林佳龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林佳龍
Lin Chia-lung
Lin Chia-lung from VOA (1).jpg
生年月日 (1964-02-13) 1964年2月13日(55歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国台湾台北市万華区
出身校 国立台湾大学政治学部
イェール大学哲学・政治学[1]
所属政党 Green Taiwan in White Cross.svg民主進歩党
配偶者 廖婉如

中華民国の旗 中華民国の旗 中華民国第27代交通部部長
内閣 蘇貞昌
在任期間 2019年1月14日 -

当選回数 1回
在任期間 2014年12月25日 - 2018年12月24日

中華民国の旗 第8期立法委員
選挙区 台中市第6選挙区
当選回数 1回
在任期間 2012年2月1日 - 2014年11月25日

在任期間 2007年10月17日 - 2008年5月19日

Green Taiwan in White Cross.svg 民主進歩党第11期秘書長
在任期間 2006年1月25日 - 2007年10月15日
テンプレートを表示
林佳龍
各種表記
繁体字 林佳龍
簡体字 林佳龙
拼音 Lín Jiālóng
台湾語 Lîm Ka-liông
和名表記: りん かりゅう
発音転記: リン・ジャーロン
英語名 Lin Chia-Lung
テンプレートを表示
高架化後の台中駅に視察で訪れた総統の蔡英文に状況説明する市長の林と交通部長の賀陳旦(2016年10月)

林 佳龍(りん かりゅう、リン・ジャーロン、1964年2月13日 - )は中華民国台湾)の政治家民主進歩党所属)。党職員、立法委員台中市長を経て蘇貞昌内閣の交通部部長[2]台北市万華区出身(本籍は雲林県麦寮郷)。

家庭[編集]

父親は雲林県麦寮郷出身の裁縫師だったが職を求めて台北市艋舺に住むようになった。母親は彰化県鹿港鎮出身。

夫人の廖婉如は上場企業奇美電子元董座廖錦祥の令嬢で、奇美実業創設者許文龍の姪にあたる[3]

学歴[編集]

自由主義学者の胡佛中国語版に師事、三月学運などで活躍したほか、「大陸問題研究社」のサークル長を務めた。大陸社を率いた理由は国民党以外に異論を発せるグループの発展を願ってのことだとしている。

政治経歴[編集]

中央政府[編集]

実績[編集]

行政院新聞局局長
  • 放送局の公共化推進でメディアの質を高めるために公共電視文化事業基金会が設立した台湾公共放送集団中国語版中華電視公司を加入させた[5]
  • 公益放送と民間有料放送局の権益保障を目的に有線テレビ放送の周波数割り当てを推進[6]
  • 児童青少年の保護のため、インターネットコンテンツの年齢制限制を推進[7]
  • 先住民の言語教育のために客家電視台中国語版を設立。このうち原住民族電視台中国語版はアジア唯一の原住民専用チャンネルである。

第八期立法委員[編集]

公民監督国会聯盟中国語版の議員評価では第八期任期中の教育・文化委員会で第一会期、第二会期のトップ、第三会期、第四会期では最優秀立法委員に選ばれた[8]。また本会議出席は第4会期まででトップの出席率、第5会期までは無欠席だった[9][10]

実績[編集]

  • 建設中だった台中市台中国家歌劇院(台中メトロポリタンオペラハウス)を国家両庁院(台北市)と同等の国家級ホールへの格上げを提唱、2014年1月に法案通過を果たした[11]
  • 一部新設を含む台湾鉄路管理局の路線で台中都市圏を循環する「大台中山手線」(路線規模・形態は山手線よりむしろ東京メガループに近い)構想を提唱、立法院を通過し行政院へ稟議要請を果たした[12][13][14][15]
  • いずれも台中市にある国立中興大学台中高農中国語版国立大里高級中学中国語版の合併、統合を果たした[16]
  • 公立小中学校での実験教育や、在宅学習にも教育法上の根拠を与えるなどの要素を盛り込んだ「実験教育三法」を立法院で通過させた[17]
  • 歯科医の地位向上を図るべく、中華民国衛生福利部で現在の心理及口腔健康司から歯科医部門の口腔健康司を独立させる組織改革の支持を表明[18]
  • 経済部水利署中国語版筏子渓中国語版親環境治水工事事業予算執行で同意、中科路橋上流から大雅農路橋までの区間での事業が始動した[19]
  • 「湿地保育法」の立法院通過[20]
  • 轢き逃げによる死傷事故の刑事責任を従来の懲役6カ月以上5年以下から1年以上7年以下に厳罰化する修正法案を提出[21]
  • 議員立法で提出した百合條款中国語版が立法院で可決[22][23]
  • 2012年に日本で発生した台湾人留学生殺人事件は自害した犯人も台湾人だったが、その父も被害者遺族への補償をすることなく失踪したため、台湾国外での殺人傷害行為の被害者またはその家族が20万台湾ドルの見舞金支給を申請できるように条文を修正した「改正犯罪被害者保護法」の通称。「百合」は被害者が留学先の日本で使っていた和名。
  • 財団法人商業発展研究院の台中分院設立と、中小企業支援のための育成センターの先行設置を実現[24]

台中市長(第一期、2014~)[編集]

実績[編集]

社会
  • 社会的弱者の食育普及のために「フードバンク自治条例」制定[25][26][27]
  • 「托育一條龍」政策を通じて2歳以上5歳未満の児童とその両親の片方が市籍在住者であれば公立幼稚園での学費を無料化または私立幼稚園での学費補助(地縁関係者の居住地と勤務地を考慮し隣接3県の10km以内であれば補助申請も可能に)[28]
  • 2016年より市立図書館の開館時間を3.5時間拡大し12.5時間に延長、サラリーマンの利用を促進[29]
  • 2016年下半期に市内の自動車・二輪車窃盗事件数が6大都市中最多の減少幅を記録。月間平均が2011年比で114件・422件から8割減の18・95件に改善[30]
  • 18歳以下の欠食児童減少のために社会局との協力でスーパーおよび5大コンビニチェーンで利用可能なミールクーポンを配布[31]
  • 「人口10万人当たり犯罪発生率」でワースト常連だったが2016年1-8月は6大都市中最少件数を記録、減少幅21.07ポイントも6大都市中最良だった[32]
交通

大台中一二三」計画(山手線=x1、台中空港と台中港整備=x2、烏日・豊原・台中港の3副都心構想=x3)[33]、「Mr.B&B交通網」(Metro+Rail+Bike+Bus)[34]による複合公共交通網の整備実現を掲げている。

  • 市長選公約の市内バス路線(台中市市区公車中国語版)10km以内無料を実施(前市長時代は8km)、2015-16年度の市政88項目評価で首位になった[50]
  • 台中空港の国際化を推進、正式名称を「台中国際空港」に改めた。
  • 予定より数か月遅れたものの、台中線の市内高架化が完工を迎えた[51][52][53]。2006年の民進党政権時代に交通部長だった林陵三中国語版とともに高架化区間を原案の14.4kmから21.7kmに延伸させることに成功、市長就任時にその林陵三を副市長として迎え入れていた[54][55][56][57]
文教
  • 国家歌劇院は自治体所管級のホールだったが、立法委員時代に中華民国文化部所管の国家級ホールへ昇格する法案を提出しており[11]、2014年1月に法案は成立した。
  • 東アジア競技大会からカテゴリーが変更された「東アジアユースゲームズ」の2019年大会の招致に成功。
都市外交・経済

自らの政策遂行のため、日本・欧州の視察や企業誘致を精力的に行っている[58][59][60]

その他
  • 食の安全を推進すべく、6大都市で初めて100坪以上の店舗面積をもつ200件の飲食業者に対して建築基準、消防基準、食品安全検査結果を赤・黄・緑の3段階で評価した結果を専用アプリで検索できるサービスを開始[82]
  • 荒天時の登山を強行した登山客に対し、救護費用の請求が可能な条例改正を実施[83][84][85]

市長任期中の騒動[編集]

BRT廃棄

台中駅から静宜大学間にあったBRT専用レーンをバス専用レーンに変更した優先区間を設定し、区間内の運行本数を426便から855便とほぼ倍増。乗客数を30%増加させた[86][87]。反対派からは浪費を指摘されたが、BRT時代は乗り場と改札こそあったものの、専用レーンが全く無い区間や運行開始時点で未完成だったりと、不完全なまま始動したことで失敗に終わったと反論[88][89][90][91][92]

台湾タワー中止

2015年1月20日、予算が80億元からほぼ倍増の150億元に達した直轄市昇格記念事業台湾タワーを中止、前市長時代の設計・見積が過少だったとして調査を遂行し、前市長派から反発を受けている。[93][94][95][96]

捷運建設現場作業員死傷事故

2015年4月10日,北屯区で発生した遠揚建設中国語版[要リンク修正][要曖昧さ回避]による「捷運橋桁落下事故」で 国民党の立法委員だった邱毅中国語版は就任間もない林を嘲る「(林を選んだ)台中市民のミスだ」というFacebookの投稿が論議を呼んだ[97]。 同じく台中選出の民進党立法委員王定宇中国語版は「建設に関わる監督官庁は行政院傘下の交通部と委託先の台北市政府およびその傘下の捷運工程局でありそれぞれ国民党出身の毛治国郝龍斌胡志強がその責任者だ。」と反論した[98]。 台中市政府には建設事業での監督権限が無かったため、林は台北市長に就任して間もない柯文哲の協力を得て、工事を中断しての捜査と台中市側への監督権限強化を図り[99]、8月に工事は再開した[100](ただし、その後も事故・労働災害は発生している)。

予算審議

2015年12月25日、民進党は市議会では単独過半数に至っていない首長と議会のねじれ現象下で、市の隔年度予算1,771億元が可決されないまま会期末を迎えた。 前市長の13年間では二次、三次審議もなく通過させていただけでなく、1億元程度の削減で済ませており、議会のチェック機能欠如を市長が逆批判する展開となった。 これに対し議会も翌年1月26日までに三度の審議を経て補正予算総額1,263億元を通過させた[101][102][103][104]

台中国家歌劇院閉鎖

独特の造形により最も施工難易度が高いと言われた[105]、歌劇院は本来2014年11月23日開館予定で、プレオープンこそしたものの[106]、多数の施工不良が見つかり、選挙期間と重なったため一旦閉鎖して再施工を呼びかけたが、建築デザインを手掛け落成式典にも招かれていた日本の建築士伊東豊雄の前で過度な政争を見せつける形となり、伊東は不機嫌だったという[107][108]。その後行政院公共工程委員会主催の「公共工程金質獎」受賞で再視察に訪れた伊東も満足げなコメントを残し、騒動は収束した[109]。歌劇院は2016年9月末に再オープンしている[110][111][112][113][114][115]

ランタンフェスティバル断頭羊事件

2015年3月6日、地元台中で開催された2015年ランタンフェスティバルで、開幕直前に春節の縁起物である山羊の巨大ランタンの首が落下してしまい、前途多難さを予感させたが、市職員総出で修復を急ぎ、予定通りの開催に漕ぎ着け、来場者数も1000万人を超える過去最高の動員となった[116]。 なお、ネット上では開幕前日の完成式典に馬英九が参列していたことから[117]、「デス握手(死亡之握)[118]」で知られる馬との関連が想起されることとなった[119][120][121]

逸話・エピソード[編集]

旧来からの市章
選出された新市章
  • 3月学運発起人として、2014年のひまわり学生運動も側面支援していた[122]
  • 時代力量洪慈庸とは洪仲丘事件で立法委員として真相究明に協力して以来良好な関係を築いており[123]、林の市長選・洪の立法委員選挙で互いに選挙協力したほか[124][125]。元自由時報記者で林の広報担当を経て台中市新聞局長を務めていた卓冠廷中国語版が洪と結婚することとなり、式典にも参列した[126]
  • 2015年、教科書改訂反対運動では中高生を擁護しつつも冷静な行動を呼びかけていたが、8月3日の市議会の答弁で生徒たちを「屁孩(Pìhái、腕白な子供の意)」と表現しようとして原稿と異なる「屁眼(Pìyǎn、肛門の意味)」と言い間違えてしまい、取材陣が騒然となった[127]

[128]

  • 同年のプロ野球台湾シリーズで地元球団の中信兄弟桃園市が拠点のLamigoモンキーズが対戦することとなり、同じ民進党系の桃園市長鄭文燦と「負けた方のチームの市長が勝った方のユニフォームを着る」賭けを行った。1勝3敗からLamigoが逆転制覇したため翌2016年3月19日のLamigo開幕戦でピンク色のLamigoユニフォームを着用した姿を披露[129][130][131]
  • 2016年4月25日、台湾最大のインターネット掲示板PTT(批踢踢)で「最も酷い市章」として黄色地に赤字だけの台中市のものが選ばれ、林はFacebookで事実確認とどうすればよいかについて意見を募った[132][133]。市新聞局によると、当該市章は2003年に市民のオンライン投票で決められたもので、現在もそのまま使われているものだったことがわかり、公募された最終候補3作品から再度オンライン投票で決めることになったという[134]。PTTは日本での2ちゃんねるに相当するアングラ色が高い掲示板で、通常はそこでの論争に政治家が直接絡むことは極めて少ない。

日本との関係[編集]

  • 他の民進党系政治家と同じく、日本統治時代については全肯定も全否定もせず、古蹟の再活用や保存には積極的である[135][136][137][138][139][140]
  • 留学後の研究員、立法委員、台中市の首長と肩書が変遷しつつも度々訪日し、親台派国会議員(岸信夫)や首長(小池百合子)との会談も多い[141][142][143][144]
  • 市内の烏日国民小学卒業生と日本統治時代の当時教員だった熊本県在住の日本人女性をインターネットビデオ通話での再会に市が協力しており[145]、地震発生後も市職員が行った当該女性の安否確認とともに被災地への哀悼文をフェイスブックで公表[146]、その後自身の所得1ヶ月分を被災地に寄贈することも表明した[147][148]
  • 「日本統治時代の建設計画が台中市の輝かしい1ページを開いた」と発言し、国民党系議員が「田中佳龍」に改名すべきと皮肉った[149][150]
  • 2017年4月の八田與一銅像破壊事件中国語版に際しても、実行犯およびその賛同者に対して寛容さを呼びかけている[151]

中国との関係[編集]

研究員時代に大陸側人材との交流はあったが、日台関係への介入には否定的である[152]

米国との関係[編集]

ドナルド・トランプの大統領就任式典に民進党代表団の一員として出席している[153]

2005年台中市長選挙[編集]

2005年当時の民進党は陳水扁政権2期目での汚職や権力闘争で党勢が失速しており、有力な候補者を立てられずに林を擁立。敗色濃厚で大敗だったが、半ば敗戦処理とも言える役割を引き受けた林はその後も翌年から約1年半、党中央本部の秘書長に就任しつつも、台中を去らずに地盤としていった[154]

2005年台中市長選挙結果
候補者番号 候補者名 政党 得票数 得票率 当落
1 李貴富 無党籍 1,897 0.42%
2 沈智慧中国語版 親民党 10,061 2.23%
3 林佳龍 Green Taiwan in White Cross.svg 民主進歩党 175,592 39.00%
4 胡志強 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 262,667 58.34% Vote1.svg
有権者数  729,990
投票者数  454,558
有効票  450,217
無効票  4,341
投票率  62.27%

選挙戦[編集]

ネガティブキャンペーン
  • 2005年11月29日、選挙期間中に林佳龍陣営の民進党立法委員で医師の林進興中国語版法医学者高大成中国語版の医師連所属の12名が現職の胡が健康問題を抱えていることをメディアを通じて公開していたが、その病歴が偽りであったことで謝罪に追い込まれ、医師法違反による1年の資格停止を受けた[155]

2012年立法委員選挙[編集]

第8代立法委員選挙で台中市第6選挙区(東区南区中区西区)の公認候補として国民党の黄義交中国語版を退けた。

候補者番号 候補者名 政党 得票数 得票率 当落
1 黄義交中国語版 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 84,937 45.49%
2 王名江 中華民国台湾基本法連線中国語版 507 0.27%
3 曽坤炳(繁体字: 曾坤炳 健保免費連線中国語版 1,322 0.71%
4 林佳龍 Green Taiwan in White Cross.svg 民主進歩党 96,685 51.78% Vote1.svg
5 賀姿華 無党籍 2,307 1.24%
6 林幸杰 無党籍 354 0.19%

選挙戦[編集]

2010年県市合併に伴う合併後の初代市長選挙は旧台中県県長(2005年選出)の任期を1年延長する形で行われた。前回県長選挙で敗れていた林は捲土重来を期して立候補予定だったが[156]、党中央本部は林では勝算の見込みが薄いとして、蘇嘉全を候補にした。林は2015年1月の遠見雑誌で「公認候補を譲ることになったのは生涯最大の決断だった。」と語っており、投票1か月前の時点でも夫人とともに「蘇が当選すれば、一生立候補することはない。」と語っていた。結局蘇が敗れたため胡志強の市長任期は13年間に及ぶことになり、林は2012年の立法委員選挙で公認候補として当選した。

2014年台中市長選選挙[編集]

2014年市長選得票率分布

2013年4月、林はいち早く翌年市長選挙の参戦を表明[157] 2014年2月、民進党は林を正式に市長選公認候補とし、選挙期間中は立法委員の職務を離脱した[158]

11月29日、林は現職の胡志強を21万票の大差で破り第2代台中市長に当選。2005年の敗北から10年で雪辱を果たした[159][160][161][162][163]

2014年台中市長選挙結果
候補者番号 候補者名 政党 得票数 得票率 当落
1 胡志強 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 637,531 42.94%
2 林佳龍 Green Taiwan in White Cross.svg 民主進歩党 847,284 57.06% Vote1.svg
有権者数  2,093,689
投票数.  1,506,023
有効票  1,484,815
無効票  21,208
投票率  71.93%

選挙戦[編集]

政見放送カット
  • 2014年9月26日、市選挙管理委員会は第27回監察部会を招集、政見放送で「直轄市昇格後4年で現市長の市政満足度は年々低下している。」と発言した林に発言内容が個人を名指しした批判を禁じる公職人員選挙罷免法中国語版に違反しているとしてリコール決議を発動。出席委員35人中が賛成した。
  • 9月30日、委員会本会議招集時、リコール決議は覆された。
  • 10月9日、林の選挙本部は委員会から3日以内の発言修正を要求されるも拒否、委員会は該当部分の文言を直接カットした。選挙本部のスポークスマン張廖萬堅中国語版は「行政側優越による圧力に反対する」と表明、また選罷法第55条規定についても『これは言論の自由を奪うだけでなく、民主主義下での悪しき前例となる』と批判している[164]
不動産未保有批判

中国国民党胡志強陣営からは林が市内住居物件を購入していないことについて「選挙に負ければ台中を去る気だ」と猛烈な批判を展開されただけでなく、「新北市の豪邸に住みながら、故人の父を僅かばかりの納骨堂に押し込めている」などと度を越した人格攻撃を行い[165]、あまりにも非人道だと却って胡陣営が批判されることになった。

胡は任期中に建造した高級住宅街「七期豪宅区」が投資物件として扱われ、庶民層の住宅政策が手薄だったことから逆効果しか生まない結果となった[166][167][168][162]

ネガティブキャンペーン

胡が任期中に市建設局局長に任命していた呉世瑋が林を「現代版陳世美中国語版(註:中国戯曲に登場する、皇帝の娘婿であり、恩を忘れて妻子を捨てた人物[169])」と罵る文章を拡散した。 台中地方法院はこれが林を落選させるために投票8日前に行われたネガティブキャンペーンであり、林の名誉を棄損しているだけでなく、有権者への冒涜であるとして選罷法に基づき呉に4カ月の実刑と1年間の公民権剥奪を課した[170][171]

2018年台中市長選挙[編集]

現職として立候補するも中央政府の政策不支持が響き再選はならなかった[172]

著書一覧[編集]

学術論文[編集]

  • 1988年:《國民黨與民進黨的群眾基礎:台灣選民政黨支持的比較分析(1983-88)》、国立台湾大学政治学研究所碩士論文
  • 1998年:(英語)《Paths to Democracy: Taiwan in Comparative Perspectives》、Ph.D. dissertation(博士論文),Yale University(イェール大学

研究報告[編集]

  • 1998年:《民主化與憲政變遷:台灣經驗的國際比較第二期研究報告》行政院国家科学委員会発行。朱雲漢中国語版との共同
  • 1999年:《民主化與憲政變遷:台灣經驗的國際比較第三期研究報告》行政院国家科学委員会発行 - 朱雲漢との共同

著書[編集]

  • 2003年:《未來中國:退化的極權主義》、時報文化中国語版、ISBN 9571340162
  • 2005年:《做對的事,把事做對》、圓神、ISBN 9861331069
  • 2007年:《民主到底:公投民主在台灣》、台湾智庫発行、ISBN 9789868336711
  • 2009年:《公投與民主:台灣與世界的對話》台灣智庫,2009、ISBN 9789868336780
  • 2010年:《城市夢想家:從「台中學」看後五都時代的城市願景》、幸福緑光、ISBN 9789868523623
  • 2013年:《打破悶經濟:新區域主義的動力學》、ISBN 9789868994669
  • 2014年:《佳龍帶你遊台中》、遠景出版社、ISBN 9789573909194
  • 2014年:《城市行動派》、遠景出版社、ISBN 9789573909415

口述、翻訳、共著[編集]

  • 1999年:《兩岸黨國體制與民主發展》邱沢奇/共著、新自然主義
  • 1990年:《台灣選民的投票行為》胡仏中国語版等/共著、中央選挙委員会
  • 2000年:《我國加入世界衛生組織策略之探討研究報告》行政院衛生署
  • 2001年:《民族主義與兩岸關係:哈佛大學東西方學者的對話》郭永年中国語版/共著、新自然主義、ISBN 957696430X
  • 2002年:《行政、立法關係與憲政民主:台灣經驗的國際比較》(「強化立法院結構與功能之研究」子計畫研究報告)林継文、藍玉春、李明峻/合著、立法院
  • 2002年:《政府交接法制化之研究》荘国栄中国語版呉志中中国語版、張錫模/共著、行政院研究発展考核委員会、ISBN 9570116692(初版)、ISBN 9789570116694
  • 2007年:《政治學:議題與爭辯》王業立中国語版、郭応哲(郭應哲)/共著、韋伯出版社、ISBN 9789867557933
  • 2008年:(英語)《Unlocking the Secret of Taiwan's Sovereignty》Ming-juinn Li(李明峻)、Chih-cheng Lo(羅致政)/共著、Taiwan Thinktank(台湾智庫)出版、ISBN 9789868336773
  • 2008年:《解開台灣主權密碼》李明峻、羅致政中国語版/主編、台湾智庫、ISBN 9789868336766
  • 2010年:《零與無限大:許文龍幸福學》許文龍/口述、林佳龍、廖錦桂共著、早安財経、ISBN 9789866613388
  • 2010年:《愛台中的100種方法(復刻版)》、黄優等100人/著、林佳龍/主編、幸福緑光発行、ISBN 9789868523616
  • 2014年:《佳龍帶你遊台中》路寒袖中国語版/主編、林佳龍/口述、遠景出版社、ISBN 9573909197
  • 2014年:《以民為本的創造性財政》呂桔誠中国語版共著/主編、遠景出版社、ISBN 9789573909408
  • 2017年:《兩個餌只釣一條魚:與許文龍邊釣邊聊》許文龍/口述、林佳龍/共著、早安財経、ISBN 9789866613852[173]

関連図書[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)市長: 林佳龍” (2016年9月21日). 2017年5月2日閲覧。
  2. ^ (繁体字中国語)敗選後只當交通部長委屈? 林佳龍交接全程「笑」 2019-01-14,TVBS
  3. ^ (繁体字中国語)“民進黨立委林佳龍出書獻策 注入政壇新動能”. 中時電子報. (2013年11月10日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20131110000097-260202 2013年11月10日閲覧。 
  4. ^ (繁体字中国語)“當年學運人士挺林佳龍 盼野百合在中市生根”. 大紀元. (2005年11月30日). http://www.epochtimes.com/b5/5/11/30/n1137772.htm 2005年11月30日閲覧。 
  5. ^ (繁体字中国語)“游揆允林佳龍提案 台視華視公共化”. TVBS. (2004年6月6日). http://news.tvbs.com.tw/entry/490354 2004年6月6日閲覧。 
  6. ^ (繁体字中国語)“林佳龍靠購物台談判成功”. 新新聞. (2005年1月1日). http://magazine.n.yam.com/view/mkmnews.php/202525 2005年1月1日閲覧。 
  7. ^ (繁体字中国語)“林佳龍強力推動 網路分級制露曙光”. 新台灣新聞週刊. (2004年11月29日). http://www.newtaiwan.com.tw/bulletinview.jsp?bulletinid=20600 2004年11月29日閲覧。 
  8. ^ (繁体字中国語)第八屆立委評鑑
  9. ^ (繁体字中国語)第8屆第4期院會出席率比一比 國會調査兵団
  10. ^ (繁体字中国語)第8屆第5期院會出席率比一比 國會調査兵団
  11. ^ a b (繁体字中国語)“「台中大都會歌劇院」升格為國家級「台中國家歌劇院」”. 立法院全球資訊網. (2014年1月9日). http://www.ly.gov.tw/03_leg/0301_main/dispatch/dispatchView.action?id=51970&lgno=00028&stage=8&atcid=5197 2014年1月9日閲覧。 
  12. ^ (繁体字中国語)“「大台中山手線」帶動區域均衡發展”. 自由時報. (2015年8月3日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1399532 2015年8月3日閲覧。 
  13. ^ (繁体字中国語)“林佳龍: 爭取專案補助大台中軌道運輸建設”. 立法院全球資訊網. (2012年6月13日). http://www.ly.gov.tw/03_leg/0301_main/dispatch/dispatchView.action?id=37582&lgno=00028&stage=8 2012年6月13日閲覧。 
  14. ^ (繁体字中国語)“追分成功雙軌化 林佳龍承諾當選優先施作”. 自由時報. (2014年8月20日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/806041 2014年8月20日閲覧。 
  15. ^ (繁体字中国語)“國道一號銜接台七十四線 林佳龍要求交通部速辦”. 華視. (2014年8月19日). http://news.cts.com.tw/nownews/society/201408/201408191486265.html 2014年8月19日閲覧。 
  16. ^ (繁体字中国語)“林佳龍:開花結果 興大中農國大里三校合併”. 自立晩報. (2014年2月21日). http://www.idn.com.tw/news/news_content.php?artid=20140221abcd016 2014年2月21日閲覧。 
  17. ^ (繁体字中国語)“立院三讀「實驗教育法」 在家自學有法源”. 自由時報. (2014年11月4日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1148835 2014年11月4日閲覧。 
  18. ^ (繁体字中国語)“牙醫師公會拜會林佳龍 澄清並無特定立場”. NOWnews. (2014年10月24日). http://www.nownews.com/n/2014/10/24/1473486 2014年10月24日閲覧。 
  19. ^ (繁体字中国語)“整治筏子溪 林佳龍爭取到5700萬經費”. 中時電子報. (2014年6月25日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20140625000690-260107 2014年6月25日閲覧。 
  20. ^ (繁体字中国語)“濕地保育法於2015年2月2日施行”. 荒野保護協會. (2014年6月12日). https://www.sow.org.tw/blog/32/20140701/2875 2014年6月12日閲覧。 
  21. ^ (繁体字中国語)“修法重懲 肇逃至少關1年”. 蘋果日報. (2013年5月28日). http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20130528/35045686/ 2013年5月28日閲覧。 
  22. ^ (繁体字中国語)林佳龍:推動「百合條款」—犯罪被害人保護法條文修正2012年6月8日,立法院
  23. ^ (繁体字中国語)“海外遇害「百合條款」20萬補償金 雙親全捐”. 蘋果日報. (2013年10月22日). http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20131022/35381723/ 2013年10月22日閲覧。 
  24. ^ (繁体字中国語)“《遷台中?設分院?》商發院承諾 先設育成中心”. 自由時報. (2013年9月6日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/711464/ 2013年9月6日閲覧。 
  25. ^ (繁体字中国語)“〈中部〉食物銀行自治條例 中市率先擬定”. 自由時報. (2015年7月1日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/893990 2015年7月1日閲覧。 
  26. ^ (繁体字中国語)“中市府首創制定「食物銀行自治條例」”. 中時電子報. (2015年10月16日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20151016003017-260407 2015年10月16日閲覧。 
  27. ^ (繁体字中国語)“台中推食物銀行 林佳龍打造無飢餓城市”. 大紀元. (2015年12月26日). http://www.epochtimes.com/b5/15/12/26/n4604778.htm 2015年12月26日閲覧。 
  28. ^ (繁体字中国語)“托育一條龍幼兒園補助 9月1日開放申請”. 中時電子報. (2015年8月1日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20150801003021-260405 2015年8月1日閲覧。 
  29. ^ (繁体字中国語)“台中市府2016推出多項便民新措施”. 自由時報. (2016年1月1日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1558797 2016年1月1日閲覧。 
  30. ^ (繁体字中国語)“中市下半年汽機車竊盜集團檢肅績效 六都第一”. 中時電子報. (2016年6月4日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20160604005673-260407 2016年6月4日閲覧。 
  31. ^ (繁体字中国語)“中市7月起推「無飢餓網絡」 5大超商及楓康超市可領餐”. 自由時報. (2016年6月7日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1722532 2016年6月7日閲覧。 
  32. ^ (繁体字中国語)“中市治安平穩 犯罪指標數六都最少”. 中時電子報. (2016年9月19日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20160919006348-260402 2016年9月19日閲覧。 
  33. ^ (繁体字中国語)中央前瞻建設計畫 台中運輸全壘打2017年4月24日,聯合報
  34. ^ (繁体字中国語)林佳龍推交通CF 請出MR.B&B交通網2014年10月9日,台湾蘋果日報
  35. ^ (繁体字中国語)“中市府路平專案 4年500公里路平目標”. 中時電子報. (2015年10月17日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20151017002930-260407 2015年10月17日閲覧。 
  36. ^ (繁体字中国語)“中市路平超標 不到2年 突破268公里”. 中時電子報. (2016年10月27日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20161027000535-260107 2016年10月27日閲覧。 
  37. ^ (繁体字中国語)“台中市路平專案奏效 交通事故減少”. 中時電子報. (2016年4月22日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20160422000610-260107 2016年4月22日閲覧。 
  38. ^ (繁体字中国語)“公車進大學 4校5路線下學期上路”. 自由時報. (2015年12月9日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/939003 2015年12月9日閲覧。 
  39. ^ <台中メトロ>グリーンライン用車両がパレード 沿道に多くの人/台湾2017年2月13日,フォーカス台湾
  40. ^ (繁体字中国語)高鐵轉中捷通市區 2020年成真2017年4月15日,中時電子報
  41. ^ 台中メトロ・ブルーライン、交通部の審査通過 渋滞緩和に期待/台湾2016年12月23日,フォーカス台湾
  42. ^ (繁体字中国語)就職二周年致詞長55分鐘 林佳龍透露中央「送大禮」聯合報,2016-12-22
  43. ^ (繁体字中国語)台中捷運藍線通過 預計2028完成聯合報,2016-12-22
  44. ^ 註:林は藍線・双港軽軌(橘線)について「ライトレール(中運量鉄輪式地下鉄および路面電車)」としており、日本へもあおなみ線を視察しているが、あおなみ線も台湾の大衆捷運法の輸送量基準では中運量捷運に該当する。さらに低運量の路面電車の通称LRTも含め、和訳のライトレールが中文では3種類の規格を総称したものとなっている。
  45. ^ 台中の鉄道環状線計画始動、2018年着工へ 経済・交通の発展目指す/台湾2016年7月28日,フォーカス台湾
  46. ^ あおなみ線視察の台湾・台中市長、「交通整備を優先」2016年3月29日,フォーカス台湾
  47. ^ 台中の鉄道環状線計画始動、2018年着工へ 経済・交通の発展目指す/台湾2016年7月28日,フォーカス台湾
  48. ^ 新市長就任で実現なるか 台中で新たな「山手線」整備計画/台湾2014年11月30日,フォーカス台湾
  49. ^ (繁体字中国語)“台中山手線首部曲 成功追分段雙軌獲15.4億”. 中時電子報. (2016年10月4日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20161004005627-260407 2016年10月4日閲覧。 
  50. ^ (繁体字中国語)台中市創新政策 公車10公里免費奪冠2017年1月17日,大紀元
  51. ^ (繁体字中国語)“記憶中的台中車站掰掰! 16日鐵路高架化啟用後走入歷史”. 東森新聞. (2016年10月15日). http://www.ettoday.net/news/20161015/793700.htm 2016年10月15日閲覧。 
  52. ^ (繁体字中国語)“台中高架鐵路熱鬧通車”. 聯合報. (2016年10月16日). http://money.udn.com/money/story/5648/2026946 2016年10月16日閲覧。 
  53. ^ (繁体字中国語)“台中鐵路高架化 10月16日通車”. 民視新聞. (2016年10月11日). https://www.youtube.com/watch?v=Lv3NXTz3qkg 2016年10月11日閲覧。 
  54. ^ (繁体字中国語)“林陵三拍板定案台中鐵路高架化 見證完工”. 台中市政府. (2016年10月15日). http://www.taichung.gov.tw/ct.asp?xItem=1755195&ctNode=24562&mp=1001D 2016年10月15日閲覧。 
  55. ^ (繁体字中国語)“副市長林陵三細說鐵路高架化決策過程 林市長肯定是「正確決定」”. 台中市政府. (2016年10月17日). http://www.taichung.gov.tw/ct.asp?xItem=1755498&ctNode=24068&mp=1001D 2016年10月17日閲覧。 
  56. ^ (繁体字中国語)“林陵三細說鐵路高架決策過程 市長肯定「正確決定」”. 勁報. (2016年10月17日). http://times.hinet.net/news/19435960 2016年10月17日閲覧。 
  57. ^ 台中の高架区間に一番列車 大勢の市民ら乗り初め/台湾2016年10月16日,フォーカス台湾
  58. ^ (繁体字中国語)林佳龍體驗名古屋輕軌 借鏡輕軌發展2016年3月28日,聯合報
  59. ^ 訪日の台中市長、三重の花テーマパーク訪問 再来年の花博の参考に/台湾2016年3月29日,フォーカス台湾
  60. ^ 安川電機、台湾・台中にサービスセンター設置へ 来年にも2016年3月30日,フォーカス台湾
  61. ^ (繁体字中国語)“三井台中港OUTLET 明年動工”. 蘋果日報. (2016年9月21日). http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/finance/20160921/37389877/ 2016年9月21日閲覧。 
  62. ^ (繁体字中国語)“打造中部最大OUTLET PARK 日三井與台灣港務公司簽約”. 自由時報. (2016年9月20日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1831506 2016年9月20日閲覧。 
  63. ^ (繁体字中国語)“台中港三井OUTLET將簽約 第一期商場後年營運”. 自由時報. (2016年9月12日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1823733 2016年9月12日閲覧。 
  64. ^ (繁体字中国語)百億Outlet將進駐中港特區2016年4月1日,中時電子報
  65. ^ 台中市長、三井不動産を訪問 アウトレット建設に意見交換/台湾2016年4月1日,フォーカス台湾
  66. ^ 台中のアウトレットパーク建設計画始動 台湾企業、三井不動産と契約2016年9月20日,フォーカス台湾
  67. ^ 台中市、大分県と友好交流の覚書 定期チャーター便も就航へ/台湾2016年9月9日,フォーカス台湾
  68. ^ (繁体字中国語)“台灣飛日本大分縣 台中啟航”. 蘋果日報. (2016年9月15日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/life/20160915/949465 2016年9月15日閲覧。 
  69. ^ 台湾中部と日本中部の「観光友好交流覚書」に調印2016年3月30日,ROC-Taiwan(台北経済文化代表処
  70. ^ 九州観光推進機構、誘客へ台中側と協定2017年3月8日,産経新聞
  71. ^ (繁体字中国語)荷蘭恩荷芬市長來訪 林佳龍盼締結姊妹市2016年3月19日,自由時報
  72. ^ (繁体字中国語)荷蘭阿爾梅勒市副市長Henk Mulder參訪花博預定地 肯定台中永續規劃理念2015年6月10日,台中市政府運動局
  73. ^ (繁体字中国語)“林佳龍訪荷德招商 還要賣花給荷蘭”. 聯合報. (2016年9月22日). http://udn.com/news/story/3/1976579 2016年9月22日閲覧。 
  74. ^ (繁体字中国語)台日交流再升級 台中、名古屋4月定期包機對飛2017年2月10日,自由時報
  75. ^ (繁体字中国語)台中、名古屋 締結姊妹機場2017年4月7日,中時電子報
  76. ^ 台中市長、名古屋などを訪問へ 両都市結ぶチャーター便初就航/台湾2016年3月3日,フォーカス台湾
  77. ^ 台中空港、セントレアと友好空港に さらなる観光発展に期待集まる/台湾2017年4月6日,フォーカス台湾
  78. ^ 台中市、三重県と国際交流促進覚書 観光や産業発展で協力/台湾2017年2月12日,フォーカス台湾
  79. ^ 日台観光サミットin四国の開催及び台中市との友好交流覚書締結に関する記者発表の要旨について2017年5月24日,愛媛県庁
  80. ^ 台中市と愛媛県が友好交流覚書締結 自転車が取り持つ縁で/台湾2017年6月3日,フォーカス台湾
  81. ^ (繁体字中国語)透過自行車結緣 台中市、愛媛縣正式締結為友好城市2017年6月2日,台中市政府新聞局
  82. ^ (繁体字中国語)“「樂活臺中食安篇APP」讓非法業者現出原形 保障市民「食的安心」”. 臺中市政府法制局. (2016年1月29日). http://www.consume.taichung.gov.tw/ct.asp?xItem=1662631&ctNode=24693&mp=122020 2016年1月29日閲覧。 
  83. ^ (繁体字中国語)“台中創舉!颱風天強行登山 要自付搜救費用”. 三立新聞. (2016年6月6日). http://www.setn.com/News.aspx?NewsID=153433 2016年6月6日閲覧。 
  84. ^ (繁体字中国語)“台中首創 颱風天登山 搜救費要自付”. 自由時報. (2016年6月7日). http://news.ltn.com.tw/news/focus/paper/998178 2016年6月7日閲覧。 
  85. ^ (繁体字中国語)“台中創舉!颱風天強行登山 搜救費自己買單”. 東森新聞. (2016年6月7日). http://news.ebc.net.tw/news.php?nid=24813 2016年6月7日閲覧。 
  86. ^ (繁体字中国語)“優化公車專用道9條幹線服務升級 車身全新意象塗裝亮眼”. 公共運輸處. (2015年6月7日). http://www.traffic.taichung.gov.tw/news/index-1.asp?Parser=9,4,20,,,,3866 2015年6月7日閲覧。 
  87. ^ (繁体字中国語)“台中優化公車上路1年 運量增31%”. 中央通訊社. (2016年9月10日). http://www.cna.com.tw/news/ahel/201609100120-1.aspx 2016年9月10日閲覧。 
  88. ^ (繁体字中国語)七大理由造成台中BRT失敗—但林佳龍應盡全力救起,而不是拆掉2015年4月11日,newslens
  89. ^ (繁体字中国語)“美術館、捷運與BRT罩門 胡志強13年執政路民心思變”. 今日新聞網. (2014年11月29日). http://www.nownews.com/n/2014/11/29/1524073 2014年11月29日閲覧。 
  90. ^ (繁体字中国語)“BRT行控中心一場騙局 狹小簡陋惹怒林佳龍”. 蘋果日報. (2014年12月26日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20141226/530995/ 2014年12月26日閲覧。 
  91. ^ (繁体字中国語)“視察BRT 林佳龍批:根本是一場兒戲、騙局”. 自由時報. (2014年12月26日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1190449 2014年12月26日閲覧。 
  92. ^ (繁体字中国語)“BRT不只是兒戲 林佳龍怒斥:還是一場騙局”. 風傳媒. (2014年12月26日). http://www.storm.mg/article/37919 2015年12月26日閲覧。 
  93. ^ 日本人建築家設計の「台湾タワー」、建設一時中止へ2015年1月20日,フォーカス台湾
  94. ^ (繁体字中国語)“台灣塔5大疑義 中市移送廉政署偵辦”. 蘋果日報. (2015年2月26日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20150226/564760/ 2015年2月26日閲覧。 
  95. ^ (繁体字中国語)“80億→150億 林佳龍停建台灣塔”. 蘋果日報. (2015年1月20日). http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20150120/36338379/ 2015年1月20日閲覧。 
  96. ^ (繁体字中国語)“台灣塔5大疑義 中市府移送廉政署偵辦”. 自由時報. (2015年2月26日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1241771 2015年2月26日閲覧。 
  97. ^ (繁体字中国語)“「台中市民有沒感覺選錯人」 邱毅言論惹議”. 蘋果日報. (2015年4月11日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/politics/20150411/590647/ 2015年4月11日閲覧。 
  98. ^ (繁体字中国語)“台中捷運/地方該檢討?王定宇秀公文嗆毛治國:令人不恥!”. 三立新聞. (2015年4月12日). http://www.setn.com/News.aspx?NewsID=70037 2015年4月12日閲覧。 
  99. ^ (繁体字中国語)“台中捷運事件 林佳龍:柯文哲允修協議”. 中央通訊社. (2015年5月9日). http://www.cna.com.tw/news/firstnews/201505090138-1.aspx 2015年5月9日閲覧。 
  100. ^ (繁体字中国語)“台中捷運 全面復工”. 蘋果日報. (2015年8月11日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20150811/667578/ 2015年8月11日閲覧。 
  101. ^ (繁体字中国語)“扯!台中市府明年度總預算1771億全遭擱置”. 自由時報. (2015年12月25日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1551686 2015年12月25日閲覧。 
  102. ^ (繁体字中国語)“台中市總預算遭擱置 林佳龍籲儘速補救”. 中央通訊社. (2015年12月25日). http://www.cna.com.tw/news/aloc/201512250345-1.aspx 2015年12月25日閲覧。 
  103. ^ (繁体字中国語)“105年度總預算案擱置未決 林市長感到遺憾 呼籲議會儘速補救”. 臺中市政府新聞局. (2015年12月25日). http://www.sport.taichung.gov.tw/ct.asp?xItem=1580786&ctNode=23571&mp=104020 2015年12月25日閲覧。 
  104. ^ (繁体字中国語)“台中市105年總預算 市議會三讀通過”. 大紀元. (2016年1月26日). http://www.epochtimes.com/b5/16/1/26/n4625955.htm 2016年1月26日閲覧。 
  105. ^ (繁体字中国語)全球最難蓋的房子 臺中國家歌劇院獲2世界專利,ETtoday地方新聞,2014年11月8日
  106. ^ (繁体字中国語)世界新地標「臺中國家歌劇院」落成 馬總統胡市長共同剪綵,臺中市新聞局,2014-11-23
  107. ^ (繁体字中国語)“改善3千缺失 歌劇院奪台中首座金質獎”. 大紀元. (2015年11月12日). http://www.epochtimes.com/b5/15/11/12/n4572253.htm 2015年11月12日閲覧。 
  108. ^ (繁体字中国語)“台中歌劇院提早開放惹議 伊東豊雄:不開心”. 東森新聞. (2015年11月30日). https://www.youtube.com/watch?v=ZO5ZU59D2JM 2015年11月30日閲覧。 
  109. ^ (繁体字中国語)“台中國家歌劇院完工倒數 伊東豊雄:美夢成真”. 中時電子報. (2015年11月30日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20151130004640-260407 2015年11月30日閲覧。 
  110. ^ (繁体字中国語)“台中國家歌劇院 開幕”. 聯合報. (2016年10月1日). http://money.udn.com/money/story/5648/1995265 2016年10月1日閲覧。 
  111. ^ (繁体字中国語)“台中歌劇院開幕華格納《萊茵黃金》30日戶外轉播”. 聯合報. (2016年9月28日). http://udn.com/news/story/3/1989726 2016年9月28日閲覧。 
  112. ^ (繁体字中国語)“台中國家歌劇院 藝術接軌國際”. 中時電子報. (2016年9月11日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20160911000617-260301 2016年9月11日閲覧。 
  113. ^ (繁体字中国語)臺中國家歌劇院即將盛大開幕 歡迎各界共襄盛舉,臺中國家歌劇院,2016-7-16
  114. ^ (繁体字中国語)台中驕傲!國家歌劇院盛大開幕MyGoNews買購·房地產新聞,2016-10-01
  115. ^ (繁体字中国語)台中國家歌劇院 序曲開鑼,中國時報,2015年07月24日
  116. ^ (繁体字中国語)台中燈會圓滿閉幕 2016桃園接手2015年3月15日,大紀元
  117. ^ (繁体字中国語)“台灣燈會開燈 馬英九來點燈”. 自由時報. (2015年3月5日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1248642 2015年3月5日閲覧。 
  118. ^ “デス握手”も 退任秒読みの馬総統、自虐PR映像でネット民に感謝/台湾2016年5月19日,フォーカス台湾
  119. ^ (繁体字中国語)“【影片曝光】羊「沒」吐氣! 羊燈斷頭好糗”. 蘋果日報. (2015年3月7日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20150307/569753/ 2015年3月7日閲覧。 
  120. ^ (繁体字中国語)“燈會小羊燈斷頭 網友:台灣吉祥物死法越來越慘”. 今日新聞. (2015年3月7日). http://www.nownews.com/n/2015/03/07/1624631 2015年3月7日閲覧。 
  121. ^ (繁体字中国語)“台灣燈會 斷頭羊意外爆紅”. 中時電子報. (2015年3月8日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20150308000314-260107 2015年3月8日閲覧。 
  122. ^ 立法委員・林佳龍、台日関係発展の前景を語る2014年7月11日,台湾新聞
  123. ^ (繁体字中国語)支持洪慈庸 林佳龍擔任競選總部主委2015年10月9日,新唐人電視台
  124. ^ (繁体字中国語)“決戰黃金周》洪媽媽不捨:林佳龍一席話 放手讓洪慈庸參選”. 風傳媒. (2016年1月19日). http://www.storm.mg/article/77954 2016年1月19日閲覧。 
  125. ^ (繁体字中国語)“為何欣賞洪慈庸? 林佳龍:她散發著正能量”. 自由時報. (2016年1月15日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1573834 2016年1月15日閲覧。 
  126. ^ (繁体字中国語)洪慈庸及卓冠廷今辦婚宴 林佳龍:2個月前獲通知2017年4月24日,自由時報
  127. ^ (繁体字中国語)ETtoday (2015年8月3日). “林佳龍談反課綱學生口誤 「屁孩」講成「屁眼」”. ETtoday. http://www.ettoday.net/news/20150803/544389.htm 
  128. ^ 教科書改訂に高校生らが抗議の声 「洗脳反対」/台湾2015年7月13日,フォーカス台湾
  129. ^ (繁体字中国語)“說到做到!林佳龍穿Lamigo球衣 球迷嗨翻”. 中時電子報. (2016年3月19日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20160319004829-260403 2016年3月19日閲覧。 
  130. ^ (繁体字中国語)“中職/實現賭注 林佳龍將穿桃猿球衣看球”. 聯合報. (2016年3月16日). http://udn.com/news/story/7001/1566618-%E4%B8%AD%E8%81%B7%EF%BC%8F%E5%AF%A6%E7%8F%BE%E8%B3%AD%E6%B3%A8-%E6%9E%97%E4%BD%B3%E9%BE%8D%E5%B0%87%E7%A9%BF%E6%A1%83%E7%8C%BF%E7%90%83%E8%A1%A3%E7%9C%8B%E7%90%83 2016年3月16日閲覧。 
  131. ^ (繁体字中国語)“打賭輸穿「猿」球衣?網友獻策林佳龍「猿皮象骨」”. 三立新聞. (2016年3月19日). http://www.setn.com/News.aspx?NewsID=131364 2016年3月19日閲覧。 
  132. ^ (繁体字中国語)“台中市旗最醜?! 市長林佳龍po文求救:怎麼辦?”. 自由時報. (2016年4月25日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1675907 2016年4月25日閲覧。 
  133. ^ (繁体字中国語)“全台最醜市旗長這樣 林佳龍評估更改”. 蘋果日報. (2016年4月26日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20160426/847244/ 2016年4月26日閲覧。 
  134. ^ (繁体字中国語)最醜市旗將變身 台中市旗票選出爐 得獎的是這三面...2017年2月17日,聯合報
  135. ^ 台中市長、日台文化交流の促進願う 日本人技師設計の水路関連イベント2016年10月13日,フォーカス台湾
  136. ^ 日本統治時代の警察宿舎、文学館として再生 過去に解体の危機も/台湾・台中2016年8月27日,フォーカス台湾
  137. ^ 日本統治時代の宿舎が「教室」に 台湾の小学校初 岸外務副大臣夫人も祝福2017年3月26日,フォーカス台湾
  138. ^ 日本統治時代の台中市役所、カフェに変身 地域活性化に期待/台湾2016年3月1日,フォーカス台湾
  139. ^ 台湾の水利事業に貢献した日本人技師 台中市が記念公園を建設へ2015年10月9日,フォーカス台湾
  140. ^ 日本統治時代に建設のラジオ局、文化発信基地に/台湾・台中2015年12月27日,フォーカス台湾
  141. ^ 訪日の台中市長ら、国会議員と面会 交流強化に期待/台湾2016年4月3日,フォーカス台湾
  142. ^ 訪日の台中市長、小池東京都知事と会談 交流強化に期待2017年3月8日,フォーカス台湾
  143. ^ 台中市長、交流協会の大橋会長と面会 交流強化に期待/台湾2015年11月23日,フォーカス台湾
  144. ^ (繁体字中国語)林佳龍拜會東京都知事 小池:與台中關係特別2017年3月8日,自由時報
  145. ^ 熊本県の107歳女性、台湾の「教え子」とwebで再会2015年10月28日,NetIB News
  146. ^ (繁体字中国語)日本熊本縣昨晚發生強烈地震,已有部分地區傳出災情與傷亡。2016年4月14日,公式Facebook
  147. ^ (繁体字中国語)林佳龍捐出1月所得 助熊本賑災2016年4月16日,自由時報
  148. ^ (繁体字中国語)【更新】幫助熊本 林佳龍捐一月薪水2016年4月16日,台湾蘋果日報
  149. ^ (繁体字中国語)林佳龍大讚日治 藍議員諷可改名田中佳龍2017年4月28日,中国評論通訊社
  150. ^ 「日本植民地時代が輝かしい1ページを開いた」台中市長の発言が問題に―台湾2017年5月1日,Record China
  151. ^ 日本人像破壊容疑の元市議に批判噴出 対立激化に不安の声も/台湾2017年4月19日,フォーカス台湾
  152. ^ 台湾と日本の議員同士、北京による台日対話への介入に反対2013年6月14日,フォーカス台湾
  153. ^ トランプ氏の大統領就任式、蔡政権は游元首相らを派遣へ/台湾2016年12月24日,フォーカス台湾
  154. ^ (繁体字中国語)“林佳龍:施政藍圖準備了10年,不需摸索即可上手”. 遠見雜誌. (2015年1月1日). http://store.gvm.com.tw/article_content_26961.html 2015年1月1日閲覧。 
  155. ^ (繁体字中国語)“公佈病歷 林進興道歉 胡志強接受”. 自由時報. (2005年12月10日). http://news.ltn.com.tw/news/politics/paper/47404 2005年12月10日閲覧。 
  156. ^ (繁体字中国語)“三年深耕有成 林佳龍再戰台中”. 新台灣新聞週刊. (2008年10月23日). http://www.newtaiwan.com.tw/bulletinview.jsp?bulletinid=84586 2008年10月23日閲覧。 
  157. ^ (繁体字中国語)“台中市長之爭 林佳龍表態爭取黨內提名”. 東森新聞. (2013年4月2日). http://www.ettoday.net/news/20130402/187750.htm 2013年4月2日閲覧。 
  158. ^ (繁体字中国語)“林佳龍辭立委 胡志強:尊重 肯定他辭職”. 中廣新聞網. (2014年11月25日). https://tw.news.yahoo.com/%E6%9E%97%E4%BD%B3%E9%BE%8D%E8%BE%AD%E7%AB%8B%E5%A7%94-%E8%83%A1%E5%BF%97%E5%BC%B7-%E5%B0%8A%E9%87%8D-%E8%82%AF%E5%AE%9A%E4%BB%96%E8%BE%AD%E8%81%B7-050039008.html 2014年11月25日閲覧。 
  159. ^ “深耕10年 林佳龍打出一片天”. 中時電子報. (2014年11月30日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20141130001409-260102 2014年11月30日閲覧。 
  160. ^ (繁体字中国語)“林佳龍專訪》深耕十年 前進大台中”. 中時電子報. (2014年11月30日). http://www.myaudiocast.com/chinatimes/episode/43810/ 2014年11月30日閲覧。 
  161. ^ (繁体字中国語)“林佳龍專訪/台中「十年大計」 蛻變創意城”. 聯合報. (2015年12月7日). http://udn.com/news/story/6656/1361019-%E6%9E%97%E4%BD%B3%E9%BE%8D%E5%B0%88%E8%A8%AA%EF%BC%8F%E5%8F%B0%E4%B8%AD%E3%80%8C%E5%8D%81%E5%B9%B4%E5%A4%A7%E8%A8%88%E3%80%8D-%E8%9B%BB%E8%AE%8A%E5%89%B5%E6%84%8F%E5%9F%8E 2015年12月7日閲覧。 
  162. ^ a b (繁体字中国語)“林佳龍讓野百合在台中開花”. 新新聞. (2014年12月9日). http://www.new7.com.tw/coverStory/CoverView.aspx?NUM=1448&i=TXT20141203101758JKF 2014年12月9日閲覧。 
  163. ^ 台湾・台中市長選 民進党の林佳龍氏が雪辱果たし初当選へ2014年11月29日,フォーカス台湾
  164. ^ (繁体字中国語)“公報政見遭刪 中選會:涉違反選罷法”. 大紀元. (2014年11月21日). http://www.epochtimes.com/b5/14/11/21/n4301591.htm 2014年11月21日閲覧。 
  165. ^ (繁体字中国語)“林佳龍稱落選也不會落跑 徐中雄:他都不買房,誰會相信”. 今日新聞網中国語版. (2014年11月20日). http://www.nownews.com/n/2014/11/20/1514407 2014年11月20日閲覧。 
  166. ^ 第21回 台中市長選・多選批判は乗り越えられるか2014年10月31日,ワイズニュース
  167. ^ (繁体字中国語)“靈骨塔也算一間房? 市議員被嗆不厚道”. 蘋果日報. (2014年10月6日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20141006/482678/ 2014年10月6日閲覧。 
  168. ^ (繁体字中国語)“胡志強帶動七期房市 胡瓜買3千萬豪宅為鄰”. 好房網News. (2014年3月17日). http://news.housefun.com.tw/strong/article/14072159079 2014年3月17日閲覧。 
  169. ^ 『鍘美案』2009年1月9日,中国国際放送
  170. ^ (繁体字中国語)“亂用吳淡如文章 批林佳龍嫌貧愛富 他糗了”. 聯合報. (2014年4月19日). http://udn.com/news/story/2/1639080-%E4%BA%82%E7%94%A8%E5%90%B3%E6%B7%A1%E5%A6%82%E6%96%87%E7%AB%A0-%E6%89%B9%E6%9E%97%E4%BD%B3%E9%BE%8D%E5%AB%8C%E8%B2%A7%E6%84%9B%E5%AF%8C-%E4%BB%96%E7%B3%97%E4%BA%86 2014年4月19日閲覧。 
  171. ^ (繁体字中国語)“暗指林佳龍是陳世美? 新北高官臉書分享遭判刑”. 蘋果日報. (2014年4月19日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20160419/842074/ 2014年4月19日閲覧。 
  172. ^ “台湾地方選で与党敗北確実 蔡政権の求心力低下へ”. 二本経済新聞. (2018年11月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38155070U8A121C1000000/ 2018年12月26日閲覧。 
  173. ^ (繁体字中国語)林佳龍談新書 分享許文龍「空白論」2017年4月30日,聯合報
中華民国の旗中華民国
先代:
王国材中国語版(代理)
中華民国の旗 交通部長 ROC Ministry of Transportation and Communications Emblem.svg
第27代:2019年1月 -
次代:
現職
中華民国の旗中華民国
先代:
胡志強
台中市の旗 台中市長
2014年12月25日 - 2018年12月25日
次代:
盧秀燕中国語版
Green Taiwan in White Cross.svg 民主進歩党
先代:
黄義交中国語版
台中市の旗第6選挙区 立法委員
2012年2月1日 - 2014年11月25日
次代:
黄国書中国語版
中華民国の旗中華民国
先代:
黄輝珍中国語版
行政院 第21代行政院新聞局局長
2004年5月20日 - 2005年3月13日
次代:
姚文智中国語版