林孝矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林 孝矩(はやし たかのり、1938年3月8日 - )は、日本の元政治家。元公明党衆議院議員(4期)。

経歴[編集]

大阪府出身。1960年関西大学法学部卒[1]聖教新聞記者となる。公明党奈良県連事務長、関西本部国民生活部長などを経て、1969年第32回衆議院議員総選挙奈良県全県区から公明党公認で立候補して初当選、以来連続4期。この間、検察官適格審査会委員、決算委員会理事、党決算部会長、党奈良県本部長などを歴任した。1980年第36回衆議院議員総選挙で落選した。1983年第37回衆議院議員総選挙には立候補しなかった(立候補したのは森本晃司)。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • ^ 衆院議員選挙 関大関係者関大(関西大学新聞 昭和45年2月15日)