林俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林 俊雄
人物情報
生誕 1949年3月??
日本の旗 日本東京都
学問
研究分野 東洋史(中央ユーラシア中央アジア史)
研究機関 創価大学
テンプレートを表示

林 俊雄(はやし としお、1949年 - )は、日本の歴史学者考古学者創価大学名誉教授。専門は古代中央ユーラシア中央アジア史。東京都出身。

略歴[編集]

1949年東京都生まれ。1972年東京教育大学(現・筑波大学)文学部卒業。1979年東京大学大学院博士課程修了。 古代オリエント博物館主任研究員を経て、創価大学文学部教授。2019年創価大学名誉教授。

著書・論文[編集]

  • シルクロード歴史地図』(池崎功と共著、新時代社、1982年、ISBN 978-4787400130)
  • 『新1号 ユーラシア』(伊藤一郎[要曖昧さ回避]と共著、新時代社、1983年、ISBN 978-4787400154)
  • 『匈奴における農耕と定着集落』(護雅夫編『内陸アジア・西アジアの社会と文化』、山川出版社、1983年)
  • 『Agriculture and Settlements in the Hsiung-nu』(『古代オリエント博物館紀要6』、1984年
  • 『掠奪・農耕・交易から観た遊牧国家の発展―突厥の場合』(『東洋史研究44-1号』、1985年
  • 『中世初期ユーラシア草原における馬具の発達』(編訳、馬の博物館1988年
  • 『民族の世界史4 中央ユーラシアの世界』(加藤九祚岡田英弘らと共著、山川出版社、1990年 ISBN 4634440407)
  • 『講座 文明と環境 〈第5巻〉文明の危機』(安田喜憲と共編、朝倉書店1996年、ISBN 978-4254105551)
  • 『世界の考古学6 中央ユーラシアの考古学』(藤川繁彦と共著、同成社1999年、ISBN 978-4886211774)
  • 『世界各国史4 中央ユーラシア史』(小松久男と共著、山川出版社、2005年、ISBN 463441340X)
  • 『ユーラシア考古学選書 ユーラシアの石人』(雄山閣、2005年、ISBN 978-4639018803)
  • 『ユーラシア考古学選書 グリフィンの飛翔―聖獣からみた文化交流』(雄山閣、2006年、ISBN 978-4639019367)
  • 『興亡の世界史02 スキタイ匈奴 遊牧の文明』(講談社2007年講談社学術文庫、2017年、ISBN 978-4062923903)
  • 『講座 文明と環境 〈第5巻〉文明の危機―民族移動の世紀』(安田喜憲と共編、朝倉書店、2009年、ISBN 978-4254106558)
  • 遊牧国家の誕生』(山川出版社〈世界史リブレット〉、2009年、ISBN 9784634349360)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『スキタイと匈奴 遊牧の文明』林俊雄千夜千冊 連環篇]