林厚徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林 厚徳(はやし あつのり、1828年6月16日文政11年5月5日) - 1890年明治23年)3月2日)は、徳島藩士。通称・栄次郎。妹のたかは新居水竹の後妻。

生涯[編集]

1848年嘉永元年)、作事奉行となる。その後、奥小姓、地方代官、京都邸留守居役などを務めた。

明治維新後は井上高格、日比野克巳と共に尊王派に属した。その後、民部官権判事、民部権大丞、大蔵権大丞を経て、金沢県大参事・太政官五等出仕・大蔵省五等出仕・額田県権令、浜松県令などを歴任。

1883年明治16年)に東京市京橋区長、1889年(明治22年)に同市深川区長を兼務。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1889年12月29日。
公職
先代:
新設
額田県令
1871年 - 1872年
次代:
廃止
先代:
多久茂族
浜松県令
1873年 - 1876年
次代:
廃止
先代:
池田徳潤
京橋区
1883年 - 1890年
次代:
大森敬之
先代:
堀田正養
深川区
1889年
次代:
石井弥六