林佳世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林 佳世子(はやし かよこ、1958年11月 - )は、日本歴史学者東京外国語大学教授[1]。専門は西アジア社会史オスマン朝史。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『オスマン帝国の時代』 山川出版社[世界史リブレット], 1997年
  • 『興亡の世界史(10) オスマン帝国 500年の平和』 講談社, 2008年
    • 『興亡の世界史 オスマン帝国 500年の平和』 講談社学術文庫, 2016年。ISBN 978-4-06-292353-8

共編著[編集]

  • 『イスラーム 書物の歴史』 , 名古屋大学出版会, 編著, 2014年, ISBN 978-4-8158-0773-3
  • The Ottoman State and Societies in Change: A Study of the Nineteenth Century Temettuat Registers, co-edited with Mahir Aydin, (Kegan Paul, 2004).
  • 桝屋友子共編)『記録と表象――史料が語るイスラーム世界』(東京大学出版会, 2005年)
  • 小杉泰東長靖共編著)『イスラーム世界研究マニュアル』(名古屋大学出版会, 2008年)
  • 『中近世日本とオスマン朝にみる国家・社会・文書』オゼル・エルゲンチ, 渡辺浩一共編.東洋文庫,2009

脚注[編集]