林ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「林棨」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
林棨
Lin Qi.jpg
プロフィール
出生: 1885年光緒11年)[1]
死去: 不詳
出身地: 清の旗 福建省福州府(現在の閩侯県
職業: 司法官・官僚
各種表記
繁体字 林棨
簡体字 林棨
拼音 Lín Qǐ
和名表記: りん けい/りん けん
発音転記: リン チー
ラテン字 Lin Ch'i
テンプレートを表示

林 棨(りん けい/りん けん、中国語: 林棨; ピン音: Lín Qǐ; ウェード式: Lin Ch'i)は、中華民国満州国の司法官・官僚。満州国の初代最高法院院長を務めた。少旭

事績[編集]

日本に留学して早稲田大学政治経済学科を卒業している。帰国後は、進士館・仕学館教習、学部参事、公立京師法政専門学校教務長、憲政編査館統計局科員などを歴任した。また、公立京師大学堂法政科監督を1909年宣統元年)正月から1912年民国元年)4月まで務めている[2][3]

中華民国成立後の1912年民国元年)5月、北京政府教育部専門教育司司長に任ぜられる。翌1913年(民国2年)9月、大理院推事と京師高等審判庁庁長になる。1918年(民国7年)1月、江蘇省高等審判庁庁長兼地方捕獲審検庁庁長署理を務めた。1921年(民国10年)5月、湖北省高等審判庁庁長に異動し、1923年(民国12年)2月まで在任している[2][3]

満州国建国に際して1932年大同元年)3月14日に、林棨は同国最高法院院長に任命された[4]1939年康徳6年)12月に退官し、井野英一が後任となった[5]1941年(康徳8年)3月、満洲電気化学工業株式会社監事に就任しており、1942年(康徳9年)時点では在職していることが確認できる[6]。以後、その行方は不明である。

[編集]

  1. ^ 北京大学法学院ホームページによる。徐主編(2007)、801頁は「1884年(清光緒10年)」とする。
  2. ^ a b 徐主編(2007)、801頁。
  3. ^ a b 北京大学法学院ホームページ。
  4. ^ 「東省特別区長官に張景恵氏」『東京朝日新聞』昭和7年(1932年)3月15日。
  5. ^ 劉ほか編(1995)、1185頁。
  6. ^ 満蒙資料協会編(1943)、1323頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
  • 満蒙資料協会編 『満洲紳士録 第4版』 満蒙資料協会、1943年
 Flag of Manchukuo.svg 満州国
先代:
(創設)
最高法院院長
1932年3月 - 1939年12月
次代:
井野英一