板山祐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
板山 祐太郎
阪神タイガース #63
板山祐太郎選手.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市都筑区
生年月日 (1994-03-27) 1994年3月27日(26歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手二塁手三塁手遊撃手一塁手
プロ入り 2015年 ドラフト6位
初出場 2016年4月22日
年俸 850万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

板山 祐太郎(いたやま ゆうたろう、1994年3月27日 - )は、阪神タイガースに所属する神奈川県横浜市都筑区出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年生から野球をスタート。当初のポジションは三塁手だった。中学生時代に中本牧シニアへ所属した後に、成立学園高校へ進学。1年夏から二塁手でレギュラー[2]に定着したが、春夏とも甲子園球場の全国大会へ出場できなかった。

亜細亜大学への進学後は、2年秋から外野手に転向すると、3年春からレギュラーに定着。4年生の時には、東都大学1部の春季リーグ戦で打率.364を記録すると、秋季リーグ戦ではレギュラーとしてチームの優勝に貢献した[3]。リーグ戦では通算65試合に出場。打率.287、5本塁打、20打点という成績を残すとともに、外野手部門でベストナインに3度選ばれている。

2015年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから6巡目で指名。契約金3,000万円、年俸720万円(金額は推定)という条件で入団した[2]。背番号は63[4]

ドラフト指名の直後には、亜細亜大学の選手として第46回明治神宮野球大会に出場。立命館大学との準々決勝では、桜井俊貴からの内野安打で先制点に繋げた[5]ことをきっかけに、チームを勝利に導いた。早稲田大学との決勝では、無安打に終わったものの、得点に繋がる犠打でチームの優勝に貢献した[6]

プロ入り後[編集]

2016年には、春季キャンプを二軍(安芸)で過ごした[7]後に一軍へ合流する[8]と、オープン戦にも出場した。レギュラーシーズンの開幕を二軍で迎えたものの、4月22日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)6回表に代打で一軍公式戦にデビュー。5月1日の対横浜DeNAベイスターズ戦(甲子園)に「1番・左翼手」としてスタメンに起用されると、3回裏の打席で適時二塁打を放って一軍公式戦初安打・初打点を記録した[9]5日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、福留孝介の「積極的休養」に伴って「5番・右翼手」としてスタメンに起用。阪神の新人選手が一軍公式戦においてクリーンナップでスタメン出場したのは、1997年今岡誠以来19年振りである[10]7月14日フレッシュオールスターゲーム倉敷マスカットスタジアム)では、ウエスタン・リーグ選抜の「5番・右翼手」としてフル出場。長谷川潤からのソロ本塁打でチーム唯一の得点を記録した[11]末に、優秀選手賞とホームラン賞を受賞した[12]。一軍公式戦では、通算40試合の出場で打率.236、5打点を記録した。

2017年には、ワールド・ベースボール・クラシック本大会開幕直前の3月3日に京セラドーム大阪で催された日本代表との強化試合で適時2点打をマーク[13]。しかし、一軍公式戦への出場はわずか3試合(いずれも代打)で、3打席3三振を喫した。

2018年には、レギュラーシーズンを二軍でスタート。ウエスタン・リーグ公式戦では、この年から二軍監督へ就任した矢野燿大の方針で、開幕から4番打者に抜擢された。実際には94試合に出場。リーグ最多の98安打[14]規定打席到達者としてはチームトップ(リーグ3位)の打率.281、5本塁打、36打点、14盗塁という成績で、二軍の8年振りリーグ優勝に貢献した。また、本職の外野手としての出場が29試合にとどまった一方で、47試合で二塁、16試合で遊撃、13試合で一塁、2試合で三塁を守った[15]。一軍でも、5月12日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、当日の対広島戦(マツダ)に「6番・二塁手」としてスタメンに起用。5回表の第2打席で、一軍公式戦の初本塁打を大瀬良大地から放った[16]。一軍公式戦での本塁打はこの1本にとどまったが、通算20試合の出場で打率.257と3打点をマーク。シーズン終了後に結婚した[17]

2019年には、ウエスタン・リーグ公式戦108試合に出場。前年に続いて規定打席へ到達すると、リーグ9位の打率.240、7位タイの7本塁打、40打点、7盗塁を記録したが、入団後初めて一軍公式戦への出場機会がなかった。このため、シーズン終了後には、埼玉西武ライオンズから海外FA権の行使を宣言していた秋山翔吾(後にMLBシンシナティ・レッズへ入団)の自主トレーニングに参加。自身と同じ左打ちの外野手である秋山の下で、打撃フィームの改造などに取り組んだ[18]

2020年には、春季キャンプから二軍で調整。ウエスタン・リーグの公式戦では、シーズン終盤の10月中旬まで67試合に出場すると、打率.258、3本塁打、23打点を記録していた。同月に入ってから出場5試合で通算打率.500(20打数10安打)と好調なこと[18]を背景に、10月18日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、「2番・二塁手」としてスタメンで一軍公式戦へ2年振りに出場。1回表の第1打席からの2打席連続安打で、チームの勝利に貢献した[17]。もっとも、一軍公式戦全体では5試合の出場(3試合のスタメン起用)で打率.167にとどまったため、シーズン終了後の11月27日に推定年俸800万円(前年から50万円減)という条件で契約を更改[19]

選手としての特徴[編集]

亜細亜大学4年生の時に、チームが「アスリート」(広島市内トレーニングジム)の平岡洋二代表(阪神入団時の一軍監督・金本知憲が現役の外野手時代から師事しているアスレティックトレーナー)とトレーナー契約を結んだことから、平岡の指導で身体能力を大幅に向上[20][21]。阪神入団直後の新人体力測定では、測定対象7項目中4項目でトップの数値を記録した[22]ほか、体幹の強さを測る「トランクローテーション」で1400キログラムを計測した[23]

スイングスピードの速さと身体能力の高さが持ち味の[22]、走攻守にバランスの取れた外野手[24]。大学2年時の春季リーグ戦までは二塁手で、阪神入団後は、外野手の層が厚いチーム事情から、出場機会を得るため二塁や三塁の守備も練習[25]。一軍の公式戦で、二塁手や三塁手としてスタメンに起用されたこともある[26]

人物[編集]

阪神球団では、2015年ドラフト会議の直前まで、指名選手を5人程度にとどめる方向で編成方針を模索[20]。板山が直近の東都大学1部秋季リーグ戦を低い打率で終えたことや、打席で相手投手からの投球のタイミングを待つ間に「ヒッチ」(バットのグリップを上下させる癖)を見せていたこと[27]から、当初は板山の指名を見送る予定だった[28]が、板山の身体能力の高さを平岡から伝えられていた金本は、会議の当日に板山の指名を決断。阪神球団も、当初の方針を変更したうえで、板山の6巡目指名に踏み切った[20]

阪神への入団後は、自身と同じ年齢・右投左打の外野手で、同期入団の髙山俊を意識したコメントを事あるごとに発している。2016年5月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)後に岩貞祐太と揃って自身初のヒーローインタビューに臨んだ際には、阪神ファンに向けた自己アピールを兼ねて、「ルーキーは(ドラフト1巡目指名で開幕から一軍に定着していた)高山だけじゃないので、応援よろしくお願いします」と叫んだ[27][29]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 阪神 40 115 106 9 25 5 1 0 32 5 1 0 2 0 7 0 0 31 0 .236 .283 .302 .585
2017 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2018 20 39 35 1 9 0 0 1 12 3 0 0 0 1 3 0 0 14 4 .257 .308 .343 .651
2020 5 14 12 1 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 2 0 0 3 0 .167 .286 .167 .452
NPB:4年 68 171 156 11 36 5 1 1 46 8 2 0 2 1 12 0 0 51 4 .231 .284 .295 .579
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃 外野




























































2016 阪神 - - 1 0 1 0 0 1.000 - 33 25 2 2 0 .931
2018 1 0 0 0 0 .000 6 12 19 0 4 1.000 - 2 3 4 0 1 1.000 6 3 1 0 0 1.000
通算 1 0 0 0 0 .000 6 12 19 0 4 1.000 1 0 1 0 0 1.000 2 3 4 0 1 1.000 39 28 3 2 0 .934
  • 2019年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 63 (2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2019年12月4日閲覧。
  2. ^ a b 阪神ドラ6板山仮契約、開幕1軍へどこでも守ります 日刊スポーツ 2015年12月6日閲覧
  3. ^ ドラ6板山 金本監督より上!恩人評価 デイリースポーツ 2015年12月6日閲覧
  4. ^ 阪神のドラフト1位・高山は背番号「9」 デイリースポーツ 2015年12月7日閲覧
  5. ^ ドラ6亜大・板山がGドラ1桜井撃ち! デイリースポーツ 2015年12月6日閲覧
  6. ^ 阪神ドラ6板山、有終“大学日本一” デイリースポーツ 2015年12月6日閲覧
  7. ^ 2015年春季一軍キャンプメンバーについて阪神タイガース公式サイト 2016年1月25日閲覧
  8. ^ 福留一足早く打ち上げ、高山&板山は昇格…指揮官「早く見たい」スポーツニッポン(2016年2月26日)同年3月1日閲覧
  9. ^ 阪神板山、プロ初安打初打点「ここからも結果を」日刊スポーツ(2016年5月1日)同月28日閲覧
  10. ^ D6板山、5番に大抜擢!虎新人19年ぶりクリーンアップ「必死です」 サンケイスポーツ 2015年5月6日。
  11. ^ 2016年7月14日(木) 倉敷 【フレッシュオールスターゲーム】ウエスタン・リーグ vs イースタン・リーグ 投打成績日本野球機構(NPB)公式サイト
  12. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016 表彰選手NPB公式サイト
  13. ^ 阪神、板山の適時打で追加点! ドラフト1位ルーキー大山が侍撃ちの二塁打 サンケイスポーツ 2017年3月3日。
  14. ^ 外野守った投手も…阪神板山はユーティリティー勝負 日刊スポーツ 2019年2月5日。
  15. ^ 2018年度 阪神タイガース 個人守備成績(ウエスタン・リーグ)NPB日本野球機構
  16. ^ 【阪神】板山、昇格即先発でプロ初アーチスポーツ報知 2018年5月12日。
  17. ^ a b 阪神板山2年ぶり一軍でマルチ、妻子守る男の自覚日刊スポーツ 2020年10月18日。
  18. ^ a b 阪神板山が今季初一軍 二軍で最近5試合20の10日刊スポーツ 2020年10月16日。
  19. ^ 浜地、荒木、板山ら減額/11月27日阪神の契約更改一覧日刊スポーツ 2020年11月27日。
  20. ^ a b c 雑草からスターへ--。阪神"ドラ6"板山祐太郎の"すべり込み人生" J:COMプロ野球中継公式サイト「二宮清純 プロ野球ガゼット」 2016年5月28日閲覧
  21. ^ 虎D6・板山、藤浪流トレ“盗む”!1学年下から目で見て吸収 サンケイスポーツ 2016年1月16日。
  22. ^ a b 阪神ドラ6板山 ピカ一身体能力!「雲の上の存在」ドラ1高山に対抗心 スポニチアネックス 2015年12月7日閲覧
  23. ^ 1400キロ引っ張れる!阪神D6位・板山、驚異の「体幹ひねり」力 サンケイスポーツ 2015年12月7日閲覧
  24. ^ 2015年プロ野球ドラフト スポニチアネックス 2015年12月5日閲覧
  25. ^ 虎の有望株に掛布二軍監督ゾッコン ドラフト6位・板山は「一軍推薦に値する」 ZAKZAK 2016年2月14日閲覧
  26. ^ 阪神・板山、初三塁ホットにこなした!「1球1球に集中していた」 サンケイスポーツ 2016年5月28日閲覧
  27. ^ a b 金本監督との不思議な縁……。 阪神ドラフト6位・板山祐太郎が、レギュラーをつかむためには?マイナビニュース(『野球太郎』配信記事) 2016年5月28日閲覧
  28. ^ 阪神6位板山「正直ビックリ」金本監督の意向で指名 日刊スポーツ 2016年5月28日閲覧
  29. ^ 阪神ドラフト6位板山V打「ルーキーは高山だけじゃない」日刊スポーツ(2016年5月6日)同月28日閲覧
  30. ^ 阪神、板山のプロ初本塁打で1点を返す”. SANSPO.COM(サンスポ) (2018年5月12日). 2018年5月12日閲覧。

関連項目[編集]