林修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林 修三
はやし しゅうぞう
生年月日 1910年1月1日
出生地 日本の旗 東京府
没年月日 (1989-06-21) 1989年6月21日(79歳没)
出身校 東京帝国大学法学部卒業

内閣 第2次池田第1次改造内閣
第2次池田第2次改造内閣
第2次池田第3次改造内閣
第3次池田内閣
第3次池田改造内閣
在任期間 1962年7月1日 - 1964年11月9日

日本の旗 第49代 法制局長官
内閣 第1次鳩山一郎内閣
第2次鳩山一郎内閣
第3次鳩山一郎内閣
石橋内閣
第1次岸内閣
第1次岸改造内閣
第2次岸内閣
第2次岸改造内閣
第1次池田内閣
第2次池田内閣
第2次池田第1次改造内閣
在任期間 1954年12月11日 - 1962年6月30日
テンプレートを表示

林 修三(はやし しゅうぞう、1910年1月1日 - 1989年6月21日)は、日本の官僚。大蔵・法務官僚を経て法制局に移り、鳩山石橋池田の4内閣(10年弱)にわたって法制局長官内閣法制局長官)を務めた。位階勲等正三位勲一等旭日大綬章。『時の法令』誌連載の判例解説でははやし しうぞうの別名を用いた[1]

来歴[編集]

著書[編集]

  • 例解立法技術 学陽書房 1955
  • 法令用語の常識 日本評論新社 1958
  • 法令解釈の常識 日本評論新社 1959
  • 法制執務 学陽書房 1962 (地方公務員研修選書)
  • 法令作成の常識 日本評論社 1964
  • 法制局長官生活の思い出 財政経済弘報社 1966
  • 法律夜話 憲法第九条と安保条約 時事問題研究所 1968
  • ハムレットの城 随筆集 学陽書房 1970
  • 法律夜話 続(憲法と国民の権利・義務) 時事問題研究所, 1971
  • 行政法の話 第一法規出版 1972
  • 憲法の話 第一法規出版 1973
  • 公益法人研究入門 公益法人協会 1976.12
  • 新憲法手帖 全国加除法令出版 1980.8 (JED新書)
  • 憲法めがね 財務出版 1981.1
  • 判例解説 憲法編 全6巻 ぎょうせい 1988-90
  • 判例解説 行政法編 全4巻 ぎょうせい 1990-93

共編著[編集]

  • 財政会計辞典 森永貞一郎共編 学陽書房 1959
  • 法令用語辞典 佐藤達夫共編 学陽書房 1959
  • 法令用語辞典 佐藤達夫,高辻正己共編 第4次全訂新版 学陽書房 1966
  • 自衛隊と憲法の解釈 中村菊男共編著 有信堂 1967
  • 基本的人権 中山健男,奥原唯弘共編 成文堂 1973 (判例演習シリーズ憲法)
  • 統治の機構と作用 中山健男,奥原唯弘共編 成文堂 1973 (判例演習シリーズ憲法)
  • 憲法基本判例 斉藤寿,西修共編 青林書院新社 1976
  • 行政法基本判例 斉藤寿,梅木崇共編 青林書院新社 1977.5

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
佐藤達夫
(法制局長官)
内閣法制局長官
(法制局長官)
1954年1964年
次代:
高辻正己