林景一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はやし けいいち
林 景一
Keiichi Hayashi cropped William Hague and Members of the UK-Japan 21st Century Group 20130502.jpg
生誕 (1951-02-08) 1951年2月8日(70歳)
日本の旗山口県徳山市
国籍日本の旗 日本
出身校京都大学法学部卒業
スタンフォード大学修士課程修了
職業最高裁判所判事

林 景一(はやし けいいち、1951年昭和26年)2月8日 - )は、日本の元外交官最高裁判所判事

アイルランド駐箚特命全権大使外務省官房長内閣官房副長官補などを歴任し、2011年から2016年6月まで英国駐箚特命全権大使を務めた。2017年4月、最高裁判所判事に就任。

来歴[編集]

山口県徳山市出身。大阪市立島屋小学校大阪市立天王寺中学校大阪府立天王寺高等学校を経て、京都大学法学部卒業。

1974年外務省入省。1975年-1977年英語研修(スタンフォード大学政治学部修士課程修了)、在シンガポール大使館、在ソ連大使館、在米国大使館、アジア局南東アジア第二課長、条約局条約課、北米局外務参事官在英国日本国大使館公使外務省大臣官房審議官(条約局担当)、条約局長、国際法局長を経て、2005年から2008年まで駐アイルランド大使。大臣官房長、内閣官房副長官補を経て2011年から駐イギリス大使[1]。同年4月29日に行われたケンブリッジ公ウィリアムの結婚式には、東日本大震災のため皇太子徳仁親王に替わって出席した[2]。2016年6月駐イギリス大使を退任。同月株式会社三菱UFJ銀行顧問[3]

2017年4月10日に大橋正春の後任として、最高裁判所判事に就任[4]

2021年2月7日、退官。

担当した訴訟[編集]

  • メトロコマース事件 - メトロコマース(東京メトロ子会社)の元契約社員が退職金の支払いを求めて争っていた訴訟の上告審において、林は第三小法廷の裁判長として、2審(東京高裁)の労働者側勝訴の判断を覆し、逆転敗訴の判決を言い渡した[5][6][7]
  • 孔子廟訴訟 - 那覇市久米崇聖会への土地の無償供与は政教分離原則に違反するかどうかについて、そもそも至聖廟の宗教性が希薄であるという見解に基づいて反対意見を述べた[8]


著作[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

公職
先代:
河相周夫
日本の旗 内閣官房副長官補(外政担当)
2008年 - 2009年
次代:
河相周夫