林幸司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

林 幸司(はやし こうじ、1880年明治13年)2月5日[1]1945年昭和20年)5月23日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将千葉県市川市長

経歴[編集]

東京府出身。1905年(明治37年)に陸軍士官学校を卒業し、陸軍砲兵少尉に任官した[2]1932年(昭和7年)に陸軍少将に昇進[2]深山重砲連隊長、野戦重砲兵第2連隊長、基隆要塞司令官、野戦重砲兵第3旅団長などを歴任した[2]1935年(昭和10年)、予備役に編入[2]

その後、1942年(昭和17年)に市川市長に選出された[3]

その他、中島機械株式会社取締役を務めた[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版 下巻』 人事興信所、1941年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版 下巻』 人事興信所、1943年
  • 福川秀樹 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年