板津德次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

板津 德次(いたづ のりつぐ、1950年(昭和25年12月11日) - )は、日本保護司富加町町長[1]

略歴[編集]

  • 昭和48年3月東京農業大学農学部卒業
  • 平成3年4月~平成24年4月富加町議会議員(当選6回)
  • 平成13年5月~平成15年4月富加町議会議長
  • 平成24年6月~現在 富加町長
  • 平成29年6月~令和元年5月加茂郡町村会長
  • 令和元年6月~現在 岐阜県町村会副会長


人物[編集]

  • 基本理念としている「活力ある持続的に自立した自治体をめざす」を念頭に地方中心で歴史の町「オール富加」を行っている[3]
  • 歴史ある町の見直し活性化や新型コロナウイルス感染症対策を行いつつ、自ら役場放送を行った[4]
  • 板津氏は白江氏の分家一族である[5][6][7]

脚注[編集]

  1. ^ 他に富加町議会議員・富加町議長・岐阜県町村会副会長・PTA会長を務めた
  2. ^ 富加町町長プロフィール参照
  3. ^ 日本最古の戸籍ゆかりのまち R2.4.1町長訓示(PDF 179KB)
  4. ^ 「とみか元気振興券」・「とみかマスク」配布
  5. ^ 白江権左衛門板津宇平治
  6. ^ 板津介次郎成景の館 「自己紹介関係項目と概要内容 作者澤潟四郎の生い立ち概要 曾祖父母のふるさと富加町滝田」
  7. ^ 岐阜県加茂郡富加町 町長プロフィール ごあいさつ参照

関連項目[編集]