林威助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林 威助 (リン・ウェイツゥ)
Lin Wei-Chu
中信兄弟 二軍監督 #24
Wei-Chu Lin.jpg
阪神タイガース時代
(2008年7月4日、横浜スタジアム
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台中市
生年月日 (1979-01-22) 1979年1月22日(41歳)
身長
体重
179 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2002年 ドラフト7巡目
初出場 NPB / 2004年10月10日
CPBL / 2014年3月23日
最終出場 NPB / 2013年8月4日
CPBL / 2017年6月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 中信兄弟 (2018 - )
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
五輪 2004年
WBC 2006年2009年
林 威助
各種表記
繁体字 林 威助
拼音 Lín Wēizhù
注音符号 ㄌㄧㄣˊㄨㄟㄓㄨˋ
発音転記: リン・ウェイツゥ
英語名 Lin Wei-Chu
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006

林 威助(リン・ウェイツゥ、英文表記:Wei-Chu Lin[1], 1979年1月22日 - )は、台湾中華民国)の台中市出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者。左投左打。2018年より中華職業棒球大聯盟(CPBL)中信兄弟二軍監督を務める。

日本への野球留学を経てNPB阪神タイガースでプロ入り。台湾国籍だが、日本の高校・大学に通っていたため規定により日本人登録選手の扱いとなっていた[2]。その後中信兄弟に所属し、2015年から2017年まではチームキャプテンを努めた[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼い頃にテレビで見た日本野球に憧れ、小学生時から野球を始めた[4]。中山國民中學在学時から、台湾ではその非凡な野球センスが話題となっていた。中学卒業後、日本への野球留学の誘いを受けるも、父の体調を慮って一旦は断っていた。しかし翌年再び勧誘され、日本の文化に触れたい好奇心もあり柳川高校へ入学した[4]、。同級生に田中瑞季がいる[4]

柳川高校では、2年夏の福岡大会で決勝に進出。しかし小椋真介を擁する福岡工大付高校に敗れ準優勝。また、入学が2年遅れだった関係から、日本高等学校野球連盟で定められている年齢制限を超えることとなった3年時は公式戦に出場できなかった。甲子園出場という目標を失い台湾に帰ることを考えたが、日本でプロ選手になることに目標を切り替え、木製バットを使用するなど高校卒業後を見据えた練習に入った。高校通算47本塁打を放っているが、以上のような理由から高校1・2年の2年間での記録である[4]

近畿大学へ進学し、1年春から右翼手のレギュラーとしてリーグ戦に出場し首位打者ベストナインを獲得。しかしその後は不調に陥り3年時は膝の故障で主に代打での出場となった。4年時はその故障をおして3番・左翼手スタメンに復帰、春季リーグ戦後のリーグ選抜に名を連ねたほか、秋季リーグ戦では2度目のベストナインに選ばれた。リーグ通算75試合に出場、280打数79安打、打率.282、5本塁打、47打点。

2002年のNPBドラフト会議阪神タイガースから7巡目指名を受け入団。

阪神時代[編集]

2003年は故障の癒えていない膝のリハビリに専念し[4]、一軍・二軍戦ともに公式戦出場はなかった。2004年シーズン途中の8月にアテネオリンピックの野球チャイニーズタイペイ代表に選出され、シーズンでは10月11日の対東京ヤクルトスワローズ戦で公式戦初スタメン・初安打・初打点を記録。2005年は主に代打で出場し、優勝決定後にはスタメンでも出場し初本塁打を記録。

2006年はかつて掛布雅之が着けていた背番号31に変更。開幕前の3月に第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。シーズンでは代打として起用され、セ・パ交流戦では指名打者でのスタメン出場も数試合あった。オフの11月から12月にかけて開催されたドーハアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会でチャイニーズタイペイ代表史上初のアジア競技大会優勝に貢献した。

2007年も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対ヤクルト戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら[4]、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と打撃コーチの正田耕三に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消[5]。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、打率.292。15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって日本での生活12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくなかったため[6]、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会チャイニーズタイペイ代表を辞退。12月に手術を受けた[4]

2008年は前年受けた手術のリハビリなどの影響から、シーズン初出場は5月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦であった。7月8日の対読売ジャイアンツ戦で左膝靭帯を痛めて離脱し[7]北京オリンピックのチャイニーズタイペイ代表を辞退。8月に復帰したが、シーズン成績は打率.249・2本塁打だった。

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出された。シーズンでは一軍登録されたのは5月8日であった。その後も不振が続いて前年を下回る56試合の出場で、打率.208・3本塁打・11打点に終わった。

2010年の沖縄における春季キャンプでは、この年に打撃コーチに就任した片岡篤史の親友である立浪和義からも臨時指導を受け[8]、シーズンでは出場機会はさほど多くなかったが得点圏打率.412。2011年、63試合の出場で打率は1割台。2012年は6試合で7打数1安打。

2013年8月4日にシーズン初の出場選手登録され同日の対巨人戦(東京ドーム)に6番・右翼手でスタメンで出場したが、打撃で4打数無安打(2三振)に終わり、右翼の守備でも精彩を欠いて途中交代。一軍公式戦への出場機会はこの1試合のみとなり[9]、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[10]。11月に開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」に出場するチャイニーズタイペイ代表への招集を辞退して12球団合同トライアウトを受験し[11]、フェンス直撃の三塁打を含む2安打2四球、左翼の守備ではフェンスに激突しながらの好捕を見せるなどしたが[12]、NPB球団で獲得する球団は現れなかった。

兄弟 - 中信時代[編集]

2013年11月28日に中華職業棒球大聯盟兄弟エレファンツからドラフト3巡目で指名され[13]2014年2月17日に正式契約を結んだ[14]

2014年3月末にスライディングをした際に左膝の半月板を損傷。その後も試合には出場したものの、26試合で打率.192・本塁打1・打点10で、5月14日に左膝の手術を受けた[15]

2015年春季キャンプ中に、監督の謝長亨からチームキャプテンに任命された[3]。95試合に出場し96安打、打率.309、本塁打6、打点58の成績を残した[16]

現役引退後[編集]

2017年に引退し、学生野球資格回復のプロ側研修会に参加したことが報じられた。

2018年中信兄弟の二軍監督に就任した[17]。また、この年に甲子園球場で始球式を行なった。その時、現役時代の応援歌が流れ、林は「自分のテーマが流れて嬉しかった」と語っている。

選手としての特徴[編集]

第1回WBCでの林。

速球に強く、スイングスピードが150 km/h以上であればプロでも一流と言われるところ、林は大学時代に168km/hを計測していた[18][19]

前述2008年の復帰戦代打でのブライアン・シコースキーとの対戦で、150 km/hの速球を警戒しつつ初球のチェンジアップに対応した一打には、「ああやって対応できる」と監督の岡田彰布から評価された[5]。一方、前述の立浪からは「力があっても無駄な動きをしているところがある。もっと打てる選手。外からバットが出やすいようだ」と評された[8]

打撃への高評価に対し、選球・守備・走塁への評価は芳しくない。2006年までは試合途中で代打起用された後の守備へは滅多に就かず、中村豊など守備固めの選手が入ることがほとんどだった。

一塁手として出場することもあったが、ミットを持つことになる右肩をケガして以降は一塁起用を見送られている。なお2007年の右肩と2008年の左膝のケガ(二塁走者として牽制帰塁した際に負傷[7])は、いずれも走塁時のものである。

現代のプロ野球選手としては大きな体ではないが、握力は90 kgを計測する[20]

人物[編集]

座右の銘は「一球撃命」。勝負を決める一打を放つという意味[4]

高校入学当時はほとんど日本語が分からず、また台湾での中学時代までに比べはるかに厳しく辛い練習のため「台湾に帰りたい」と思ったこともあったという。日本晩年は流暢な日本語を話せるようになっていた。

日本時代、林が台湾出身であることを知らない日本人記者から「はやし・いすけ」と呼ばれることが度々あった。

『中国語ジャーナル』2007年8月号(アルク社)では林について特集が組まれ、表紙に載った[21]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 阪神 3 7 7 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .143 .143 .286 .429
2005 8 14 12 3 5 0 0 1 8 2 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .417 .500 .667 1.167
2006 67 82 76 12 23 4 1 5 44 13 0 0 0 0 6 1 0 24 0 .303 .354 .579 .933
2007 115 442 418 51 122 17 3 15 190 58 1 0 0 4 20 1 0 89 5 .292 .321 .455 .776
2008 66 189 177 17 44 6 2 2 60 13 1 0 0 1 10 0 1 31 4 .249 .291 .339 .630
2009 56 102 96 4 20 3 1 3 34 11 1 0 0 0 6 0 0 16 2 .208 .255 .354 .609
2010 69 144 135 13 39 10 1 4 63 22 1 0 0 2 6 1 1 24 2 .289 .319 .467 .786
2011 63 92 90 2 15 3 0 1 21 5 1 0 0 1 1 0 0 14 2 .167 .174 .233 .407
2012 6 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .143 .286
2013 1 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2014 兄弟 42 113 100 5 19 1 0 1 23 11 0 0 0 1 9 2 1 9 6 .190 .274 .230 .504
2015 96 329 307 39 95 17 1 6 132 58 0 0 2 2 15 3 0 25 4 .309 .346 .430 .776
2016 95 279 252 42 78 15 1 5 110 40 0 4 0 1 25 0 1 27 4 .310 .373 .437 .810
NPB:10年 454 1083 1022 102 270 44 8 31 423 125 5 0 0 8 51 3 2 206 15 .264 .298 .414 .712
CPBL:3年 233 721 659 86 192 33 2 12 265 109 0 4 2 4 49 5 2 61 14 .291 .345 .402 .747

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























2004 阪神 - 2 2 0 0 0 1.000
2005 - 3 3 0 0 0 1.000
2006 6 24 2 0 5 1.000 5 8 0 0 0 1.000
2007 48 389 28 2 26 .995 64 99 0 0 0 1.000
2008 - 43 57 1 0 0 1.000
2009 - 18 25 0 1 0 .962
2010 - 40 44 0 2 0 .957
2011 - 23 22 0 2 0 .917
2012 - 1 0 0 0 0 ---
2013 - 1 1 0 0 0 1.000
NPB 54 413 30 2 31 .996 200 261 1 5 0 .981

記録[編集]

NPB初記録

背番号[編集]

  • 38 (2003年 - 2005年)
  • 31 (2006年 - 2013年、2009年WBC
  • 24 (2004年五輪、2006年WBC、2014年 - )

登場曲[編集]

  • 「Have a Nice Day」- Bon Jovi( - 2009年)
  • 「New Divide」- Linkin park(2010年 - 2013年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 阪神タイガース公式サイトの選手紹介では、かつてはピン音表記に従い「Weizhu」となっていたが、のちにウェード式による「Weichu」の記載になっている。
  2. ^ Q&A-2010年7月10日閲覧。
  3. ^ a b 台湾プロ野球チーム主将に林威助選手 ネットアイビーニュース (2015年2月27日) 2015年4月19日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h 「1球に命を懸ける天才アーチスト 林威助」『週刊ベースボール』2009年8月17日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20443-8/17, 35-39頁。
  5. ^ a b 「『ただいま』即撃!林が炎の初球一振り」 デイリースポーツ、2008年5月30日。[リンク切れ]
  6. ^ 「林 ギプス取れた!!GW明け復帰宣言」 デイリースポーツ、2008年1月13日。[リンク切れ]
  7. ^ a b 「林、左ひざ負傷…途中交代で病院直行」 デイリースポーツ、2008年7月9日。[リンク切れ]
  8. ^ a b 「林に『PL道場』立浪氏が“友情指導”」 デイリースポーツ、2010年2月8日。
  9. ^ 阪神林威助戦力外 今季出場わずか1試合 日刊スポーツ、2013年10月1日。
  10. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト. 阪神タイガース (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  11. ^ 林威助台湾代表辞退…トライアウト専念 デイリースポーツ、2013年10月28日、2013年11月14日閲覧。
  12. ^ “元虎・林威助、快音&好守でアピール「自分のスイングできた」”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2013年11月11日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131111/tig13111105030009-n1.html 2013年11月12日閲覧。 
  13. ^ 元虎・林、台湾球界からドラフト指名「前向きに考えていきたい」 SANSPO.COM, 2013年11月29日配信
  14. ^ “林威助加盟中信兄弟 未來投身慈善公益”. 兄弟エレファンツ. (2014年2月17日). http://www.brothers.com.tw/index.php?code_page=article_detail&news_class=eh&serial=6612 2014年2月17日閲覧。 
  15. ^ 『週刊ベースボール』2014年6月2日号、102ページ
  16. ^ 林威助
  17. ^ 兄弟新人事高舉正「黃」旗
  18. ^ 新庄を超える男・糸井嘉男。その異常なパワーとセンスの原点。 Number
  19. ^ 虎・関川C、スイング速度150キロ目指せ! SANSPO.COM 2011年11月4日
  20. ^ 2010年『猛虎ファイル』でのインタビューより
  21. ^ たなたosaka.nikkansports.com [リンク切れ]

関連項目[編集]