林泓育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
林 泓育
Lin Hung-Yu
楽天モンキーズ #11
林泓育 July 19, 2014 (14711064983) (cropped).jpg
Lamigoモンキーズ時代
(2014年7月19日)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国
出身地 台南市
生年月日 (1986-03-21) 1986年3月21日(34歳)
身長
体重
181 cm
103 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2009年 ドラフト3位
初出場 2010年3月21日
年俸 月給75万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
WBC 2013年
プレミア12 2015年2019年
林 泓育
各種表記
繁体字 林 泓育
拼音 Lín Hóngyù
注音符号 ㄌㄧㄣˊㄏㄨㄥˊㄩˋ
和名表記: りん おういく
発音転記: リン・ホンユー
英語名 Lin Hung-Yu
テンプレートを表示

林 泓育(リン・ホンユー、1986年3月21日 - )は、台湾中華民国)の台南市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。現在は、楽天モンキーズに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2006年7月に、第23回ハーレムベースボールウィークチャイニーズタイペイ代表に選出された。8月に、第3回世界大学野球選手権大会のチャイニーズタイペイ代表に選出された。

2009年7月に、第12回ワールドポート・トーナメントのチャイニーズタイペイ代表に選出された。8月に、第25回アジア野球選手権大会のチャイニーズタイペイ代表に選出された。9月に、第38回IBAFワールドカップのチャイニーズタイペイ代表に選出された。

La New・Lamigo時代[編集]

2010年に、台湾野球リーグである中華職業棒球大聯盟La Newベアーズに入団した。

2011年に最多本塁打と最多打点を記録する活躍でシーズンMVPとゴールデングラブ賞を受賞する。

2012年9月21日に、第3回WBC予選のチャイニーズタイペイ代表が発表され代表入りしている。

オフの11月には、第3回WBC予選前にキューバ代表との国際親善試合であるサンダーシリーズのチャイニーズタイペイ代表に選出されている[1]

2013年1月14日に、第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表メンバーが発表され代表入りした。

2015年9月30日に、2015 WBSCプレミア12 チャイニーズタイペイ代表に選出された事が発表された[2]

2016年開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出されたことが発表された[3]

2019年はシーズンオフに開催された2019 WBSCプレミア12に出場した[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 La New
Lamigo
楽天
105 407 380 40 115 22 2 8 165 66 0 0 1 4 15 1 6 62 14 .303 .337 .434 .771
2011 116 496 439 78 141 28 2 22 239 106 1 0 1 10 37 3 6 66 15 .321 .378 .544 .922
2012 64 263 234 28 69 18 0 6 105 51 0 0 1 3 15 1 9 35 8 .295 .359 .449 .808
2013 112 460 402 68 138 22 2 12 200 73 2 0 0 5 34 6 13 79 16 .343 .415 .498 .913
2014 102 426 387 55 121 16 2 16 189 60 0 0 1 1 20 3 14 61 18 .313 .372 .488 .860
2015 119 508 434 97 153 27 0 24 252 101 4 0 0 2 50 4 18 69 13 .353 .443 .581 1.024
2016 106 466 418 97 167 40 1 23 278 108 0 1 0 1 34 2 10 66 8 .400 .458 .665 1.123
2017 100 431 394 69 130 28 0 18 212 77 1 3 1 7 20 2 7 63 17 .330 .367 .538 .905
2018 87 299 271 43 93 22 1 6 135 49 0 0 1 7 15 4 7 45 8 .343 .391 .498 .889
2019 112 494 434 106 152 24 0 26 254 95 0 0 0 4 27 4 25 70 11 .350 .416 .585 1.001
2020 105 430 397 57 124 22 0 13 185 70 1 0 0 7 12 3 11 81 10 .312 .344 .466 .810
通算:11年 1128 4680 4190 738 1403 269 10 174 2214 856 10 4 6 45 279 33 126 697 138 .335 .390 .528 .918
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の赤太字はリーグ歴代最高、太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 最優秀選手:1回 (2011年)
  • ベストナイン:8回(捕手部門:2011年、2016年、2019年 / 指名打者部門:2013年 - 2017年)※2016年は史上初の指名打者部門と野手部門の同時受賞
  • 台湾シリーズ優秀選手:2回(2011年、2018年)

背番号[編集]

  • 11 (2009年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WBC 資格賽《賽前組訓熱身賽》球員出賽參考名單 中国語 2015年4月19日閲覧
  2. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  3. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  4. ^ 12強棒球賽中華隊28人名單 大黑馬高宇杰岳東華入列[影 | 運動 | 重點新聞 | 中央社 CNA]” (中国語). www.cna.com.tw. 2019年10月1日閲覧。

関連項目[編集]