板谷勘右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
板谷 勘右衛門
いたや かんえもん
生年月日 1875年(明治8年)9月4日
出生地 日本の旗 日本石川県鳳至郡剱地村(現:輪島市門前町剱地)
没年月日 1941年(昭和16年)5月1日(満76歳没)
出身校 新潟商業学校
前職 農業
所属政党 立憲政友会
称号 紺綬褒章
配偶者 板谷きく

選挙区 鳳至郡選挙区
当選回数 1回
在任期間 1919年9月24日 - 1923年9月23日

当選回数 1回
在任期間 1915年9月30日 - 1919年9月29日

第4・11代 剱地村長
当選回数 2回
在任期間 1913年5月5日 - 1914年7月13日
1934年5月5日 - 1938年5月4日

在任期間 1913年5月5日 - 1938年
テンプレートを表示

板谷 勘右衛門(いたや かんえもん 1875年9月4日 - 1941年5月1日)は日本政治家

来歴[編集]

1875年地元の地主である板谷助右衛門の長男として生まれる。新潟商業学校を卒業後農業に従事していたが、1913年剱地村会議員選挙に出馬し当選、さらに鳳至郡会議員、1919年には立憲政友会に属して石川県会議員に当選。 その後長らく剱地村長をつとめたのち、長年地方自治に尽くした功績で1939年8月1日紺綬褒章を受章した。1941年5月1日に76歳で死去。きく夫人との間に3男2女がある。

参考文献[編集]

『石川県議会史 第2巻』1968年

関連項目[編集]

公職
先代:
伊藤嘉久太郎
剱地村長
第4代:1913 - 1914
次代:
岡本文吉
先代:
輪島谷三平
剱地村長
第11代:1934 - 1938
次代:
岡本文吉