林強

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林 強
WM2007 WelcomeParty LimGiong.jpg
プロフィール
出生: (1964-06-07) 1964年6月7日(55歳)
出身地:  台湾彰化県彰化市
職業: 作曲家・歌手・音楽プロデューサー・俳優
各種表記
繁体字 林強
簡体字 林强
拼音 Lín Qiáng
注音二式 Lin Chiáng
台湾語 Lim Giong
リム ギオン
発音転記: リン チャン
テンプレートを表示

林 強(リン・チャン、リム・ギョン、1964年6月7日[1] - )は、台湾DJ歌手作詞家作曲家音楽プロデューサー俳優。本名は林志峰

経歴[編集]

1990年、アルバム『向前走』でメジャー・デビュー。映画監督の侯孝賢と親しくなってからは、同監督の映画音楽を製作するほか、映画にも出演するようになる。

1993年のアルバム『娯楽世界』あたりから電子音楽に深く傾倒し、2000年代に入り、伝統的な音楽を電子音楽でアレンジしたアルバム『歡樂電子中國年』(2002年)、『電民謡』(2003年)を発表する。音と画像の融合を目指した「立体音畫」という形態で作品作りを展開する。2005年には国立故宮博物院と共同で同博物院の絵画と音のコラボレーションを試みた。

2005年のカンヌ国際映画祭では特別プログラム「LA SOIRÉE MOVIE-MIX CANNES 2005」に出演する。同時にフランスの音楽レーベルからアルバム『Insects Awaken』が発売される。同アルバムは台湾でも2005年10月に『驚蟄/Insects Awaken』というタイトルで彗智數位影音有限公司から発売される。このアルバムの発売により、同社は2006年に行政院新聞局が主催する金曲獎で最優秀クロスオーバーアルバム賞を受賞した。

2005年10月、国立故宮博物院が80周年を記念して製作した特別広告フィルムの音楽を担当する。この広告はThe American Association of Museumsの2006年度Muse awardにおいて金賞を受賞した。

創作者、表現者達の権益を守るための活動、クリエイティブ・コモンズにも積極的に参加している。

2007年3月、中国の摩登天空有限公司と契約を結び、中国におけるマネージメントを委託する。同年4月には賈樟柯の監督作品に提供した音楽を集めた『賈樟柯電影音樂作品集』をリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

個人アルバム[編集]

  • 向前走(1990年)
  • 春風少年兄(1992年)
  • 娯楽世界(1993年)
  • 2001向前走林強 the best of linchung(2001年)
  • 歡樂電子中國年(2002年)
  • 電民謡(2003年)
  • Insects Awaken/驚蟄(2005年)
  • 賈樟柯電影音樂作品集(2007年)

参加アルバム[編集]

  • Dust of Angels(1992年、映画『天幻城市』イメージアルバム)
  • 只要為你活一天(1993年、映画『宝島 トレジャー・アイランド』サウンドトラック))
  • 魔岩十大天王之群魔乱舞(1996年)
  • 南國再見、南國(1996年、映画『憂鬱な楽園』サウンドトラック)
  • 電影家族(1998年、侯孝賢映画サウンドトラック・ベスト)

フィルモグラフィー[編集]

出演映画[編集]

  • 天幻城市(1992年)
  • 宝島 トレジャー・アイランド(1992年)
  • 戯夢人生(1993年)
  • 好男好女(1995年)
  • 憂鬱な楽園(1996年)
  • 天馬茶房(1998年)
  • HHH:侯孝賢(1999年)
  • いわゆる親友(2000年)
  • 一個住飯店的男人(2001年)
  • 緑的海平線・emerald horizon(2006年、ナレーション)

映画音楽[編集]

受賞[編集]

  • 1996年 - 第33回臺北金馬影展 - オリジナル映画音楽最優秀賞(『憂鬱な楽園』)
  • 2001年 - 第38回臺北金馬影展 - オリジナル映画音楽最優秀賞(『ミレニアム・マンボ』)
  • 2006年 - 第43回臺北金馬影展 - オリジナル映画音楽最優秀賞(『一年之初』)
  • 2006年 - The American Association of Museums' Muse award - プロモーション及びマーケティング部門における金賞(『Old is New』、国立故宮博物院80周年特別記念広告フィルム)[2]
  • 2006年 - 金曲獎 - 最優秀クロスオーバーアルバム賞(『驚蟄』)[3]
  • 2010年 - 第13回上海国際映画祭 - 音楽最優秀賞
  • 2013年 - 第50回臺北金馬影展 - オリジナル映画音楽最優秀賞
  • 2016年 - 第53回臺北金馬影展 - オリジナル映画音楽最優秀賞
  • 2016年 - 第10回アジア・フィルム・アワード- オリジナル音楽最優秀賞

脚注[編集]

  1. ^ Lim Giong”. AlloCiné. 2015年9月15日閲覧。
  2. ^ AAM's Muse Award 2006(英語)The American Association of Museumsの2006年度Muse award受賞者リスト
  3. ^ The 17th Golden Melody Awards(中国語)第17回金曲獎