板垣鷹穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

板垣 鷹穂(いたがき たかお/たかほ、1894年10月15日 - 1966年7月3日)は、美術評論家。西洋美術史の研究者として、その業績を著作に残す。また、明治以降から同11年代までの日本近代建築についての論評をはじめ、映画、写真など新たな美術領成をメディア論として論じた草分け的存在でもあった。

モダニズム研究で文芸、美術、建築、文学にまで射程は広い。終戦後に早稲田大学文学部教授となり、最晩年まで教鞭を取った。ほか明治大学教授、東京写真大学教授を歴任した。

東京神田生まれ。文芸評論家の平山直子(板垣直子)と結婚。

1915(大正4)年、第一高等学校第二部退学後、東京帝国大学文科大学哲学科の選科生として西洋美術史を学ぶ。1921(大正10)年、東京美術学校非常勤講師。西洋美術史を1930年まで担当。

1924(大正l3)年、文部省在外研究員として1年間ヨーロッパに滞在。1925(大正l4)年、東京女子大学、法政大学文学部非常勤講師。

1929年『新興芸術』を創刊。また帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)創立に参加、学科担当教員になる(1945まで、戦後は1949-64)。1931(昭和6)年、民衆娯楽調査委員会委員(文部省嘱託1939まで)

1933年、明治大学文芸科教授[1]

1939(昭和14)年、演劇、映画、音楽等改善委員会映画部会主任(1941まで)。 1940(昭和15)年、鉄道省嘱託(1943まで)。 1941(昭和16)年、国民映画制作審査委員会委員(情報局)。 1947(昭和22)年、東京都都市芙審議会委員。 1948(昭和23)年、金沢美術工芸専門学校教授。 1954(昭和29)年、東京大学文学部美学・美術史学科非常勤講師。 1957(昭和32)年、早稲田大学文学部非常勤講師(1959教授、1965退職)。 1965(昭和40)年、東京写真大学教授(没年まで)。

著書[編集]

  • 西洋美術史概説 岩波書店 1922
  • 新カント派の歴史哲学 改造社 1922
  • 西洋美術主潮 岩波書店 1923
  • 西洋美術史要 岩波書店 1924
  • 表現と背景 改造社 1924
  • イタリアの寺 批評と紀行、美術史論 大鐙閣 1926
  • 民族的色彩を主とする近代美術史潮論 大鐙閣 1927
  • 機械と芸術との交流 岩波書店 1929
  • 国民文化繁栄期の欧洲画界 芸文書院 1929
  • フランスの近代画 岩波書店 1929
  • 新しき芸術の獲得 天人社 1930
  • 優秀船の芸術社会学的分析 天人社 1930
  • 伊太利亜美術史 春秋社 1930
  • 美術史の根本問題 天人社 1930
  • 建築の様式的構成 刀江書院 1931
  • 芸術界の基調と時潮 六文館 1932
  • 芸術閑考 六文館 1932
  • 建築様式論叢 堀口捨己共著 六文館 1932
  • 観想の玩具 大畑書店 1933
  • 現代日本の芸術 信正社 1937
  • ミケランジェロ 新潮社 1940 新伝記叢書
  • 建築 育生社弘道閣 1942
  • 古典精神と造形文化 今日の問題社 1942
  • レオナルド・ダ・ヴインチの創造的精神 六興商会出版部 1942
  • 造形文化と現代 育生社弘道閣 1942
  • 民族と造営 六興商会出版部 1943
  • 芸術観想 青葉書房 1943
  • 写実 今日の問題社 1943
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 新潮社, 1943 新伝記叢書
  • 建築国策と史的類型 六興出版部 1944
  • 肖像の世界 六和商事出版部 1947
  • 芸術概論 理想社 1948
  • 映画の世界像 理想社 1949
  • 肉体と精神 芸術への思索 雲井書店 1951
  • 寺田寅彦 有信堂 1962

翻訳[編集]

  • 現代の美術 シユミツト 岩波書店 1924

参考文献[編集]

  • 「対談-建築美を探る八章、村野藤吾、板垣鷹穂」『国際建築』1955年4月号
  • 「板坦鷹穂先生追悼」『武蔵野美術』59 1966年10月号
  • 佐藤武夫「板坦鷹穂さん」『火燈窓』相模書房、1969
  • 藤岡洋保・三村村太郎「〈建染評論家〉板垣鷹穂の建築観」『学会論文報告集・計画」 394 1988.12月
  • 藤岡洋保『(近代日本、建築家の足跡 板坦鷹穂」『建築文化』1990年1月号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五十殿利治「機械美論とヨーヨー」『思想』1000号、2007年による。ただし、同文で五十殿は明治大学での教授としての活動は、1935年以降不明であるとしている。