枋寮郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中華民国 屏東県の旗 屏東県 枋寮郷
別称: -
北勢寮保安宮(新廟).jpg
北勢寮保安宮
地理
Heitou bouryoukyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 57.7347 km²
各種表記
繁体字: 枋寮郷
日本語読み: ぼうりょう
漢語: Fāngliáo
通用: -
注音符号: ㄈㄤ ㄌㄧㄠˊ
片仮名転写: ファンリャオ
台湾語: Pang-liâu
客家語: Piông-liàu
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 15村332鄰
政府所在地: -
枋寮郷長: 盧文信
公式サイト: 枋寮郷公所
情報
総人口: 25,072 人(2016年1月)
世帯数: 8,531 戸(2016年1月)
郵便番号: 940
市外局番: 08
枋寮郷の木: -
枋寮郷の花: -
枋寮郷の鳥: -
石頭営聖蹟亭

枋寮郷(ぼうりょうきょう)は台湾屏東県

地理[編集]

枋寮郷は屏東県西部に位置し、北は新埤郷と、東は春日郷と、東北は来義郷と、西北は佳冬郷と、南は枋山郷とそれぞれ接し。西南は台湾海峡に面している。また春日郷の北部に飛び地を有している。屏東平原と恒春半島の境界に位置し、沿岸地区は地勢が平坦であるが、内陸部は起伏に富んだ地形となっている。

歴史[編集]

枋寮郷は古くは自然林が広がる地域であり、清代康熙年間に福建省漳州から移民が入植し、木材伐採を開始した。当時の住居は板造りであったため「板寮」の地名が誕生し、後に「枋寮」と改称された。『鳳山県志』には「枋寮街、購料造船軍匠屯墾之所」とあり、船大工が集まる街区として発展したことが窺い知れる。1920年の台湾地方改制の際、この地に「枋寮庄」が設けられ、高雄州潮州郡の管轄とされた。戦後は高雄県枋寮郷とされたが、1950年屏東県に帰属するようになり現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

天時村、地利村、人和村、枋寮村、隆山村、中寮村、保生村、安楽村、玉泉村、太源村、新開村、内寮村、大庄村、新龍村、東海村

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

高級中学[編集]

  • 屏東県立枋寮高級中学

国民中学[編集]

国民小学[編集]

  • 屏東県立枋寮国民小学
  • 屏東県立僑徳国民小学
  • 屏東県立東海国民小学
  • 屏東県立太源国民小学
  • 屏東県立建興国民小学

交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 屏東線 東海駅 枋寮駅
省道 台1線
省道 台17線

観光[編集]

  • 石頭営聖蹟亭
  • 浸水営古道
  • 徳興宮
  • 北勢寮保安宮
  • 水底寮古
  • 枋寮漁港
  • 海鴎公園
  • 大庄富麗漁村
  • 乃木将軍上陸紀念碑