝隊を組織し出陣することになった[29]。なおこの時、小笠原唯八薩土討幕の密約に基づき同様に脱藩趣意書をしたためている[26]

土佐藩兵の上洛[編集]

慶応3年12月(1868年1月)、武力討幕論を主張し、大政奉還論に真っ向から反対して失脚した乾退助を残して土佐藩兵が上洛。12月28日(太陽暦1868年1月22日)、土佐藩・山田平左衛門吉松速之助らが伏見の警固につくと、薩摩藩・西郷隆盛は土佐藩士・谷干城薩摩長州安芸の三藩には既に討幕の勅命が下ったことを示し、薩土密約に基づき、乾退助を大将として国元の土佐藩兵を上洛させ参戦することを促した。谷は大仏智積院の土州本陣に戻って、執政・山内隼人(深尾茂延、深尾成質の弟)に報告。慶応4年1月1日(太陽暦1月25日)、谷は下横目・森脇唯一郎を伴って京を出立、1月3日(太陽暦1月27日)、鳥羽伏見で戦闘が始まり、1月4日(太陽暦1月28日)、山田隊、吉松隊、山地元治北村重頼二川元助らは藩命を待たず、薩土密約を履行して参戦。その後、錦の御旗が翻る。1月6日(太陽暦1月30日)、谷が土佐に到着。1月9日(太陽暦2月2日)、乾退助の失脚が解かれ、1月13日(太陽暦2月6日)、深尾成質を総督、乾退助を大隊司令として迅衝隊を編成し土佐を出陣、戊辰戦争に参戦した[30]

板垣復姓[編集]

迅衝隊(前列左から伴権太夫、板垣退助(中央)、谷乙猪(少年)、山地忠七。 中列、谷神兵衛谷干城(襟巻をして刀を持つ男性)、山田清廉吉本平之助祐雄。 後列、片岡健吉真辺正精、西山榮、北村重頼、別府彦九郎)

2月18日(太陽暦3月11日)、乾退助の率いる迅衝隊が、美濃大垣に到着。次の進軍路の甲府は幕領であったが、圧政に苦しみ徳川藩政を快く思わず、武田信玄の治世を懐かしみ尊敬する気風があった。退助は岩倉具定の助言を容れ軍略を練り先祖・板垣信方ゆかりの甲州進軍に備え、名字を板垣に復し「板垣正形」と名乗る。名将・板垣信方の名に恥じぬよう背水の陣で臨んだ[31]。ちなみにこの時の板垣の佩刀は先祖伝来の備前長船則光(室町期、刀身52.7cm)である[32]

甲州勝沼の戦い[編集]

3月1日(太陽暦3月24日)、東山道(現・中山道)を進む東山道先鋒総督府軍は、下諏訪で本隊と別働隊に分かれ、本隊は伊地知正治が率いてそのまま中山道を進み、板垣退助の率いる別働隊(迅衝隊)は、案内役の高島藩一箇小隊を先頭に、因州鳥取藩兵と共に甲州街道を進撃し、幕府の天領であった甲府を目差す。甲府城入城が戦いの勝敗を決すると考えた板垣退助は、「江戸~甲府」と「大垣~甲府」までの距離から東山道先鋒総督府軍側の圧倒的不利を計算した上で、急ぎに急ぎ、あるいは駆け足で進軍。甲州街道を進んで、土佐迅衝隊(約100人[33])と、因幡鳥取藩兵(約300人[33])らと共に、3月5日(太陽暦3月28日)、甲府城入城を果した。

一方、幕軍側・大久保大和(近藤勇)は「城持ち大名になれる」と有頂天になり「甲府を先に押さえた方に軍配が上がる」という幕閣の忠告を軽視し、新選組70人、被差別民200人からなる混成部隊の士気を高めるため、幕府より支給された5,000両の軍資金を使って大名行列のように贅沢に豪遊しながら行軍し、飲めや騒げの宴会を連日繰り返した。行軍途中の日野宿で春日隊40人が加わる[34]。ところが天候が悪化し行軍が遅くなり、甲府到着への時間を空費したため、移動の邪魔となった大砲6門のうち4門を置き去りにして2門しか運ばなかった[35]。しかし、悪天候に悩まされたのは両軍とも同じで、官軍・板垣たちは泥濘に足を取られながらも武器弾薬を運び必死の行軍を続け3月5日(太陽暦3月28日)に入城した。

3月6日(太陽暦3月29日)、板垣退助らより一日遅れて、大久保大和(近藤勇)の率いる甲陽鎮撫隊は甲府に到着したが、板垣らが城を固めていたため入城を果たせず、近藤は応援要請のため、土方歳三を江戸へ向わせる一方で、自身は甲州街道青梅街道の分岐点近くを「軍事上の要衝である」として柏尾の大善寺本陣にしようとする。ところが「徳川家康の時代から伝わる寺宝を戦火に巻き込まないで欲しい」と寺から頑なに拒否され、やむなく大善寺の西側に先頭、山門前及び、東側から白山平に伸びる細長い陣を布かざるを得なかった。さらに、当初310人いた兵卒は次第に皇威に恐れをなして脱走し、121人まで減る。土方は神奈川方面へ赴き旗本の間で結成されていた菜葉隊(隊長:吹田鯛六、以下隊士:500名)に援助を求めるが黙殺される。正午頃、柏尾坂附近で甲陽鎮撫隊が官軍に対して発砲したことを発端として戦闘が始まったが、甲陽鎮撫隊は近代式戦闘に不慣れで、大砲の弾を逆に装填して撃った為、照準が定まらず、支給されたミニエー銃の扱いにも窮し敵陣に抜刀戦を仕掛けるという愚を犯し銃弾を浴びて壊滅。洋式兵法にも精通していた迅衝隊がこれを撃破するのは容易く、甲陽鎮撫隊は、戦闘を放棄して脱走する兵が後をたたなかった。原田左之助永倉新八らが兵を叱咤し、近藤勇が「会津の本隊が援軍に来る」と虚言を用いても、脱走兵を食い止めることが出来ず、戦闘が始まって僅か約2時間(資料によっては1時間)で本陣が突き崩されて勝敗がつき、甲陽鎮撫隊は山中を隠れながら江戸へ敗走。板垣退助ら迅衝隊の大勝利となった[36]甲州勝沼の戦い)。

愈々ご壮栄にてご進発のこと恐賀奉ります。

甲府表では(近藤勇のひきいる甲陽鎮撫隊甲州勝沼で撃破壊滅させたこと)大手柄でありました由を承りまして嬉しく思い、官軍の勇気もよほど増しまして大慶に存じます。さて、大総督府から江戸に打入りの期限をご布令になりまして、定めてご承知になっている事と存じますが、それまでに軽挙のことがあっては、厳に相済まないことです。静寛院宮様の御事について田安家へお申し含めの事もあり、また、大久保(一翁)等の人々もぜひ道を立てようと、ひたすら尽力していると云うことも聞いておりますから、此度の御親征が私闘のようになっては相済まず、玉石相混ぜざるおはからいもあるだろうと存じますれば、十五日以前には必ずお動き下さるまじく、合掌して頼みます。じねん、ご承諾下さるであろうとは信じておりますが、遠くかけへだたっておりますこと故、事情が通じかねるだろうとも思いますので、余計なことながら、この段、ご注意をうながしておきます。恐惶謹言。
(慶応4年)三月十二日 西郷吉之助
乾退助

川田佐久馬

断金隊、護国隊の結成[編集]

天領として江戸幕府の圧政に苦しめられていた領民は、甲州勝沼の戦いで幕軍・甲陽鎮撫隊(新撰組)に対し鮮やかに勝利した迅衝隊に驚喜した。さらにその総督・板垣退助が、板垣信方の子孫であると知れると「流石名将板垣駿河守の名に恥じぬ戦いぶりだ」と感心し「武田家旧臣の武田家遺臣が甲府に帰ってきた」と大歓迎した。さらに甲斐国内の武田家遺臣の子孫で帰農した長百姓、浪人、神主らが、板垣ら率いる官軍への協力を志願。これらの諸士を集め「断金隊」や「護国隊」が結成される。結成式は武田信玄の墓前で恭しく行われ、迅衝隊の進軍を追いかけた。このように板垣の復姓は、甲斐国民心の懐柔に絶大な効力を発揮したばかりではなく、迅衝隊が、江戸に進軍する際、武田遺臣が多く召抱えられた八王子(八王子千人同心)を通過する際も同様に絶大な効力を発揮した[31]

参謀板垣正形等進んで八王子に至る。旧幕府同心の長・山本弥左衛門等書を上(たてまつり)て、徳川氏の為に乞(こ)ふ。正形、之(これ)を諭(さと)すに順逆を以てし、速(すみやか)かに順し、王事を勤(いそし)めしめと某等誓書を上る。(『復古記』)

脱走者が相次いだ近藤勇甲陽鎮撫隊と比較し、板垣退助の戦略は銃器の新旧や練兵度など以前に心理戦としても巧みであったと評されている[31]

会津を攻略[編集]

東北戦争では、三春藩を無血開城させ、二本松藩仙台藩会津藩などを攻略するなどの軍功を上げた。

特に会津攻略戦での采配は「皇軍千載の範に為すべき」と賞せられ、賞典禄1,000石を賜っている。明治元年12月(1869年1月頃)には土佐藩陸軍総督となり、家老格に進んで家禄600石に加増される。

官軍の将でありながら、維新後すぐから賊軍となった会津藩の心情を慮って名誉恢復に努めるなど、徹底して公正な価値観の持ち主であったため、多くの会津人が維新後、感謝の気持ちから土佐を訪れている。また、自由民権運動も東北地方では福島県を中心として広がりを見せた。

凱旋[編集]

10月4日(1868年11月17日)、総督・板垣退助が、朝廷より凱旋の令を拝し、凱旋の全軍に諭戒した[37]

不肖、退助、推(お)されて一軍の將となり、當初、剣を仗(たづさへ)て諸君と共に故郷を出づるの時、生きて再び還る念慮は毫(すこし)も無かりし。屍(しかばね)を馬革に裹(つゝ)み、骨を原野に曝(さら)すは固(もと)より覺悟の上の事なり。想はせり今日征討の功を了(を)へ、凱旋の機會に接せんとは。これ何等の幸(しあはせ)ぞや。獨(ひと)つ悲(かなし)みに堪(た)へざるは、吾等、戰友同志は露(つゆ)に臥(ふ)し、雨(あめ)に餐(まか)するの餘(あまり)、竟(つひ)に一死大節に殉じ、永(なが)く英魂(えいこん)を此土(こゝ)に留むるに至る。眸(ま)の當(あた)り賊徒平定の快を見て之(これ)を禁闕(きんけつ)に復奏(ふくそう)する事(こと)能(あた)はざるの一事なり。而(しか)して我等、此の戰死者を置き去りにすと思はゞ、低徊(あてなき)躊躇(さまよひ)の情(こゝろ)に堪(た)へざるものあり。それを何事(なにごと)ぞや諸君らの中に刻(とき)を競(きそ)ふて南(みなみ)に歸(き)さんと冀(こひねが)ふは。抑(そもそ)も此の殉國諸士の墓標(おくつき)に對(たひ)し心(こゝろ)に恥(は)づ處なき乎(や)。今時(いま)、凱旋奏功の時に臨み、敢(あへ)て惰心を起して王師(にしきのみはた)を汚す者あらば、忽(たちまち)にして軍法を以て處す。然(さ)れば全軍謹んで之(これ)を戒(いまし)めよ[37]。板垣退助

10月13日(太陽暦11月26日)、明治天皇、西国諸藩兵3300名に護られ江戸・千代田城に入城。

10月19日(太陽暦12月2日)、土佐藩兵、東京に凱旋。

10月24日(太陽暦12月7日)、皇后が皇居に入る。同日、土佐藩迅衝隊大軍監・谷干城東京に凱旋。

10月29日(太陽暦12月12日)、御親征東山道総督府先鋒参謀兼迅衝隊総督・板垣退助が、東山道総督府先鋒参謀・伊地知正治と共に東京に凱旋。

10月30日(太陽暦12月13日)、迅衝隊大軍監兼右半大隊長司令・片岡健吉、大軍監・伴権太夫ほか迅衝隊士530名が土佐に凱旋(高知凱旋第一陣)。

11月5日(太陽暦12月18日)、御親征東山道総督府軍先鋒参謀兼迅衝隊総督・板垣退助と大軍監・谷干城ら本営以下442名が土佐藩船・夕顔丸に乗り土佐に凱旋[31]

版籍奉還の上表[編集]

明治2年1月14日、薩摩藩の大久保利通、長州藩の広沢真臣土佐藩の板垣退助が京都円山端寮(現在地・円山公園 坂本龍馬中岡慎太郎像建立地北部)で、薩摩藩の吉井友実が持参した草稿を元に版籍奉還についての会合を行った[38]。3藩は合意し、肥前藩を加えた薩長土肥4藩の藩主、薩摩藩の島津忠義、長州藩の毛利敬親、土佐藩の山内豊範、肥前藩の鍋島直大が連名で新政府に対して明治2年1月20日に版籍奉還の上表を提出した。上表は、国立公文書館で公開されている[39]明治2年6月17日(1869年7月25日)、版籍奉還が勅許あらせられる。

戊辰の敵方を軍事顧問に採用[編集]

戊辰戦争で勝利した板垣退助は、御親兵の創設を構想して、明治2年5月(1869年6月頃)、旧幕側フランス人将校・アントアンや、旧伝習隊沼間守一らを土佐藩・迅衝隊の軍事顧問に採用しフランス式練兵を行う。

国民皆兵と四民平等[編集]

明治3年閏10月24日(1870年12月16日)、高知藩の大参事となった板垣は、国民皆兵を断行するため海路上京し、11月7日(1870年1月7日)、「人民平均の理」を布告する事を太政官に具申。その許可を得て12月10日(太陽暦1月30日)高知に帰り、12月24日(太陽暦2月13日)山内豊範の名をもって全国に先駆けて「人民平均の理」を布告し、四民平等に国防の任に帰する事を宣した[3]

夫れ人間は天地間活動物の最も貴重なるものにして、特に靈妙の天性を具備し、智識技能を兼有し、所謂萬物の靈と稱するは、固(もと)より士農工商の隔(へだて)もなく、貴賤上下の階級に由るにあらざる也。然(しか)るに文武の業は自ら士の常職となりて、平生は廟堂に坐して政權を持し、一旦緩急あれば兵を執り亂を撥する等、獨(ひと)り士族の責(せめ)のみに委(まか)し、國家の興亡安危に至りては平民(へいみん)(かつ)て與(あづ)かり知らず、坐視傍觀の勢となり行きしは、全く中古封建制度の弊にして、貴重靈物の責(せめ)を私(わたくし)し、賤民をして愈賤劣ならしむる所以也。方今、王政一新、宇内の變革に基き、封建の舊を變し、郡縣の政體を正さんとする際に當りて、當藩(土佐藩)今や大改革の令を發するは、固(もと)より朝旨を遵奉し、王政の一端を掲起せんと欲すれば也。故に主として從前士族文武常職の責(せめ)を廣く民庶に推亘し、人間は階級に由らず貴重の靈物なるを知らしめ、各自に智識技能を淬勵(さいれい)し、人々をして自主自由の權を得せしめ、悉皆其志願を遂(と)げしむるを庶幾するのみ。抑(そもそ)も古(いにし)へ士と稱するは有志有爲の稱にして、必ずしも門閥の謂(いひ)にあらず、然(さ)れは其(その)多妙の性に基(もとづ)き、更に智識技能を長進し、報國の誠心を盡さんとするは、凡(およ)そ人たる者の天地間に逃れざる大義にして、殊(こと)に皇國は人の資質純厚、義氣最も烈しき風俗なれば、今、一般文明開化の道を講習し、各處に學校を興し敎育を隆にし富強を謀り、士民競起憤發の域に勸進せしめ、大に舊習を變し、務めて新得を來すは、實に當今の一大の急務にあらずや。既に近頃(ちかごろ)普佛の戰爭に、佛國(フランス)屢(しば)々敗を取ると雖(いへど)も、其民、擧國憤興し、愈報國の志強く、其(その)都府(とふ)長圍を受けて猶屈せさるを聞けり。是(これ)亦人を重んずる制度の善なるを見るに足る。故に皇國をして萬國に對抗し、富國の大業を興さしめんには、全國億兆をして各自に報國の責を懷かしめ人民平均の制度を創立するに如くは無し。若(もし)夫(そ)れ改革の條件、其細目に至つては、往々布告の令に據て之(これ)を詳(つまびらか)にすべし。或(あるい)は其意を誤認して、士族は文武を廢し、安逸に就(つ)き、平民亦(また)其職に惰り、且つ徒(いたづ)らに士族の貴を抑(おさ)へ、民庶の賤を揚ぐる等の疑惑を生す可からず。唯今日(こんにち)宇内の形勢を審(つまびらか)にし、朝廷大變革、開明日新の事情に通し、人間貴重の責をして士族に私(わたくし)し、平民をして賤陋(せんろう)に歸せしむるの大弊を一洗し、人民自己の貴重なるを自知し、各互に協心戮力、富強の道を助けしむるの大改革にして、畢竟(つまるところ)民の富強は卽ち政府の富強、民の貧弱は即ち政府の貧弱、所謂(いはゆる)民ありて然(しか)る後ち政府立ち、政府立ちて然(しか)る後ち民其生を遂ぐるを要するのみ。 明治三年庚午十一月 — (土佐藩布告『人民平均の理[40]』)

御親兵の創設[編集]

板垣退助は富国強兵を国策に掲げ、明治4年2月(1871年3月)、明治天皇親衛を目的とする薩摩、長州、土佐藩の兵からなるフランス式兵制の御親兵6,000人を創設。国家の常備軍として廃藩置県を行うための軍事的実力を確保する事に成功した。この御親兵近衛師団の前身にあたる[3]

廃藩置県[編集]

廃藩置県

明治4年7月14日(1871年8月29日)14時、明治政府は在東京の知藩事を皇居に集めて廃藩置県を命じた。

10時に鹿児島藩知事島津忠義山口藩知事・毛利元徳佐賀藩知事・鍋島直大及び高知藩知事・山内豊範の代理の板垣を召し出し、廃藩の詔勅[41] を読み上げた。ついで名古屋藩知事・徳川慶勝熊本藩知事・細川護久鳥取藩知事・池田慶徳徳島藩知事・蜂須賀茂韶に詔勅が宣せられた。午後にはこれら知藩事に加え在京中である56藩の知藩事が召集され、詔書が下された。板垣は、木戸孝允、西郷隆盛、大隈重信らとともに参与に任ぜられた。

征韓論争[編集]

明治6年(1873年)、書契問題に端を発する度重なる朝鮮国の無礼に世論が沸騰し、板垣は率先して征韓論を主張するが、欧米視察から帰国した岩倉具視ら穏健派によって閣議決定を反故にされる(征韓論争)。

朝鮮国の不義を糺すために立ちあがった板垣退助らの征韓議論。(1877年明治10年)鈴木年基作)

これに激憤した板垣は西郷隆盛らとともに下野。世論もこれを圧倒的に支持し、板垣・西郷に倣って職を辞する官僚が600名あまりに及び、板垣と土佐派の官僚が土佐で自由民権を唱える契機となった(明治六年政変)。

国会開設の請願[編集]

幟仁親王が揮毫した御誓文の原本[42]

野に下った退助は五箇条の御誓文の文言「広く会議を興し、万機公論に決すべし」を根拠に、民衆の意見が反映される議会制政治を目指し、明治7年(1874年)1月12日、同志を集めて愛国公党を結成。後藤象二郎らと左院に『民撰議院設立建白書』を提出したが時期尚早として却下される。

臣等伏して方今(ほうこん)政権の帰する所を察するに、上は帝室(すめらみこと)に在らず、下は人民(おほみたから)に在らず、而(しか)も独り有司に帰す。夫れ有司、上は帝室を尊ぶと曰(い)はざるに非(あら)ず、而して帝室漸く其尊栄を失ふ。下は人民を保つと曰はざるに非らず、而も政令百端、朝出暮改、政情実(まこと)に成り、賞罰愛憎に出づ。言路壅蔽、困苦告(つぐ)るなし。夫(そ)れ如是(かくのごとく)にして天下の治安ならん事を欲す。三尺の童子も猶(なほ)其不可なるを知る。因仍改めずば、恐くは国家土崩の勢を致(いた)さん。臣等愛国の情自ら已む能はず、乃(すなは)ち之(これ)を振救するの道を講求するに、唯天下の公議を張る在る而已(のみ)。天下の公議を張るは、民撰議院を立つるに在る而已(のみ)。則(すなは)ち有司の権を限(かぎ)る所あつて、而して上下安全、其の幸福を受る者あらん。請(こ)ふ遂に之(これ)を陳(ちん)ぜん。(『民撰議院設立建白書』冒頭)
民撰議院設立建白書・序文
大阪会議開催の地にある大久保利通(上左)・木戸孝允(上中央)・板垣退助(上右)・伊藤博文(下左)・井上馨(下右)のレリーフ
大阪府大阪市中央区北浜

そのため、地方から足場を固めるため、高知に戻り立志社を設立。さらに、全国組織に展開を図り大阪を地盤として愛国社の設立に奔走。その最中、明治8年(1875年)、「『国会創設』の活動を行うならば、下野して民間で活動するより、参議に戻って活動した方が早い」との意見もあり、2月に開催された大阪会議により、3月に参議に復帰。一定の成果を見たが一方で「政府に取り込まれた」と批判的な意見もあり、参議と各省の卿を分離する主張が退けられたのをきっかけに、同年10月官を辞して再び野に下り、国会開設の請願を拡大する活動を行った。

自由党の結成[編集]

明治14年(1881年)、10年後に帝国議会を開設するという国会開設の詔が出されたのを機に、自由党を結成して総理(党首)となった。以後、全国を遊説して回り、党勢拡大に努める。(自由民権運動

私擬憲法[編集]

国会期成同盟では国約憲法論を掲げ、その前提として自ら憲法を作ろうと、翌明治14年 (1881年)までに私案を持ち寄ることを決議した。板垣退助は私擬憲法の作成意図について『我國憲政ノ由來』で次のように述べている。

國家の根本法たる憲法は、君主と人民との一致に基(もとづ)いて定むべく、國約憲法とは之(これ)を謂(い)ふなり。即ち知るべし國約憲法とは君民同治の神髄なることを。故(ゆえ)に苟(いやし)くも我國の憲法を制定せんと欲せば先づ憲法制定の為めの國民議会を開かざる可からずと。真に皇室の安泰人民の福祉を慮(おもんぱか)り、この金甌無欠の國家を永遠に維持せんが爲めに、萬世不易の根本法を定めんとするもの。
『我國憲政ノ由來』板垣退助著

自由党の尊王論[編集]

板垣退助は、明治15年(1882年)3月、『自由党の尊王論』を著し、自由主義は尊皇主義と同一であることを力説し自由民権の意義を説いた。

世に尊王家多しと雖(いえど)も吾(わが)自由党の如き(尊王家は)あらざるべし。世に忠臣少からずと雖も、吾自由党の如き(忠臣)はあらざるべし。(中略)吾党は我 皇帝陛下をして英帝の尊栄を保たしめんと欲する者也。(中略)吾党は深く我 皇帝陛下を信じ奉る者也。又堅く我国の千歳に垂るるを信ずる者也。吾党は最も我 皇帝陛下の明治元年三月十四日の御誓文(五箇条の御誓文)、同八年四月十四日立憲の詔勅、及客年十月十二日の勅諭を信じ奉る者也。既に我 皇帝陛下には「広く会議を興し万機公論に決すべし」と宣(のたま)ひ、又「旧来の陋習を破り天地の公道に基くべし」と宣(のたま)ひたり。吾党、固(もと)より我 皇帝陛下の之(これ)を履行し、之(これ)を拡充し給ふを信ずる也。又、立憲の政体を立て汝衆庶と俱(とも)に其慶幸に頼(たよ)らんと欲す。(中略)既に立憲政体を立てさせ給ひ、其慶幸に頼らんと宣ふ以上は、亦吾党に自由を与へ吾党をして自由の民たらしめんと欲するの叡慮なることを信ずる也。(中略)況や客年十月の聖諭の如きあり。断然二十三年を以て代議士を召し国会を開設せんと叡断あるに於ておや。(中略)故に吾党が平生自由を唱え権利を主張する者は悉く仁慈 皇帝陛下の詔勅を信じ奉り、一点(の)私心を(も)其間に挟まざる者也。(中略)斯(かく)の如くにして吾党は 皇帝陛下を信じ、我 皇帝陛下の意の在る所に随ふて、此立憲政体の慶幸に頼らんと欲する者也。(中略)方今、支那、魯西亜(ロシア)、土耳古(トルコ)諸邦の形状を察すれば、其帝王は驕傲無礼にして人民を軽侮し土芥之を視、人民は其帝王を畏懼し、或は怨望し雷霆の如く、讎敵の如くし、故に君民上下の間に於て曾(かつ)て其親睦愛情の行はるる事なし。(中略)今、吾党の我日本 皇帝陛下を尊崇する所以(ゆえん)は、固(もと)より支那、土耳古(トルコ)の如きを欲せざる也。又、大(おおい)に魯西亜(ロシア)の如きを好まざる也。吾党は我人民をして自由の民たらしめ、我邦をして文明の国に位し、(皇帝陛下を)自由貴重の民上に君臨せしめ、無上の光栄を保ち、無比の尊崇を受けしめんと企図する者也。(中略)是吾党が平生堅く聖旨を奉じ、自由の主義を執り、政党を組織し、国事に奔走する所以(ゆえん)也。乃(すなわ)ち皇国を千載に伝へ、皇統を無窮に垂れんと欲する所以(ゆえん)なり。世の真理を解せず、時情を悟らず、固陋自ら省みず、妄(みだ)りに尊王愛国を唱へ、却(かえっ)て聖旨に違(たが)ひ、立憲政体の準備計画を防遏(ぼうあつ)し、皇家を率ゐて危難の深淵に臨まんと欲する者と同一視すべからざる也。是れ吾党が古今尊王家多しと雖(いえど)も我自由党の如くは無し、古今忠臣義士尠(すくな)からずと雖も我自由党諸氏が忠愛真実なるに如(し)かずと為(な)す所以(ゆえん)なり。(『自由党の尊王論』板垣退助著)

岐阜遭難事件[編集]

明治15年(1882年)4月6日岐阜で遊説中に暴漢・相原尚褧に襲われ負傷した(岐阜事件)。その際、板垣は襲われたあとに竹内綱に抱きかかえられつつ起き上がり、出血しながら「吾死スルトモ自由ハ死セン」と言い [注 3]、これがやがて「板垣死すとも自由は死せず」という表現で広く伝わることになった。この事件の際、板垣は当時医者だった後藤新平の診療を受けており、後藤は「閣下、御本懐でございましょう」と述べ、療養後に彼の政才を見抜いた板垣は「彼を政治家にできないのが残念だ」と語っている[44]

板垣退助岐阜遭難事件

「板垣死すとも自由は死せず」という有名な言葉は、板垣が襲撃を受けた際に叫んだと言われている。

かつて『報知新聞』の記者であった某氏によると、この「『板垣死すとも自由は死せず』の言葉は、内藤魯一が事件時に叫んだ言葉であり、内藤が板垣が叫んだ事にした」という事を聞き取材を重ねたが、それを裏付ける証拠が無く記事にする事を断念した。板垣自身は、当時の様子を下記のように記している。

「予(板垣)は人々に黙礼して二、三歩を出づるや、忽ち一壮漢あり『国賊』と呼びつつ右方の横合より踊り来つて、短刀を閃かして予の胸を刺す。(中略)内藤魯一、驀奔し来り兇漢の頸(くび)を攫(つか)んで仰向に之(これ)を倒す。白刃闇を剪いて数歩の外に墜つ。予(板垣)、刺客を睥睨して曰く『板垣死すとも自由は死せず』と。刺客は相原尚褧といふ者…(以下略)」(『我國憲政の由來』板垣退助著[45])

4月6日の事件後すぐに出された4月11日付の『大阪朝日新聞』は、事件現場にいあわせた小室信介が書いたものであるが「板垣は『板垣は死すとも自由は亡びませぬぞ』と叫んだ」と記されており[46]、他紙の報道も同様で、東京の『有喜世新聞』では「兇徒を睨みつけ『板垣は死すとも自由の精神は決して死せざるぞ』と言はるゝ[47]」等と当時に於いてこれを否定する報道は一つも無く、事件現場の目撃者らを初め相原尚褧自身も板垣の言説を否定していない。

さらに、近年、政府側の密偵自由民権運動を監視していた立場の目撃者・岡本都與吉(岐阜県御嵩警察署御用掛)の報告書においても、板垣自身が同様の言葉を襲撃された際に叫んだという記録が発見され今日に至っている[48]

  • 「板垣ハ死スルトモ自由ハ亡ヒス」(自由党の臨時報より)
  • 「吾死スルトモ自由ハ死セン」(岐阜県御嵩警察御用掛(政府密偵)・岡本都與吉)の上申書より)
  • 「我今汝カ手ニ死スルコトアラントモ自由ハ永世不滅ナルヘキゾ」(岐阜県警部長の報告書より)
  • 「嘆き玉ふな板垣は死すとも自由は亡びませぬぞ」(『大阪朝日新聞』明治15年(1882年)4月11日号)- 事件現場にいた小室信介の筆記
  • 「板垣は死すとも自由の精神は決して死せざるぞ」(『有喜世新聞』明治15年(1882年)4月11日号)
  • 「たとい退助は死すとも自由は死せず[49]」 - 事件現場にいた岩田徳義の筆記
咄嗟にあの発言が出来たのか

令和2年(2020年)に出された、中元崇智の研究によると、岐阜遭難事件の約1年半前の明治13年(1880年)11月、板垣が甲府瑞泉寺で政党演説を行い、主催者の峡中新報社の好意に対し、

唯、余(板垣)は死を以て自由を得るの一事を諸君に誓うべき也。板垣退助
(『朝野新聞』明治13年12月2日号)

と礼を述べ、さらに事件より半年前の明治14年(1881年)9月11日には、大阪中之島「自由亭」の懇親会で、

而(しこう)して苟(いやしく)も事の権利自由の伸縮に関することあるに遇(あ)う毎(ごと)には、亦(ま)た死を以て之(これ)を守り、之を張ることを勉めんのみ。板垣退助
『東北周遊の趣意及び将来の目的』明治14年9月11日)

と発言しており、平素から自由主義に命をかける決意があったから、咄嗟の場であの発言が出来たというのが真相であろう[50]

欧州視察旅行[編集]

岐阜事件後の11月、後藤象二郎と共に洋行し、政治家のジョルジュ・クレマンソー、文豪ビクトル・ユーゴー、学者のハーバート・スペンサーソルボンヌ大学での西園寺公望の恩師にあたるエミール・アコラスフランス語版などと会談した。

特に1880~90年代の明治期日本では、スペンサーの著作が数多く翻訳され、「スペンサーの時代」と呼ばれるほどであった。たとえば、1860年の『教育論』は、尺振八の訳で1880年に『斯氏教育論』と題して刊行され、「スペンサーの教育論」として広く知られた。その社会進化論に裏打ちされたスペンサーの自由放任主義や社会有機体説は、当時の日本における自由民権運動の思想的支柱としても迎えられ、数多くの訳書が読まれた。板垣退助は『社会静学』(松島剛訳『社会平権論』)を「民権の教科書」と評している[51]

1883年森有礼の斡旋で、板垣退助がスペンサーと会見した時、板垣が「白色人種の語る自由とは、実質としては有色人種奴隷の如く使役した上に成り立ってる自由であり、これは白人にとって都合の良い欺瞞に満ちた自由である」と発言したことに対して、スペンサーは、「封建制をようやく脱した程度の当時の未だ憲法をも有していない日本が、白人社会と肩を並べて語るには傲慢である」と論を退け、板垣の発言を「空理空論」となじり、尚も反論しようとする板垣の発言を制し「NO、NO、NO…」と席を立ち喧嘩別れのようになる一幕があった。

同年6月に帰国。皆がフランスでの華やかな話が聞けるものと集まったが、板垣は鎮痛な面持ちで、フランス流の革命思想および白人社会における「自由」の概念に関して鋭い批判を展開している[52]

フランスという国は一言でいうならば非常に野蛮な国家である。表向きは自由平等を標榜しながら、実際には世界中に殖民地を有し、有色人種を使役して平然とし、世界の貴族階級であるかのように振舞っている。かれらが「天は人の上に人を作らず」と唱える自由平等は、白色人種にだけ都合の良い自由平等であると言えまいか。私はこのようなことであっては決してならないと考えるのである。私が維新改革を憤然決起して行った理由は、かの国(フランス)に於ける革命主義の如き思想に出でたるものに非ずして、尊皇主義に徹した結果である。しかるに昨今は、西洋の主義に幻惑してこれを崇拝するが如くあるは、最もその間違いの甚しきものと言わざるを得ず。皆これを見誤ること勿れ。 — 板垣退助

しかし、民権家の中には、この考え方に異を唱えフランス流の革命思想を礼讃する一派もあり、結果、板垣らの民権思想と亀裂が生じ、一部の自由党過激派の起こした事件に激怒した板垣によって、自由党は解党することになる。

このような中で、日本では欧米諸国に追いつくよう、社会制度の研究が緊急課題となり1886年には浜野定四郎らの訳によるスペンサーの『政法哲学』が出版されるようになった。

ルイ・ヴィトン[編集]

余談ながらこの洋行の時、板垣がフランスで購入したルイ・ヴィトンの鞄は、「現存する日本人が購入したルイ・ヴィトンの鞄の現存最古のもの」として保管されている[53][54][55]

加波山事件と自由党の解党[編集]

明治17年(1884年)10月、自由民権運動の激化で加波山事件が起き、自由党を一旦解党した。

叙爵の恩命と三顧の礼[編集]

明治20年(1887年)5月9日戊辰戦争の武勲と明治維新の功労を賞せられ「伯爵」の位を賜り華族に列せらる。しかし、板垣は、維新以来、一君万民、四民平等を唱えてきたため、爵位を受けることは平生の主義に背くと考え、栄典を辞退することに決した。

大楠公の尊皇討幕の精神が水戸學に依て顯彰、醸熟され明治維新が成し遂げられた。徳川は大楠公と共に足利と戦つた新田の子孫でありながら、幕府を開き皇室の尊嚴を弱め、結局は足利の例に追随した。現今我々が維新の功臣として貴族の藩屏に列し、その精神を失ふといふ愚を犯せば、江湖の人、後世の史家は、その精神の眞意を疑ひ同穴の貉と失笑するであらう。 — 板垣退助

5月25日、上京して宮内大臣・伊藤博文を訪ねたが、不在のため、宮内次官・吉井友実に面会して事情を陳じた。さらに三條実美内府を訪い、また黒田内閣顧問を訪ね、叙爵撤回に奔走したがその志を果すことが出来なかった。6月9日になり、板垣は、吉井宮内次官を通して以下の「辞爵表」を奉呈した[56]

辭爵表                臣退助、

伏して五月九日の勅を奉ず。

陛下特に 臣を伯爵に叙し華族に列せしむ。天恩の優渥なる 臣誠に感愧激切の至りに任(た)へず、直ちに闕下に趨(はしり)て寵命を拝すべき也。而(しか)して 臣退(しりぞき)て窃(ひそ)かに平生を回顧するに 臣、素(も)と南海一介の士。朴忠(ぼくちゅう)自(おのず)から許す。常に君に事(つか)へて身を忘れ、國に報(むく)ひて家を遺(わす)る。嘗(かつ)て維新中興の運に会し、錦旗を奉じて東北戡定の功を奏すと雖(いえど)も、是れ皆、

陛下威霊の致す所。而して、

陛下 臣を賞するに厚禄を以てし、並に物を賜ふ事若干、次て参議に任じ正四位に叙せらる。

陛下の知遇を受くる已(すで)に極まり、人民の榮、之(これ)に過ぎず、何ぞ圖(はか)らん、今又此の非分の寵命を辱(かたじけの)ふせんとは。臣、唯惶懼措く所を知らず。抑(そもそ)も 臣が身は廊廟を去り江湖に在るも、其夙夜に以て、

陛下に報ひ國家に盡すの赤心は何ぞ嚢日に異ならん。一朝事あり闕に詣り、

陛下に咫尺(しせき)し以て 臣が説を進むるを得ば、臣の願既に足れり。尚(な)ほ何ぞ伯爵に叙し、華族に列するの特典を拝するを須(もち)ひんや。且(かつ) 臣、平生衷に感ずる所あり、高爵を拝し貴族に班するは、臣に於て自(みづ)から安(やす)んずる能(あた)はず縦令(たとえ)、

陛下の仁愛なる、臣が舊功を録し重ねて特典の寵命を下さるるも、臣にして敢(あえ)て天恩に狃(な)れ一身の顯榮を叨(みだ)りにする事あらば則ち 臣復(ま)た何の面目を以て天下後世の清議に對せんや。因(よっ)て 臣茲(ここ)に表を上(たてまつ)り謹(つつしん)で伯爵並に華族に叙列するの特典を辭す。伏して願くば、

陛下 臣が區區(おりおり)の衷情を憫み、其狂愚を咎めず、以て 臣が乞ふ所を聽(ゆる)されん事を。慚懼懇款の至りに任(た)へず、臣退助誠惶誠恐頓首頓首。

明治二十年六月四日        正四位 板垣退助(『辭爵表[56]』)

6月11日吉井宮内次官は天命を奉じて板垣を邸に招き、「陛下(明治天皇)は貴下の『辞爵表』を奏聞されるや、御嘉納あらせられず、深く叡慮を煩わせれておられる。よって速やかに前志を翻して受爵されるように」と諭される。さらに6月14日、内閣は、三條内府吉井次官、各大臣を参集して秘密会議を開き「板垣辞爵問題」に関して、あくまでも板垣を受爵させることを再確認した。一方、板垣は6月26日、東京在留の旧自由党員140名余を浅草の鴎遊館に招き「辞爵理由」について説明演説を行った[56]7月7日、板垣は『再辞爵表』を上書し「自分が今、叙爵の寵命を固辞する理由は、封建門閥の弊習を取り除き、四民平等を宣した維新の精神を守ろうとするものである」として、辞爵を再請願した。 翌7月8日、宮内省書記官・桜井能監が板垣の滞在先である芝の「金虎館」を訪ね、「陛下の叡慮は前日と変わらない」旨を告げ『再辞爵表』を差し戻される。頑固な板垣を説得することに周囲が混迷する中、伊藤博文から依頼を受けた竹内綱が「三度の拝辞は不敬にあたる」という三顧之礼の故事をひいて諭し、ようやく板垣の心を動かすことが出来た[57]7月15日、板垣は参内して『叙爵拝受書』を奉呈した[58][59]

岐阜兇漢に対する助命嘆願と特例恩赦[編集]

岐阜事件後、板垣退助自身が相原尚褧に対する助命嘆願書を提出、相原は極刑を避けられて無期徒刑となる。明治22年(1889年)『大日本帝国憲法』発布による恩赦に関しては、当初は「相原尚褧は国事犯ではない」とされ「恩赦」の対象外であった。これは、相原が暗殺を企てた当時、板垣退助は参議(公職)を辞し民間にあったため、単なる「民間人に対する殺害未遂」として裁かれた為である。しかし、自由民権運動の逮捕者が国事犯として恩赦の対象となり、また、板垣が相原に刺された際、畏くも明治天皇御自らが「板垣は国家の元勲なり」と、勅使を差し向け御見舞いあらせられた事、事件の要因が私怨にあらず「国会を開設すべきか否か」と言う問題にある点などを挙げれば、「民間人に対する殺害未遂」ではあるが「国事犯」としての要素を勘案すべきとする問題が生じ、恩赦歎願書が再び奉呈され、これらが認められて恩赦の対象となった[60]

相原の改心と謝罪[編集]

明治22年(1889年)、相原尚褧が恩赦となった当時、板垣退助は東京市芝区愛宕町の寓居に住んでいたが、相原は河野廣中、八木原繁祉両氏の紹介状を得て、同年5月11日、八木原氏に伴われて板垣に謝罪に訪れた[60][61]。板垣は相原に「この度は、つつがなく罪を償はれ出獄せられたとの由、退助に於ても恭悦に存じ奉る」と声をかけると、相原は畏まり両手をついて「明治15年(岐阜事件)の時の事は、今更、申すまでもございません」と謝し「更に、その後も小生の為に幾度も特赦のことを働きかけて下さった御厚意につきましては幾重にも感謝している次第であります」と深く礼を述べた[60]。板垣が、

君のこと眞(まこと)に天下(くに)を思ふるがゆゑに出(いで)たる事なれば陳謝(ちんしや)するに及(およ)ばず。男子一念、惟(たゞ)國を思ふに斯(か)くの如き心を持たずして何事(なにごと)をや成せん。嘗(かつ)て中岡慎太郎先生、京都に在りし時もまた彼、予を屠(ほふ)らんとす。然(さ)れど後に予の邸(やしき)に來て過日(くわじつ)の事を謝す。今、君(相原)も彼(中岡)に同じ。私心から出(いで)たる事にあらず、天下(くに)を思えばの事なり。惜(お)しむらくは其時に於(おい)て予(よ)の意(い)を解せざる事而已(のみ)。然(しか)して今時(いま)、君、茲(こゝ)に至れるは、その錯誤も既(すで)に解(と)けりかと。予も亦(また)同じく天下(くに)に事を成さんと思ふがゆゑ一命を掛(と)して之(これ)に臨む。若(も)し君、他日、予が國の行末を誤(あやま)る事を成さんとせば、即(すなは)ち亦(また)白刄を以(もつ)て予を殺(あや)めんとせよ[62] — 板垣退助

と述べると相原は恐縮し「恐入り恥じ入り申し候。僕は天下を語るような大人(たいじん)の器にあらず、浅学無才の徒でありますゆえ、先ず辺鄙(かたいなか)に往(ゆ)きて蟄居(ひきこも)り身を修めたいと思っております」と述べた。板垣は深く頷きながら、

予かつて土佐の城下(まちなか)より放逐されたる時、神田と云ふ郷(さと)に在りて民庶(みんしよ)に交り身を修めんこと有之(これあり)。君は如何(いか)にせむとすや[62] — 板垣退助

と訊いた。相原は「僕は、先ずは無心に土壤(つち)を耕して日の光を感じ、雨の音を聞き、矩(のり)を越えず人のため、皇国(すめらみくに)の御為に陰ながら御奉公したいと思っております。これが私にとっての贖罪と申しましょうか。願はくば人知らぬ遠い北海道に身を移し、開拓に従事したいと考えております」と[63]。それから両者は様々な話をしたが、相原が「そろそろ御暇を賜わる時間となりました」と言うと、板垣は起ち上がって「北地極寒、邊土惨烈と聞くが、御國の爲めに自愛めされよ。退助は足下(きみ)の福運を祈り奉る」と声をかけ相原の再出発を見送った[60]

しかし相原は殖民開拓の為、北海道へ渡る途上、遠州灘付近で船上から失踪した[52]。 船から落とされた、自殺した、または相原の背後で板垣殺人を企てていた組織に殺されたとも言われている。享年36歳。

帝国議会開設以後[編集]

大同団結運動の分裂後、帝国議会開設を控えて高知にいた板垣は林有造らとともに愛国公党を再び組織し、第1回衆議院議員総選挙に対応した。明治23年(1890年)の帝国議会開設後には河野広中大井憲太郎らとともに旧自由党各派(愛国公党、自由党大同倶楽部、九州同志会)を統合して立憲自由党を再興した。翌年には自由党に改称して党総理に就任した。

武市瑞山の名誉回復と顕彰に尽力[編集]

武市瑞山に関しては、土佐藩政時代、罪人として処罰された経緯があったが、維新後、旧土佐藩有志らの盡力により、明治10年(1877年)に名誉回復される。さらに、明治24年(1891年4月8日坂本龍馬中岡慎太郎吉村虎太郎とともに正四位が追贈された。5月8日、東京・九段坂上(靖國神社)において、武市瑞山の追贈(贈正四位)奉告式が挙行された。この式典に際し、富子夫人は、実弟の島村笑児を伴って上京し参列。清華家からの代表者として右大臣・岩倉具視公、旧土佐藩主・山内豊範侯、 旧土佐藩大監察・後藤象二郎、板垣退助、佐々木高行土方久元田中光顕らを初め土佐勤王党の同志ら朝野の済々多士が参列。山内侯、板垣伯、後藤伯が神前に深々と頭を垂れ、懇ろに拝したのを見て、特に富子夫人は感極まって涙した。式典の後、九段坂上の富士見軒で開かれた直会の席において、武市瑞山の親族[6] でもある板垣は「当時の経緯は種々あったとはいえ、土佐藩が瑞山先生を殺した処断は、日本における損失であり洵に誤りで有ったと断言できる」と両者の間に立って心痛の思いを吐露し、後藤も激しく同意した。この一言は、土佐勤王党の同志らの思いを代弁するもので、当時の藩庁側、勤王側、身内側の立場を知る板垣にしか発せられない言葉であったため、一同は永年の留飲が一時に下がり心から晴々としたと言う[64]。瑞山への取調べが激化した時、板垣は武市を救おうとしたが、藩庁側と意見が合わず「不念の儀あり」と讒言を受けて職を解かれ、左遷されるかのように遠避けられ、江戸で軍学修行を仰せ付けられていた[65]

内務大臣として[編集]

明治29年(1896年)、議会内で孤立していた自由党は第2次伊藤内閣と協力の道を歩み、板垣は内務大臣として入閣。続く第2次松方内閣においても留任したがすぐに辞任した。明治30年(1897年)3月、自由党総理を辞任している。

大命降下[編集]

明治31年(1898年)、大命降下して対立していた大隈重信の進歩党と合同。憲政党を組織し、日本初の政党内閣である第1次大隈内閣に内務大臣として入閣する。そのためこの内閣は通称・隈板内閣(わいはんないかく、大隈の「隈」と板垣の「板」を合わせたもの)とも呼ばれる。しかし、内閣は内紛が激しく、4か月で総辞職せざるを得なくなる。明治33年(1900年)、立憲政友会の創立とともに政界を引退した。

晩年[編集]

政界引退後は、明治37年(1904年)に機関誌『友愛』を創刊したり、同40年(1907年)には全国の華族に書面で華族の世襲禁止を問う活動を行った。大正2年(1913年)2月に肥田琢司を中心に結成された立憲青年自由党の相談役に就いた。大正3年(1914年)には二度台湾を訪問し、台湾同化会の設立に携わった。

板垣退助の大アジア思想[編集]

アメリカに於ける日系人の排斥に憤慨・抗議し、大江卓らと議してアジア人の団結を呼びかけ、白人勢力と対峙するべく決起を促す[66]

白色人種有色人種を軽蔑してゐる。有色人種といえば劣等人種のように考えて、まさに奴隷の如くに扱ってゐる。これが、私は本当に残念でならない。有色人種が団結し、優秀な文明を発揮して白色人種と平等な地位に立たねばならぬ。しかし、今の東洋の教育水準では、白色人種の持つ知識や科学の程度に到底太刀打ち出来ない。そこで自分の考えでは、東洋の中心たる支那に一大学校を建設し、印度人でも、南洋人でも蒙古人でも、チベット人ペルシャ人までも包括して、どんどん教育を施し、有色人種をして将来世界を牽引出来得る文明人種に育てあげなければならない。これを行うには先づ日本人がアジアの盟主となり、率先して有色人種を指導せねばならぬ。どうだ一緒に行動しようではないか[66] — 板垣退助

大正8年(1919年)7月16日、肺炎のため薨去。享年83(満82歳)。法名は邦光院殿賢徳道圓大居士。なお、「一代華族論」という主張から、嫡男・鉾太郎は自ら廃嫡し家督相続を遅らせて華族の栄典を返上した[67][注 4]

人は死んだら終わりだと言う、しかし私はそうは思わない。志ある人々が私の墓を前にして、世の矛盾に怒り、それを糾(ただ)さんと、世のために働いてくれるのなら、私の死は終わりではない。 — 板垣退助

御下賜品等[編集]

明治天皇より
大正天皇より
  • 大正4年(1915年5月18日 - 泰宮聡子内親王御婚礼記念として「菊花御紋付き重箱型鶴丸文様ボンボニエール」を賜る[32]
  • 大正4年(1915年)11月10日 - 御大礼(即位礼)に際し、純銀製「菊花御紋付き柏葉筥型ボンボニエール(菊花御紋は純金製)」と純銀製「桜橘挿華」(平田宗幸製作)を賜る[32]
  • 大正5年(1916年)- 板垣80歳の記念として「菊花御紋付き桐唐草文縁銀天盃一揃」を賜る[32]
  • 大正8年(1919年5月10日 - 皇太子(昭和天皇)成人式(満18歳)の慶賀として純銀製「菊花御紋付き八稜鏡型ボンボニエール(菊花御紋は純金製)」を賜る[32]
陸軍省より

栄典[編集]

爵位
位階
勲章

肖像[編集]

武術[編集]

呑敵流[編集]

柔術呑敵流小具足術を本山団蔵に学んだ。

板垣退助は、明治15年(1882年)に岐阜で相原尚褧に襲われた際、とっさに呑敵流当身で反撃をした。敵の心臓を狙って肘で当身をしたが、力を入れすぎたために下にずれて腹部に当たった。のちの取り調べで相原尚褧が警察に痛みを訴えたため、調べてみると脇腹が黒いあざになっていたという。

岐阜事件のあと、板垣は命が助かったのは師のおかげと思い、本山団蔵に贈り物をしてこのことを話したところ、本山団蔵は板垣に教えた武術が実地に功を奏したことを喜び呑敵流皆伝免状を授けたという。

相伝系譜
吉里呑敵齋信武 - 馬渕嘉平正保 - 本山団蔵重隆 - 板垣退助

居合[編集]

相撲[編集]

学問[編集]

赤穂山鹿流伝系[編集]

山鹿素行 - 大石良重 - 菅谷政利 - 太田利貞 - 岡野禎淑 - 清水時庸 - 黒野義方 - 窪田清音 - 若山勿堂 - 板垣退助

評価[編集]

維新の元勲として[編集]

  • 明治天皇 -「(明治15年4月7日)この日閣議の定日なりしも、俄(にわか)に之(これ)を中止し、参議・山県有朋参内して状を闕下に奏す。聖上(明治天皇)甚(いた)く宸襟を悩まされ『板垣は国家の元勲なり。捨て置くべきにあらず』と宣(のたま)ひ畏くも侍従一名、侍医一名を差遣の御沙汰あり[79]
  • 大正天皇 -「板垣は、戊辰の親征に際してはを率いて先鋒となり、知略巧に兵を動かし、さらに明治維新の大政を参し、立憲政体の確立に尽して日本近代国家たらしめた。彼の尊皇の精誠は、生涯に亘(わた)って変わることが無かった。その功臣(板垣退助)が逝去したと聞いた。なんと悲しいことだろう。…それなので、侍臣を遣わして弔辞を述べるものである。御名御璽。大正8年7月18日[80]
  • 西郷隆盛 -「戊辰の役に死したるもの少なからざれど、之(これ)が爲に生きたるものは唯一人、君(退助)のみ[27][81]
  • 尾佐竹猛 -「板垣伯の勤王精神に付ては、改めて云ふ迄もない事であるが、土佐の藩論がやゝもすると佐幕に傾かんとするに際して、一死を賭(と)して薩長勤王の軍と行動を共にした板垣退助率ゐる勤王派の行動により土佐は薩長と並び稱せらるゝに至つたのである。次(つい)で板垣伯は官軍の重鎭として、その軍略に秀でた事は、西郷南洲をして敬服せしめた位であつた。そして會津落城の際に感じ得(え)た伯の思想が、後年の憲政思想の基礎を爲したことは餘りにも有名である[82][83]
  • 大野勇(高知市長) -「板垣退助先生は、天分絶倫、風格崇高、思想深邃、其の韜略(軍事的才能)は西郷南洲翁も敬服する所。夙(つと)に志を勤王に效(いた)して赫々(かくかく)たる武勲を戊辰東征に樹(た)て、廟堂(べうだう)に立ちて大政(たいせい)を參畫(さんくわく)せられた[83]

思想家として[編集]

  • 岩田寛和 -「板垣退助君は実に自由社会北斗なり。幼より器局(ききょく)あり、長ずるに及んで英捍豪相、将相の器を抱けり。幕政に慷慨悲憤の志を蓄(たくわ)へ、戊辰東征の役に出るや奥羽を征定し、帰して参与を拝し、後に進んで参議に累進す。征韓論に及び廟議と合はざるを以て終(つい)に冠を掛て退けど、杞憂愛国の志は益々厚く、天下に周遊して政党の結成に尽力し、今や已(すで)に自由党の総理に推挙せられ泰山北斗と仰がれたり[84]
  • 川田瑞穂 -「(板垣退助)先生の精神は天地と共にあり。國家の隆昌ならん限(かぎ)り、先生も亦(また)、國民の心の中に生くべし[83]
  • 川淵洽馬 -「(板垣退助)先生の先生たる所以(ゆえん)は固(もと)より形にあらず精神に存する事に候[83]
  • 島崎猪十馬 -「板垣先生は先憂後樂の至誠達識にして、不撓不屈の雄魂の人である[85]

大人物としての器量[編集]

  • 山内容堂 -「(乾退助は)有意之才あり(いざという時に役に立つ才能を持っている)」-(文久2年12月[86])
  • 林幸子(退助生母) -「将来、我が家の名を挙げるのは、この子(退助)であろう」- (少年時代)
  • 吉田東洋 -「乾退助は少年(若輩)であるが、気性はよろしく追々鍛錬していけば役に立つ男なり[87]」-「若く元気盛りで志も盛んであり、大いに将来の望みある者[88]

憲政の父・政治家として[編集]

尊皇家として[編集]

  • 尾佐竹猛 -「伯(板垣)は政黨の總理である時でも言葉が一(ひと)たび皇室の事に及ぶと俄に席を起つて羽織袴に服装を改められた事と云ひ、また途中、陛下のお手植の松の前を通られる時などには恭しく敬禮せられたる謹嚴な態度を私(尾佐竹猛)は親しく目撃した[82][83]
  • 伊藤痴遊 -「板垣が演説するときの姿勢や、その言い回しには、何とも荘重な所があり、尊皇思想に関しては、氷漬けになった様に頑固に節義を曲げなかった[97]

軍人として[編集]

武士道精神と清廉潔白さ[編集]

  • 山内容堂 -「退助は暴激の擧(きょ)多けれど、毫(すこし)も邪心なく私事の爲に動かず、群下(みな)が假令(たとへ)之(これ)を争ふも余(容堂)は彼(退助)を殺すに忍びず[27]」- 慶応3年9月9日、土佐藩お抱えの刀鍛冶・左行秀(豊永久左衛門)が、退助の失脚を狙って藩庁に密告した時の容堂の回答。
  • 中江兆民 -「板垣は(巷間の政治家と異なり)金銭に執着せず、無欲恬淡。古武士の風格を持ち、したたかな処は毫(すこし)も無かった。板垣は政治家として以前に個人としての魅力と美徳を備え、日本の民本主義発展に大きな功績を残した近世の偉人である」
  • 板垣晶子 -「現代の価値観と比べることは出来ませんが、政治家として切腹してまで潔白でありたいという姿勢はとても大切ではないかと思います。祖父のこのような姿勢は、一生涯変わりませんでした。裕福であった先祖の財産はすべて政治に費やし、最後は自分の家も別荘も何一つ残らず、貧乏の代名詞になった政治家でありました。『一代華族論』もそんな祖父の姿勢を象徴するものです[100]
  • 板垣退太郎 -「我が祖なれど一人の人物としてみた時、終始一貫して名利を追わず、俗権に屈せず、清貧に甘んじ、飄々として洵(まこと)に古武士の風格を保った退助の生涯は高く評価されて然るべきであると思われる[101]
  • 尾崎正 -「古き良き武士道精神は急激に廃れ、栄華を享受し新たな特権階級となることを憚らなかった維新の元勲たちがいた中で、清貧に甘んじ自らの信念を貫き生きた清廉潔白の人であった[102]
  • 杉崎光世 -「興亜御奉公から大詔奉戴に帰結した大東亜戦争が終結し、まもなくして靖國の英霊をお奉りした大鳥居の五十銭札が廃されて、曾祖父の肖像の五十銭札に変わった時は、とても驚きました。次いで、昭和28年(1953年)12月には、曾祖父の肖像の百円札が発行されました。清貧に甘んじ、金銭に縁の無かった曾祖父が紙幣の肖像になるなんて……。私はとても不思議に思いましたが、母はとても喜んでをりました。姉もとても喜んでをりました[3]
  • 小西四郎 -「板垣は(伯爵の位を)受爵することは平生の主義に反するとて辞退し、六月「辞爵表」を提出した。これが容れられないと翌月「再辞爵表」を提出したが、(天皇)陛下の御意志は変らないとの再度の却下によって、天皇尊崇の念の厚い板垣は、ついに拝受書を出して華族の列に加わった。板垣の行動は立派であった。当時の華族が持っていた特権は非常に大きいものであったが、これを受けようとしなかったのはさすがである。世人は板垣の高潔さ、己の主義を貫こうとする態度に拍手を送った。確かに板垣は名利を求めない高邁の(さむらい)であった[103]
  • 磯田道史 -「死ぬまで明治維新理想を持ち続けた人。明治維新の勲功者や自由民権運動に参加した人たちまでもが、やがて貴族となって貴族院議員の議席を独占し、また実質世襲し、結局、旧幕藩体制と同様の状態になりつつある時にも、(板垣は)『犯罪者の罪が子孫に引継がれないのと同様に、国家に対する勲功も子孫にまで引継がれるのはおかしい』と公然と主張し、(明治維新理想を)最後まで貫き通した。板垣のような人物が、維新の元勲に一人でも存在したことに救いを感じる[104]

公平性[編集]

  • 谷甚之助 -「板垣さんの偉さは小事にこだわらない点だ。平素よりよく部下の言動を見て評価し、物事を公平公正に判断し、また部下に全幅の信頼を寄せ、決してその言に疑をさしはさまぬ人だった[105]
  • 新島襄 -「師(板垣)は維新の功臣にして公平を自らに処し、師(板垣)の主義とする所は毫(すこし)も世の軽藻の輩と同じからず。故(ゆゑ)に予(新島襄)は決して師(板垣)の真意を疑はず」と述べ、新島は板垣がキリスト者では無いものの「基督教の真理」である「公平無私の精神」に通じ自由民権運動を推し進めている傑物であると絶賛している[106][107]
  • 尾崎咢堂 -「猛烈な感情と透徹せる理性と、ほとんど両立し難い二つの性質を同時に兼ね備えていた[108]

カリスマ性[編集]

  • 谷干城 - 「後藤(象二郎)も板垣(退助)も皆上士の席に居る人で、幼年の頃より子供大将で郭中で人望があつた[109]
  • 谷流水 -「吉田東洋の誘いも断って塾にも通わず、子供の時から習字が嫌い、読書が嫌い、物をしんみり考えることが嫌い。好きなのは鶏の喧嘩、犬の喧嘩、武術、それに大人の喧嘩でもあろうものなら飯も食わずに見物するというのだから今日このごろだったら中学校の入学試験は落第だね。ところがどうしたことか憎めないところがあって、小輩からは非常に人気があった[110]
  • 司馬遼太郎 -「史実としての板垣退助を見ると、小輩からは非常に人気のあった人物で、それは依怙贔屓をせず下士と良く交わり、弱い者いじめをする者を律した彼の幼少期からの性格を反映したものであろう[111]

居合の復興に関して[編集]

  • 林九敏 -「無双直伝英信流居合術が今日あるは、洵(まこと)に伯(板垣)のご盡力の賜(たまもの)であると言って決して過言ではない[112]
  • 中西岩樹 -「居合が漸次全国的に普及進展し、今日の隆昌を見るに至ったが、その危機を救ふて此の基礎を固めて呉れた恩人が板垣伯であることを、吾等、居合を修める者は決して忘れてはならず[113]
  • 大江正路 -「無双直伝英信流居合に関しては、板垣伯が一番よく知っているから、訪ねたらよい[112]

日光を戦禍から回避した功績[編集]

  • 藤山竹一(栃木県知事) -「今日、世界の日光たるを得しめたるは、維新当時の官軍の主将・板垣退助氏の敬虔なる態度と周到なる措置とに由来することを、我等は追慕の念慮と感謝の誠意とを以て永久に忘れることが出来ないのである。(中略)明治維新の後に於ける政党の領袖、民権の首導者として隠れなき板垣伯は、一面武将として、精神家として、亦、特に世界の名勝たる我が日光にかうした尊き事跡を残されてゐる。(中略)郷土、人士さへこの社廟保護と日光発展の上に、斯くの如き人傑の偉力が注がれてゐることを熟知する者は比較的少数であることを思ふと洵に遺憾に堪へぬ[3][114]

その他[編集]

  • 「板垣死すとも自由は死せず」の言葉が広く知られているように、板垣は自由民権運動の英雄である。その一方で、藩閥政府による懐柔や、隈板内閣内の論争などといった板垣の政治的な行動は、民衆の議論を賑わせた。内務大臣への就任については多くの風刺画が描かれ(内務大臣は警察を管轄し、言論統制選挙干渉などを行ったことで評判の悪いポストであった)、宮武外骨の『滑稽新聞』は、自由は死んだのに板垣は生きていると揶揄した。風刺画研究者の清水勲によれば、板垣は伊藤博文・大隈重信と並んで風刺画に描かれることの多い明治の政治家の「ベスト・スリー」であるという[115]

銅像[編集]

  • 国会議事堂大日本帝国憲法施行五十周年を記念して建立)
    中央広間の四隅に銅像の台座があり、板垣退助像、大隈重信像、伊藤博文像、そして空の台座となっている。板垣像は、北村西望の作。
  • 岐阜県岐阜市岐阜公園金華山の麓)
    板垣遭難(岐阜事件)の地に大正6年(1917年)に建てられた。
  • 高知県高知市高知城登城口
    銅像の作者・本山白雲高村光雲の弟子)
  • 青梅市
  • 栃木県日光市日光東照宮参道へと通じる神橋入口
    日光東照宮に立てこもる大鳥圭介ら旧幕臣達に対し、板垣退助は「先祖の位牌の陰に隠れて、こそこそ戦い、結果、歴代の文物もろとも灰燼に帰すれば、徳川家は末代までも失笑の種となるであろう。尋常に外に出て正々堂々と戦いなさい」と説得した。また、強硬に破壊を主張する因州鳥取藩に対しては「日光東照宮には、陽明門をはじめ各所に後水尾天皇の御親筆とされる扁額が掲げられており、これを焼き討ちすることは天皇家への不敬にあたるため回避せられよ」と両者に対して理由を使い分けて説得し、日光山を戦火から守った功績によるものである。初め昭和4年(1929年)に彫刻家の本山白雲による像が作られ、徳川宗家16代目を継いだ徳川家達が、板垣に感謝し銅像の題字を揮毫した。太平洋戦争大東亜戦争)末期に金属供出されたため、昭和42年(1967年)、彫刻家・新関国臣の作による像が再建された。銅像の題字は、拓本をもとに徳川家達の揮毫を再刻して復元された。

系譜[編集]

墓所[編集]

板垣退助の墓(東京・品川神社裏)
  • 薊野山(板垣山) - 山全体が乾氏専用の大きな墓地となっており、初代・正信から退助までの10代の墓石が整然とあり、退助の墓は3番目の妻・小谷氏と並んで建てられている。正信から退助まですべて「榧之内十文字」の紋がつけられている。退助の墓のみ「土佐桐」の紋が台座についている(所在地:高知県高知市薊野東町15-12の北東付近)。
  • 安楽寺 - 乾氏(板垣氏)の一族の墓がある。(所在地:高知県高知市洞ヶ島町5-3)
  • 品川神社 - 江戸で客死した退助の祖父・信武の墓石以外は、退助を含め明治以降に亡くなった一族の墓石があり、退助の墓は4番目の妻・福岡氏と並んで建てられている。明治以降の墓のため「土佐桐」の紋がついている。墓石のとなりには、明治維新100年・板垣伯薨去50回忌を記念して、板垣退助先生顕彰会によって建てられた佐藤栄作の揮毫による「板垣死すとも自由は死せず」の石碑がある。品川神社の社域がもと東海寺の寺域であったため、社殿裏が墓となっている。(所在地:東京都品川区北品川3-7-15。昭和53年11月22日品川区史跡に指定されている)

著書[編集]

板垣退助の墓(高知・板垣山)
  • 『板垣政法論』五古周二編、植木枝盛記、自由楼、1881年3月。NDLJP:782887
  • 『板垣君意見要覧』木滝清類編、木滝清類、1881年12月。NDLJP:782885
  • 『板垣君演説集並ニ板垣君刺客変報詳記』木滝清類編、木滝清類、1882年4月。NDLJP:782886
  • 『板垣君口演征韓民権論勇退雪寃録』遊佐発編、渡部虎太郎、1882年6月。NDLJP:783269
  • 『戎座大演説会傍聴筆記』砂山藤三郎編、開成社、1882年7月。
  • 『板垣君欧米漫遊日記』師岡国編、松井忠兵衛、1883年6月。NDLJP:760930
  • 『通俗無上政法論』和田稲積編、植木枝盛記、絵入自由出版社、1883年12月。NDLJP:783507
    • 『通俗無上政法論』和田稲積編、植木枝盛記、友文書屋、1884年8月。NDLJP:783508
  • 『板垣君欧米漫遊録』清水益次郎編、清水益次郎、1883年3月。NDLJP:760931
  • 『板垣退助君演舌』前野茂久次編、前野茂久次、1883年9月。NDLJP:782888
  • 『東洋自由泰斗板垣退助君高談集 上編』斉藤和助編、共立支社、1885年5月。NDLJP:782889
  • 『板垣南海翁之意見』郷敏儒、1890年2月。NDLJP:782890
    • 『板垣南海翁之意見』岩本米一郎編、岩本米一郎、1890年5月。NDLJP:782891
  • 『板垣伯の意見』小河義郎編、小河義郎、1890年3月。NDLJP:782894
  • 『愛国論』出射吾三郎編、吉田書房、1890年3月。NDLJP:782873
  • 『板垣伯演説筆記』馬場秀次郎記、落合貫一郎、1891年2月。NDLJP:782893
  • 『板垣伯意見書』憲政党党報局、1899年1月。NDLJP:782892
  • 『自由党史』上巻、宇田友猪・和田三郎共編、五車楼、1910年3月。NDLJP:991339
  • 『自由党史』下巻、宇田友猪・和田三郎共編、五車楼、1910年3月。NDLJP:991340
    • 『自由党史』第1冊、板垣退助監修、後藤靖解説、青木書店〈青木文庫〉、1955年8月。
    • 『自由党史』第2冊、板垣退助監修、後藤靖解説、青木書店〈青木文庫〉、1955年9月。
    • 『自由党史』第3冊、板垣退助監修、後藤靖解説、青木書店〈青木文庫〉、1955年11月。
      • 『自由党史』(上)、板垣退助監修、遠山茂樹佐藤誠朗校訂、岩波書店岩波文庫〉、1957年3月。ISBN 9784003310519。
      • 『自由党史』(中)、板垣退助監修、遠山茂樹・佐藤誠朗校訂、岩波書店〈岩波文庫〉、1958年6月。ISBN 9784003310526。
      • 『自由党史』(下)、板垣退助監修、遠山茂樹・佐藤誠朗校訂、岩波書店〈岩波文庫〉、1958年12月。ISBN 9784003310533。
  • 『一代華族論』社会政策社、1912年6月。NDLJP:798399
    • 『一代華族論』社会政策社、1912年11月。NDLJP:947723
    • 『一代華族論』忠誠堂、1919年。NDLJP:957490
  • 『神と人道』忠誠堂、1919年10月。NDLJP:957491
  • 『独論七年』広文堂書店、1919年10月。NDLJP:955680
  • 『立国の大本』忠誠堂、1919年。NDLJP:957489
    • 『立国の大本』財団法人板垣会館建設後援会、1932年。NDLJP:1457761
    • 『立国の大本(復刻版)』財団法人板垣会、1969年。
    • 『立国の大本(現代語訳)』髙岡功太郎訳・一般社団法人板垣退助先生顕彰会編、2020年。
  • 『板垣退助全集』板垣守正編、春秋社、1931年11月。
  • 『憲政と土佐』板垣会編、財団法人板垣会、1941年11月。
  • 『板垣退助先生武士道観』板垣会編、財団法人板垣会、1942年4月。
  • 『選挙法改正意見』。NDLJP:784225

逸話[編集]

50銭政府紙幣
日本銀行券B100円券
  • 明治4年(1871年)、武田信玄の300回忌法要の際に、松本楓湖の画による武田二十四将の肖像が武田氏一族の菩提寺である甲斐恵林寺に奉納される際、各武将の直系子孫が画賛を書くことになり、依頼されて退助は板垣信方の肖像画に直筆で画賛を書いた。退助は揮毫を依頼されてもほとんど断っており、確実に自筆と判明している2点(1点は「死生亦大矣」の書)のうちの一つであり、数少ない板垣退助の直筆史料として、現在は財団法人歴史博物館信玄公宝物館の所蔵となっている。
  • 少年時代、「蝦蟇の油を塗ると川に潜っても呼吸ができる」との言い伝えを信じ、後藤象二郎と一緒に、蛙を捕獲して釜で煮て蝦蟇の油を作り、鏡川を潜水したが呼吸ができず、蝦蟇の油の効力が迷信であることを知る。これによって迷信を疑うようになり、実証主義に転じて、翌日今度は、神社のお守りをに捨ててみて、神罰が本当に起こるのか試したことがある(結果、何事も起こらなかった)。同様の主旨で、退助が神田村(こうだむら)に蟄居していたとき、当時の人が食べ合わせ(「うなぎと梅干」「てんぷらと西瓜」など)を食べると死ぬと信じていた迷信に対して、自ら人を集めて食べて無害なことを実証したことがある。
  • 家屋敷を売り払い、私財をなげうって自由民権運動に身を投じたため晩年は金銭的に困窮していたと伝えられている。明治44年(1911年)ごろ、人を介して密かに杉山茂丸を売ろうとした。茂丸が鑑定すると、備前長船(大宮派)の初代「盛重」(南北朝時代の作)という名刀であった。茂丸は「これはどこで手に入れたのか?」と刀を持ち込んだ人に問うと、最初はためらったものの「実は板垣伯から君(茂丸)を名指しで、『買い取ってもらうように』と頼まれて持参した」と打ち明けられた。驚いた茂丸は「この刀は伯が維新の際にその功により、拝領したものだと聞いているが…」と嘆息するエピソードがある[116]。この後、杉山は「板垣ほどの者がこれほど困窮しているのだから」と山縣有朋に説いて天皇や元老から救援金が出るようはからった。
  • 市島謙吉 「昔改進党時代に、常用で板垣伯を訪ねたことがある。当時の伯の住所は芝公園内の第何号地という様な分り悪い所にあった。辛うじて番号を尋ね当てたが、さてその家が如何にもみすぼらしいので、自由党総理の家とは思えぬ。そこで念の為その家に就いて問うて見ると、矢張り伯の家であった。下駄の三足も並ぶと一杯になる入口に障子が二枚ある。どうしても下等の判任官の住居としか見えぬ。下駄脱から御免というて取次を頼むと、中でお上りという声がする。戸を開けると、直ぐそこに伯が客と対談中で、今上れと言われたのが主人の伯であったのに一驚を喫した。伯は無造作に応接されて、用は立ちどころに弁じたが、一方改進党総理大隈伯の殿様振りと板垣伯の生活振りが余りに懸隔あるので案外に感じた」[117]
  • 1885年、宣教師・グイド・フルベッキが高知に宣教をするにあたって仲介し、同郷の片岡健吉坂本直寛の受洗などに多大な影響を与えたが、退助自身はキリスト教には入信せず独自の哲学的な神学観を持っていた[118]。高知の板垣家歴代墓所には、各々「十字」が刻まれているため、クリスチャンだったと誤解する人がいるが、これは家紋であり、板垣家の代々の宗旨は曹洞宗である。菩提寺は、東京・青松寺。埋葬墓所の菩提寺は高源院。
  • 板垣退助の曾孫が所蔵している板垣退助、後藤象二郎乾正厚が写った幕末古写真が、平成24年(2012年)7月13日に記者公開され、同年8月1日から8月31日まで高知市立自由民権記念館で一般公開された。撮影時期は、明治2年1月(1869年2月)頃と見られ、後藤象二郎乾正厚は丁髷姿、退助は断髪後の髪型。後藤象二郎と板垣退助が同時に写った写真としては本写真が唯一である[119][120]
  • 尊皇の志高く、同じ土佐藩の間崎哲馬中岡慎太郎と気脈が通じ好誼を交わした書簡が残されている。また千葉さな子が開業した鍼灸院には退助自ら患者としてでなく、自由党員の小田切謙明(のちに無縁仏となったさな子の身元引受人となる)をはじめ数多くの患者を紹介するなど、龍馬の縁者には何かと面倒をみている。

伝記[編集]

  • 『南の海自由旗揚』牧岡安次郎編、摂海社、1880年
  • 『板垣退助君功名伝』上田仙吉編、1882年
  • 『自由党総理板垣退助君遭難記実 第1報』細野省吾編、1882年
  • 『板垣君遭難実記』矢野龍渓著、1891年
  • 『板垣退助君伝 第1巻』栗原亮一、宇田友猪著、自由新聞社、1893年
  • 『無形伯』児島稔
  • 『勤王 即憲政の板垣退助』尾佐竹猛
  • 『史伝板垣退助』絲屋寿雄著、清水書店、1974年
  • 『板垣退助君伝記』宇田友猪著、公文豪校訂、全4巻:明治百年史叢書 原書房、2009年
  • 『板垣退助 自由民権の夢と敗北』榛葉英治著、新潮社、1988年
  • 『板垣退助 自由民権指導者の実像』中元崇智著、中公新書、2020年

特集番組[編集]

関連作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 退助が神田村に蟄居中、樵(きこり)や農夫たちと身分の隔てなく親しく交わり、それが後年、庶民の立場に立った自由民権運動に目覚めるきっかけとなったことや、免奉行(税務官)時代に農夫たちが、退助に平伏して話をするのを見て、万民が上下のへだたりなく文句を言ったり、議論したりするぐらいがちょうど良い。私にも遠慮なく文句があれば申し出てくださいと語った話など、下士や農民たちに対しても寛大であった(当時としては変人とみられることもあった)逸話は豊富である。そえがゆえに退助が自由民権運動に没頭し全国を遊説していた頃には庶民派として大衆の人気を博した。[8]
  2. ^ 『江戸幕臣人名事典(多聞櫓文庫目録明細短冊の部)』に「御書院番・深尾政五郎。本国近江。生国武蔵。 分限高 三百俵(内百俵御足高)。養祖父深尾與兵衛死、新御番相勤申候。養父 深尾善十郎 御納戸頭。実祖父松波平三郎死 新御番相勤申候。実父 松波平兵衛 小普請。養子総領・深尾政五郎。(申歳三十五)萬延元庚申年五月十四日、従部屋住両御番之内御番入御書院番江入」とあり。『柳営補任』によると旗本・深尾善十郎の養子総領。実父は松波平兵衛。
  3. ^ 当時、岐阜県御嵩(みたけ)警察署御用掛であった岡本都與吉が、3月26日から4月8日までの板垣一行の動静をまとめて4月10日に御嵩警察署長に提出した「探偵上申書」に記載されている。また岐阜県警部長の川俣正名が岐阜県令に対して提出した供覧文書には、板垣が刺客に対して、自分が死ぬことがあったとしても「自由は永世不滅ナルベキ」と笑った、と記録されている。[43]
  4. ^ 板垣家の家督は孫の守正が相続した。

出典[編集]

  1. ^ a b 『明治憲政経済史論』国家学会編、大正8年(1919年)4月15日、序文より
  2. ^ 『立国の大本』板垣退助著、第三章・君民二致なし「元來、世の聵々者流(知ったかぶり)は、君主々義といひ、民本主義といふが如く、各其一方に偏し、始めより兩者を相對立せしめて議論を立つるが故に、理論上兩者相敵對するが如き形を生じ、其爭の結果、社會の秩序を紊亂するに至る也。抑も予(板垣退助)の見る所を以てすれば、君主人民とは決して相分つべきものにあらず。何となれば君主といひ人民といふも、決して單獨に存在するものにあらずして、人民ありての君主、君主ありての人民なるを以て也。則ち既に君主といふうちには、人民の意志の綜合、換言すれば輿論の結晶體といふ意味が含まれ、人民といふうちには又た之を統治して其秩序を維持する所の、最高權を執る者の存在すといふ意味が含まる。是故に民無くして君在るの理無く、人民無きの君主は一個の空名たるに過ぎず。(中略)專制君主と雖も其理想は實に人民を撫育し、其安寧幸福を求むるに在り。是故に君主と人民とは二にあらずして一也。決して始めより相敵對すべき性質のものにあらず。兩者は始めより其目的を同うし、利害を齊うせるものにして、恰も唇齒輔車の關係に在り。(中略)君主々義の神髓は卽ち取りも直さず民本主義の神髓たる也。(中略)君主々義といひ若くは民本主義と稱して、互に相爭ふが如きは、抑も誤れるの甚だしきものにして、君民は同一の目的を以て相契合融和し、共同して經綸を行ふべきものたることを知るに難からざるべし。而かも特に我邦の體制に於ては、君民の關係は恰かも親子の關係の如く、先天的に既に定まり(中略)我邦に於ては建國の始めより、君民一體にして、君意と民心は契合して相離れず。之が爲めに我邦に在ては毫も禪讓若くは選擧の形式を躡むの必要無く、人民の總意、輿論は直ちに君主によりて象徴せられ民意は卽ち君意、君意は卽ち民意にして君民は一にして決して二致無き也」より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『板垣精神 -明治維新百五十年・板垣退助先生薨去百回忌記念-』”. 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2020年9月5日閲覧。
  4. ^ 坂野潤治田原総一朗『大日本帝国の民主主義』小学館,2006年,190頁
  5. ^ 『明治維新百年・板垣退助先生薨去五十年祭趣意書』より。
  6. ^ a b 板垣退助の婿の伯父と、武市瑞山の叔母の娘が婚姻
  7. ^ a b 高知歴史散歩『武田信玄と板垣退助(2)』広谷喜十郎著。-高知市広報「あかるいまち」2007年2月号より-
  8. ^ a b c d e f g h 『板垣退助君伝 第1巻』栗原亮一、宇田友猪著、自由新聞社1893年
  9. ^ a b c d e f g h i 『御侍中先祖書系圖牒』旧山内侯爵家
  10. ^ (板垣自身の言葉で)「吉田(東洋)の関係は一切ございませぬ」と回想している。(『維新前後経歴談』
  11. ^ 『土佐維新史料』書簡篇3
  12. ^ 『板垣退助 -板垣死すとも自由は死せず-』高知市立自由民権記念館、1994年
  13. ^ 文久2年6月6日付片岡健吉宛板垣退助書簡(国立国会図書館蔵)
  14. ^ 薩摩藩士・大山綱良は日記に「文久2年4月16日、長州永井雅楽ト申仁、専ら奸計ニ而候得共、周旋致候由、岩倉殿弥御正論相立候事、長州公(毛利慶親)早々御下京相成候旨、先達而被仰出候事」(『大山綱良日記』)とあるように、長井雅楽の『航海遠略策』を「奸計」と考える意見が多かった。
  15. ^ 『寺村左膳道成日記(1)』文久2年(1862)10月17日條
  16. ^ 『板垣退助』中元崇智著
  17. ^ 中岡慎太郎が乾退助に「…貴所は役を罷められた様子であるが、私など何分、君敵のやうに言はれて用ゐられぬ。甚だ困つて居るが、一つ此処で御意見を伺ひたいが、どうでございませう」と問えば「中岡君、今日は私の言が行はれやうかと思ふ。といふのは、私が役を罷めたからといふて、貴所が訪ねて来られたといふことは、始めて私に信用を置かれた様に思ふ。一つ貴所にお尋ねせにやならぬが、貴所は私を京都で殺す積りであつたらう」と退助が云ふので、中岡は慌てて「イエさう云ふことはござりませぬ」と返したが、退助は「それはどうも怪しからぬ。中岡君に似合わぬ女々しい話であつて、大丈夫の事を談ずる。時として殺さうと思ひ、又、共にしやうと思ふ、何の遠慮が要る訳はない。どうも中岡君に似合はぬ。僕は余程失望した」と語つた。中岡は観念して「これはどうも心外のことで、如何にも其の通、殺す積りでございました」と語つた。すると退助は喜んで「さう言つて呉れてこそ後の話が出来る。さうであつたらう。しかしながらどうも貴所などの遣り方といふものは実に甚だしい(極端である)。大坂では誰々を殺し、又、容堂公の酒の伽(とぎ)に出た者を斬るの、腐つたやうな首を持つて来て脅かすのといふことは、何といふことだ(池内大学らが殺され耳を切られて晒された事件を指す)」、「それは実に悪うございました。どうぞ是から共にやつて下さい」、「宜しい。私も國に盡す上に於て、役を罷められたからからどう、役に就いたからどう、と云ふやうなことはない。素より共に遣らう」と意気投合し、互いに将来の討幕を約した。『維新前夜経歴談』(所収『維新史料編纂会講演速記録(1)』127頁)
  18. ^ NPO法人『板垣会会報』第1号
  19. ^ 土佐藩の軍事職の一つ
  20. ^ 『武市瑞山関係文書(1)』
  21. ^ 『迅衝隊出陣展』39頁
  22. ^ 「石川清之助」は中岡慎太郎の変名。
  23. ^ 西郷隆盛のこと。
  24. ^ a b c d 『維新前後経歴談』
  25. ^ 『中岡慎太郎先生』尾崎卓爾
  26. ^ a b 『土佐維新史料』書翰篇(1)
  27. ^ a b c d 『明治功臣録』明治功臣録刊行會編輯局、大正4年(1915年)
  28. ^ 句読点を追加し、読みにくい箇所は、原文より一部を平仮名に改めた。
  29. ^ 『板垣退助君伝記』宇田友猪著、明治百年史叢書、原書房2009年
  30. ^ 『板垣退助君戊辰戦略』一般社団法人板垣退助先生顕彰会再編復刻
  31. ^ a b c d 『板垣退助君戊辰戦略』上田仙吉編、明治15年刊(一般社団法人板垣退助先生顕彰会再編復刻)
  32. ^ a b c d e f g h i j 『板垣退助愛蔵品展』(2011年10月26日-12月18日)型録、高知市立自由民権記念館
  33. ^ a b 土佐藩兵2個小隊:小笠原謙吉(迅衝隊三番隊)、谷重喜(迅衝隊四番隊)、北村重頼(迅衝隊砲兵隊)(7門)鳥取藩兵6個小隊:佐分利九允銃士隊、天野祐次隊、藤田束隊、宮脇縫殿隊、建部半之丞隊、山国隊(丹波農民有志による義勇兵)、佐分利鉄次郎砲兵隊(2門)、高島藩半小隊(伍長岩本順吉郎指揮)
  34. ^ 天然理心流の門人・佐藤彦五郎らを中心とした部隊。
  35. ^ 『無形板垣退助』平尾道雄
  36. ^ 『迅衝隊 出陣展』中岡慎太郎記念館
  37. ^ a b 伯、凱旋の兵に諭戒す。「戊辰之役、會津陷(お)ちて庄内またその兵を解けり。伯、朝議より凱旋の令を拜し、十月四日、愈々歸還の時に臨て全軍に諭戒して曰く「不肖、退助、推(お)されて一軍の將となり、當初、剣を仗(たづさへ)て諸君と共に故郷を出づるの時、生きて再び還る念慮は毫(すこし)も無かりし。屍(しかばね)を馬革に裹(つゝ)み、骨を原野に曝(さら)すは固(もと)より覺悟の上の事なり。想はせり今日征討の功を了(を)へ、凱旋の機會に接せんとは。これ何等の幸(しあはせ)ぞや。獨(ひと)つ悲(かなし)みに堪(た)へざるは、吾等、戰友同志は露(つゆ)に臥(ふ)し、雨(あめ)に餐(まか)するの餘(あまり)、竟(つひ)に一死大節に殉じ、永(なが)く英魂(えいこん)を此土(こゝ)に留むるに至り、眸(ま)の當(あた)り賊徒平定の快を見て之(これ)を禁闕(きんけつ)に復奏(ふくそう)する事(こと)能(あた)はざるの一事なり。而(しか)して我等、此の戰死者を置き去りにすと思はゞ、低徊(あてなき)躊躇(さまよひ)の情(こゝろ)に堪(た)へざるものあり。それを何事(なにごと)ぞや諸君らの中に刻(とき)を競(きそ)ふて南(みなみ)に歸(き)さんと冀(こひねが)ふは。抑(そもそ)も此の殉國諸士の墓標(おくつき)に對(たひ)し心(こゝろ)に恥(は)づ處なき乎(や)」と。而(しか)して軍を二面に割て若松を發し二本松へ向ふに當(あた)り諸隊に令しむるに曰く、「今時(いま)、凱旋奏功の時に臨み、敢(あへ)て惰心を起して王師(にしきのみはた)を汚す者あらば、忽(たちまち)にして軍法を以て處す。然(さ)れば全軍謹んで之(これ)を戒(いまし)めよ」と。依て九日、二本松を過ぐるに臨(のぞ)みては猶(なほ)一層手厚くして毫釐の過(あやま)ちも莫(なか)らしめたり」(『板垣精神』より)
  38. ^ 「戊辰戦争と廃藩置県」『岩波講座日本歴史 第15巻 近現代1』.
  39. ^ 明治2年(1869年)6月|薩長土肥の4藩主が版籍奉還を願い出る:日本のあゆみ”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2018年2月1日閲覧。
  40. ^ 『立国の大本』板垣退助著(現代語訳版)より
  41. ^ 中村定吉 編、「廢藩置縣ノ詔」『明治詔勅輯』、p18、1893年、中村定吉。[1]
  42. ^ 高松宮家『幟仁親王行実』1933年、184頁、NDLJP:1212495/158
  43. ^ 知っていましたか? 近代日本のこんな歴史|板垣退助暗殺未遂事件〜「板垣死すとも自由は死せず」〜
  44. ^ 『日本の有名一族』小谷野敦、幻冬舎新書、2007
  45. ^ 所収『明治憲政経済史論』国家学会編、東京帝国大学、238頁
  46. ^ 原文「大野宰次郎氏が馳せ来たつてただちに板垣君にひしと抱きつき、「嗚呼残念なるかな」と一声叫びて落涙雨の如く右の袖を(板垣)君の身体より滴る血潮にひたして泣きしたうさま、熱心哀情が面に溢れて殆ど名状すべからざる有様なり。板垣君はこの哀声を聞かるゝに頭を廻らして静かに曰く「嘆き玉ふな板垣は死すとも自由は亡びませぬぞ」と。嗚呼、この一言は我々自由家の記念として、以て後世に傳ふべきものなり」(『大阪朝日新聞』明治15年(1882年)4月11日号)
  47. ^ 原文「尚褧、再び突かんとして君(板垣)と共に倒れしが、君はとくはね起きて、兇徒を睨みつけ『板垣は死すとも自由の精神は決して死せざるぞ』と言はるゝ言葉の果てざるに、またもや面部へ切り掛りたり」(『有喜世新聞』明治15年(1882年)4月11日
  48. ^ 板垣退助暗殺未遂事件 ~「板垣死すとも自由は死せず」~ アジア資料歴史センター
  49. ^ 原文「君神色自若、毫も平生に異ならず、顧みて諸氏を労りかつ謂て曰く「たとい退助は死すとも自由は死せず。誰がわが党を指して「過激なり」といふ。彼、かえつてこの過激のことを成す」と」(『板垣君岐阜遭難記録』岩田徳義著、明治26年(1893年)
  50. ^ 『板垣退助』中元崇智著、中公新書、2020年、95頁より
  51. ^ 『ハーバート・スペンサー コレクション』p.445
  52. ^ a b c 『自由党史』
  53. ^ 高知市立自由民権記念館寄託
  54. ^ ルイ・ヴィトン、板垣退助もご愛用 ひ孫、トランク寄託”. 朝日新聞 (2011年9月17日). 2011年9月17日閲覧。[リンク切れ]
  55. ^ 顧客名簿によると、日本人最古のルイ・ヴィトン購入者は1878年鮫島尚信(在仏特命全権公使)、中野健明(一等書記官)であるが、いづれも現存せず。
  56. ^ a b c 『自由黨史』
  57. ^ 『自叙伝』竹内綱
  58. ^ 『明治文化全集(22)』、429頁
  59. ^ 華族となった板垣は衆議院議員の被選挙権を喪失した為、衆議院議員となることはなく、また貴族院でも伯爵議員の互選にも勅選議員の任命も辞退したため、帝国議会に議席を持つことはなかった。
  60. ^ a b c d 「是れより先き、板垣伯の事を以て出京せられ芝愛宕町の寓居に住せり。依て君(相原)は河野廣中、八木原繁祉両氏の紹介を得て、同(5月)11日伯に面謁せられぬ。其坐に列なりしものは、只八木原氏一人のみ。其時伯は君(相原)に向て「今回、恙なく出獄せられ、退助に於ても恐悦に存じ参らす」との挨拶をしませり。君(相原)一拝して「(明治)15年の事は、今日、更に何とも申す必要なし。只、其後生な爲めに幾度も特赦のことなど御心にかけられたる御厚意の段は幾重にも感謝し参らする」旨を述べられたり。其れより君(相原)は罪人となりて後ち、岐阜にて寫されたる寫眞一葉を取出し「是れ御覧候へ、此れこそ小生が伯を怨み参らせたる後、岐阜にて寫したる撮影にて候よ」と伯の前に差出されたれば、伯は「左様なるか。其時よりは如何にも今は年、老られて見ゆ。退助が知人にて北海道(の監獄)に行きたる者は誰も意外に年老て帰らるゝ事よ。久しき間の御苦労を察し参らする」と云はれたり。君(相原)は又一葉の寫眞を出し是は此頃特赦の後に寫したるものなるが、永き記念の徴までに呈し参らせたし。伯にも御持合せも候はゞ、其思召にも一葉賜はらずや」と申されば、伯は「如何にも予も一葉進じたけれども、兼て寫眞をとらする事の少なくして此處には、一葉だも持合さず。國許にはありたりと覺ゆれば、歸郷の上は必ず贈り参らすべし。都合によりては此地にて寫させ進ずべければ必ず待せ玉へ」と申され重ねて「又退助は今も昔も相異らず常に國家を以て念と成し、自ら國家の忠臣ぞと信じ居りしに、當時、足下は退助を以て社會の公敵と見做し刃を退助が腹に差挾まれたるに、今は相互無事に出會すること人事の變遷も亦奇ならずや」と。古より刺客の事は歴史上に屡々見ゆれども一旦手を下して刃を振ひたる其人と刃を受けたる其人が舊時の事を忘れて再び一堂の上に相會し手を把て談笑するなど、足下と退助との如きは千古多く其比ひを見ず。今日の會話は史家が筆して其中に入るゝとも更に差支へなきことよ。併しながら若(も)し此後退助が行事にして如何にも國家に不忠なりと思はるゝことあらば其時こう斬らるゝとも刺さるゝとも思ふが儘に振舞ひめされよ」と改めて申されたり。此時、八木原氏にも亦言葉をはさみて「小生も當時、岐阜の事ありし報を得しときは相原なる者こそ悪き奴なれと思ひしに、今日、其人をば小生が紹介して伯に見えしむること、小生に取りても亦榮あることなり」と云はれぬ。引續き種々の話ありたりしが、君(相原)がもはや暇玉はるべしといはれしとき、伯は起ちて「北地極寒、邊土惨烈(たれど)國の爲めに自愛めされよ。退助は足下(きみ)の福運を祈り奉る」と申されたりと。嗚呼、積年の舊怨一朝にして氷解せり。英雄胸中の磊落なる實に斯くこそあるべけれ(『獄裡の夢 : 一名、相原尚褧君実伝』池田豊志智編、金港堂、明治22年(1889年)7月より)
  61. ^ 『板垣退助君伝記』第4巻、宇田友猪著、明治百年史叢書、原書房、2009年
  62. ^ a b 『元勲板垣退助伯爵傳』より。
  63. ^ 相原曰く「恐(おそれ)入恥入り申し候。僕(あ)は大人(たいじん)の器(うつわ)たらず、殊更に天下(くに)を語るに足りず。淺學無才の徒ならば、先づ邊鄙(かたいなか)に往(ゆ)きて蟄居(ひきこも)り身を修めんと欲す」と。伯は「予かつて土佐の城下(まちなか)より放逐されたる時、神田と云ふ郷(さと)に在りて民庶(みんしよ)に交り身を修(をさ)めんこと有之(これあり)。君は如何(いか)にせむとすや」と訊くに、相原は「僕(あ)は、先づは無心に土壤(つち)を耕して日の光を感じ、雨の音を聞き、矩(のり)を越へず人(ひと)の爲(ため)、皇國(すめらみくに)の御爲(おんため)に陰乍(かげなが)ら奉公せんと欲す。之(これ)が僕(あ)の贖罪ならんか。願はくば人知らぬ遠き北海道に身を移し、開拓の業(わざ)を以て働かんと欲す」と。(『元勲板垣退助伯爵傳』)
  64. ^ 『千賀覚書』
  65. ^ 『板垣退助君傳記』
  66. ^ a b 『板垣が大江卓と話せる言葉』(所収『板垣精神』)より。
  67. ^ 『官報』第2350号、大正9年6月3日
  68. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。
  69. ^ 『官報』第2989号「叙任及辞令」1893年6月17日。
  70. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  71. ^ a b 『官報』第2085号「叙任及辞令」1919年7月17日。
  72. ^ 『官報』第3978号「叙任及辞令」1896年9月30日。
  73. ^ 明治43年(1910年)8月29日施行された『日韓併合条約』を記念し征韓論における功労者として、明治45年(1912年)に制定された『韓国併合記念章制定ノ件』により大正元年(1912年)8月1日賜る
  74. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  75. ^ a b 石井代蔵『土俵の修羅』時事通信社「友綱再興に燃えた喧嘩玉錦」
  76. ^ 『佐藤一斎と其の門人』第九章
  77. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』十一章
  78. ^ 風間健「武士道教育総論」(壮神社)
  79. ^ 『明治憲政経済史論』国家学会編、東京帝国大学、大正8年(1919年)4月15日、239頁
  80. ^ 板垣退助が薨去したとき、大正天皇が御下賜あらせられた誄詞(るいし)による。原文は「軍(いくさ)ニ東征(とうせい)ニ從(したが)ヒ謀(はかりごと)ニ戎幕(じゆうばく)ニ參(さん)シ大政(たいせい)ノ維新(ゐしん)ニ際會(さいくわい)シテ立憲(りつけん)ノ鴻謨(こうぼ)ニ賛襄(さんじやう)シ運籌(うんちゆう)機(き)ニ合(がふ)シ獻猷(けんいう)時(とき)ニ應(おう)ズ精誠(せいせい)公(こう)ニ奉(ほう)シ出處(しゆつしよ)渝(かは)ルコト無(な)シ奄長(えむちやう)逝(ゆく)ヲ聞(き)ク曷(なん)ゾ軫痛(しんつう)ニ勝(た)ヘム茲(ここ)ニ侍臣(じしん)ヲ遣(つか)ハシ賻(ふ)ヲ齎(もた)ラシテ以(もつ)テ弔(てう)セシム。御名御璽(ぎよめいぎよじ)。大正八年七月十八日」(『板垣精神』一般社団法人板垣退助先生顕彰会編、冒頭より)
  81. ^ 戊辰戦争で失脚した人は多いが、これによって名声を表したのは板垣退助が随一である。ここで言う「死」は字義通りの「戦死」者の事ばかりでは無く、この戦争によって地位を失い、失脚した人をも含む暗喩的な義と解されている。(『板垣精神』2019年)註より
  82. ^ a b 『勤王 即憲政の板垣退助』尾佐竹猛
  83. ^ a b c d e f 『板垣退助先生銅像供出録』財團法人板垣會編纂
  84. ^ 『板垣君兇変・岐阜の夜嵐』岩田寛和著、1882年(明治15年)
  85. ^ 『舊各社事蹟』島崎猪十馬
  86. ^ 『寺村左膳道成日記(1)』
  87. ^ 山内容堂宛書簡(文久元年3月29日付)『吉田東洋遺稿』より。
  88. ^ 後藤象二郎宛書簡(万延元年10月10日付)『伯爵後藤象二郎』より。
  89. ^ 昭和天皇、昭和52年(1977年)8月23日の会見
  90. ^ 『昭和天皇発言録―大正9年~昭和64年の真実』高橋紘編、小学館、1989年、241頁
  91. ^ 『人物畫傳』有楽社、明治40年7月20日
  92. ^ a b 『板垣先生記念事業復興計画趣意書』財団法人板垣会、昭和29年(1958年)
  93. ^ オスカー・アルフレッド・アクセルソン米軍大佐(Oscar Alfred Axelson Commanding Officer)1893年11月12日、グスタフ・E・アクセルソン(1859-1917)の子として米国ミネソタ州ラムジー郡セントポールに生まれる。母はオーガスタ・マチルダ・ピーターソン・アクセルソン(1866-1950)。1918年6月、米陸軍士官学校を卒業。1919年、ニューヨーク州ブルックリンで、ノーマクララ・ローザ・アクセルソン(1899-19991)と結婚。大東亜戦争に従軍。進駐軍として来高し高知民事部長を務めた。当時は中佐。退役時は大佐1979年9月26日、米国カリフォルニア州モントレー郡フォートオードにて死去。85歳。墓は米陸軍士官学校墓地(West Point, Orange County, New York, USA)にあり、後嗣はルドルフ・アルフレッド・アクセルソン(Rudolph Alfred Axelson, 1920-1984)である。ルドルフの墓はアーリントン国立墓地にある。(『THE HALL OF VALOR』より)
  94. ^ アクセルソン中佐は、高知民事部長を務め1946年12月21日に起きた南海大震災に際しては「高知縣民諸君へ」と題して、次の様に述べている「高知縣民が、昭和二十一年十二月二十一日の南海大震災の恐るべき惨禍に、打ち勝つのに示した努力と精神とは賞讃に値する。この災害はかつて本縣を襲つたもののうちで、最も激しいものであつたであろう。そして、たとえ、それによつて縣民が將來に對する希望を失い、意氣阻喪し落膽したとて、誰も不思議だとは思わなかつたであろう。しかし實際は、かゝることは起らなかつた。震災の廃墟からは、新しい建物、道路、その他公共の進歩改良が始まり、それらはすべて高知をもつと住みよい所にするに役立っであろう。高知民事部は、この再建の過程を深い關心と、賞讃の念を以て見まもつて來た。我々は我々自身の目で廃墟から新らしい復興がなされて行くのを見た。かゝる偉大な結果は唯、先見の明ある指導者達ご、縣民の元氣な協力との賜物に外ならない。全縣のこの再建は、縣民の明るい樂天的な氣質を表わしており、又その氣質はすべての人々と共に働く事を幸福に思い、又將來の成功を心から祈るものである。高知民事部長 アクセルソン中佐」(『南海大震災誌』より)
  95. ^ 高知市内にあった板垣の旧宅が移築保存されていたが、1945年7月4日の高知大空襲の結果、高知市内大半を焼失し、板垣の旧宅も被災者の収容住宅に転用され、見るも無残に傷んでしまった。戦後、進駐軍のアクセルソン(Axelsson)中佐が市内視察に訪れた際、板垣会館を空襲で焼いてしまったことに加え、板垣旧宅の惨状を見て「板垣退助氏は、アメリカリンカーンにも匹敵する大政治家である。わが国(米国)の人は、何という事をしてしまったのか……」と深く反省を述べた。(『板垣精神』より)
  96. ^ 昭和18年(1943年)9月2日、高知城公園・板垣退助先生銅像供出の壮行の辞にて
  97. ^ 『伊藤痴遊全集 第7巻』
  98. ^ 「(有馬藤太が)西郷先生に『今の時に於て、二十万の兵を授けて海外に派遣し、能く国威を発揚し得る者は誰ですか』と尋ねた所、先生は即座に『それは板垣じゃ』と答えられた」(『維新史の片鱗』有馬藤太著、1921年)
  99. ^ たとえば海音寺「敬天愛人西郷隆盛」学研M文庫、4巻、P103~104
  100. ^ 『清廉潔白にして信念の人』板垣晶子著、1984年(昭和59年)より。
  101. ^ 『日本人の百年(4)-自由民権運動-』世界文化社
  102. ^ 『東京府立一中(旧制中学校五年制・現 都立日比谷高校)昭和十四年入学同期会・傘壽記念号』
  103. ^ 『明治政府を担った人々(3)板垣退助』小西四郎著(所収『明治政府 -その政権を担った人々-』大久保利謙編、新人物往来社、1971年
  104. ^ 『英雄たちの選択・板垣退助“自由民権”の光と影』NHKBSプレミアム、2020年10月7日放送
  105. ^ 『生きている歴史』P177
  106. ^ 原田助が日記に記した新島襄の講話による
  107. ^ 『新島襄の福島伝道 : 会津若松教会の設立を巡って』山下智子、同志社大学同志社社史資料センター、2017-02-28
  108. ^ 『咢堂漫談』
  109. ^ 『坂本中岡暗殺事件』谷干城著、1906年
  110. ^ 『生きている歴史』P179
  111. ^ 郷土史家・乾常美との対談より。
  112. ^ a b 『英信流居合と板垣伯』岡林九敏著(所収『土佐史談』第15号)
  113. ^ 『無雙直傳英信流居合に就いて』中西岩樹著、土佐史談、1933年(昭和8年)による。
  114. ^ 『板垣退助伯爵彰徳会設立趣意書』より
  115. ^ 清水勲編『近代日本漫画百選』(岩波書店(岩波文庫)、1997年)、p.81,92。
  116. ^ 『杉山茂丸伝』、野田美鴻著、島津書房、1992年
  117. ^ 市島謙吉「随筆春城六種」
  118. ^ 『神と人道』板垣退助著
  119. ^ 板垣退助の壮年期の古写真 初公開。後藤象二郎、乾正厚と共に撮影
  120. ^ 高知市出身の政治家自由民権運動の指導者・板垣退助(1837年-1919年)の30歳代半ば頃の姿を撮影した写真が見つかり、高知市立自由民権記念館が、平成24年(2012年)7月13日、その画像を報道陣に公開した。大阪府池田市に居住する板垣退助の曾孫が保管していたもので公開は初めて。高知近代史研究会の公文豪会長(63歳)によると、写真は明治2年(1869年)1月頃に撮影されたとみられ、板垣退助の壮年期の古写真としては「大変貴重」という。写真では中央に板垣退助、向かって右側に後藤象二郎、左側に退助の次男・正士を養子に迎えた乾正厚が写っている。退助以外はいずれも髷を結っている姿。(画像)30歳代半ば頃の板垣退助(中央)の写真を手に記者会見する高知近代史研究会・公文豪会長=平成24年(2012年)7月13日午後、高知市立自由民権記念館にて。平成24年(2012年)8月1日から、同館で開催する「新出史料展」で一般公開する」(『千葉日報』平成24年(2012年)7月13日号)

参考文献[編集]

  • 『板垣退助君演舌』前野茂久次編、1883年
  • 『東洋自由泰斗板垣退助君高談集 上編』斉藤和助編、共立支社、1885年
  • 『板垣君遭難実記』矢野龍渓著、1891年
  • 『復古記』東京帝国大学、1930年
  • 『板垣退助 -板垣死すとも自由は死せず-』高知市立自由民権記念館、1994年
  • 『迅衝隊出陣展』中岡慎太郎館編、2003年
  • 板垣精神』一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 編纂、2019年、ISBN 978-4-86522-183-1 C0023

関連項目[編集]

先代:
乾正成
土佐板垣(乾)氏当主
第10代:1860年 - 1919年
次代:
板垣守正
公職
先代:
芳川顕正
芳川顕正
日本の旗 内務大臣
第10代:1896年4月14日 - 同9月20日
第13代:1898年6月30日 - 同11月8日
次代:
樺山資紀
西郷従道
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
板垣家初代
1887年 - 1919年
次代:
(栄典喪失)