林尚克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林 尚克(はやし なおかつ、1973年9月11日 - )は、社会人野球の選手(外野手、右投げ左打ち)。新日鐵住金東海REX所属、175cm、75kg。背番号は31

人物・来歴[編集]

  • 神奈川県出身。野球留学で東邦高に入学。3年生のときに春夏連続で甲子園に出場。夏の甲子園では愛知県予選決勝で鈴木一朗投手を擁する愛工大名電を破っての甲子園出場であった。しかし春夏とも甲子園では1回戦敗退に終わる。1991年のプロ野球ドラフト会議では上位指名が予想されていたが、結果的に林を指名する球団は現れなかった。
  • 高校卒業後の1992年新日鐵名古屋(現・硬式野球クラブ東海レックス)に入社。パワフルなバッティングで打線の核を担い、第66回都市対抗野球大会1995年)ではチームのベスト8入りに貢献、大会優秀選手に選ばれた。また、第72回都市対抗野球大会2001年)では三菱自動車岡崎の補強選手として準優勝に貢献した。
  • ベテランの域に入っても強力な打棒が衰えることはなく、第75回都市対抗野球大会2004年)では王子製紙の補強に選ばれた林は、主に1番・レフトを任され、攻撃的布陣の切り込み隊長の役割を担うこととなった。林は準々決勝から3試合連続のホームランを放った。特に決勝戦(対ホンダ狭山市)戦)では、延長10回裏1死無走者で打席に入り、恩田寿之(かずさマジックより補強)からライトスタンドに都市対抗野球大会史上初の優勝決定サヨナラホームランを叩き込んだ。この一発は王子製紙に初優勝をもたらしたのみならず、愛知県勢にとって初めての黒獅子旗獲得につながるものであった。林は大会優秀選手に選ばれるばかりでなく、その年の社会人ベストナイン(外野手部門)を初受賞した。
  • チームの中でも古株となってきたが、今でもその強力な打棒は健在で、他チームにとって驚異の的であると同時に、東海レックスが都市対抗野球大会になかなか出場できない状況が続く中、確実に補強選手として選ばれるスラッガーである。

球歴[編集]

東邦高→新日鐵名古屋・硬式野球クラブ東海REX(1992年~ )

日本代表キャリア[編集]

なし

主な表彰・タイトル[編集]

関連記事[編集]