林佳介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林 佳介(はやし よしすけ、1900年明治33年)7月18日 - 1987年昭和62年)11月9日)は、日本政治家衆議院議員日本進歩党[1]実業家。下関倉庫社長[1][2]。山口合同ガス社長[1]サンデン交通会長[1]。下関商工会議所会頭[1]

経歴[編集]

山口県佐波郡和田村[要出典]に生まれた。松田正三の弟[3]東京帝国大学法学部卒業[4]。「大津屋」と称し、醤油醸造業を営んだ[5]。陸軍歩兵中尉に任ぜられた[4]大政翼賛会山口県支部常務委員を委嘱された[4]

山口県翼賛壮年団理事、同下関団長、下関倉庫、山陽電気、下関瓦斯、下関精密工業、百十銀行等各種会社の重役をつとめた[4]1937年支那事変に出征した[4]

1942年、衆議院議員に当選[1]。臨時召集を受け1944年8月3日に議員を退職し[6]1945年5月18日に召集が解除され議員に復職した[7]。同年に下関瓦斯社長に就任。翌年、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となる[8]1951年に追放解除となる[9]1973年に下関商業開発、1977年山口合同ガスの各社長を歴任した[1]。この間、1947年から1981年までサンデン交通社長、1970年から1984年まで下関商工会議所会頭をつとめた[1]

人物[編集]

『商工資産信用録 第39回 九州防長版』によると「調査年月・1938年5月、正身身代・G、年扱高又は年収・M、信用程度・Aa、職業・醤油種油製造」である[10]

『商工資産信用録 第43回』によると「調査年月・1942年3月、正身身代・G、年扱高又は年収・M、信用程度・Ca、職業・醤油種油製造」である[11]

宗教は真宗[2]。趣味は読書[2]

家族・親族[編集]

林家

山口県下関市貴船町[2]、同市大字関後地村[3]、同市本町[12]

  • 養祖父・平四郎(山口県多額納税者、大津屋本店、春帆楼、生蝋醤油醸造業並料理旅館業、山陽電気軌道、下関瓦斯各社長、貴族院議員)[5][3][12]
1857年 - 1941年
  • 妻・トラ(山口、林長五郎の長女、林平四郎の孫)[3]
1909年 -
1927年 - 2017年
  • 二男[2]
  • 三男・孝介(サンデン交通社長)[1]
  • 四男[2]
  • 長女[2]
  • 孫・芳正(政治家)
1961年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『政治家人名事典』428-429頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』は704頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第12版 下』ハ115頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『翼賛議員銘鑑』328頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月26日閲覧。
  5. ^ a b 『日本紳士録 第41版』山口ナ、二、ヌ、ネ、ノ、ハの部9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月27日閲覧。
  6. ^ 『官報』第5273号、昭和19年8月11日。
  7. ^ 『官報』第5517号、昭和20年6月6日。
  8. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日1面。
  9. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日朝刊2面
  10. ^ 『商工資産信用録 第39回 九州防長版』山口県ハヒ之部23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月9日閲覧。
  11. ^ 『商工資産信用録 第43回』山口県10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月14日閲覧。
  12. ^ a b 『人事興信録 第6版』は47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第41版』交詢社、1937年。
  • 『商工資産信用録 第39回 九州防長版』商業興信所、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 商業興信所編『商工資産信用録 第43回』商業興信所、1941-1943年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。