林田彪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林田 彪
生年月日 (1944-04-04) 1944年4月4日(74歳)
出生地 熊本県玉名郡長洲町
出身校 東京農工大学農学部
前職 国家公務員建設省
所属政党 自由民主党額賀派
称号 農学士
公式サイト 公式サイト

選挙区熊本2区→)
比例九州ブロック
当選回数 5回
テンプレートを表示

林田 彪(はやしだ たけし、1944年4月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

熊本県玉名郡長洲町生まれ。長洲町立長洲中学校熊本県立玉名高等学校を経て、東京農工大学農学部林学科卒業。1967年建設省入省。1995年10月16日建設大学校副校長を最後に依願退官[要出典]

1996年第41回衆議院議員総選挙熊本2区から初出馬したが、新進党の現職野田毅に敗北し落選。1999年7月、東家嘉幸が体調不良が原因で任期途中で辞職し、比例九州ブロックの次点であった渡瀬憲明が1998年に死去し、林田は繰り上げ当選(一種の比例復活)。

2000年第42回衆議院議員総選挙では、小沢自由党を経て与党保守党)入りした野田と選挙協力し、比例単独で立候補し当選(第42回以降野田と林田はコスタリカ方式で出馬するようになる[要出典])。2001年第1次小泉内閣財務大臣政務官

2003年第42回衆議院議員総選挙で熊本2区に出馬し、小選挙区初当選。2004年第2次小泉改造内閣内閣府副大臣行政改革構造改革特区地域再生、産業再生機構規制改革男女共同参画少子化対策栄典及び国際平和協力業務等担当)。2004年政治家の年金未納問題が問題となった際に8か月分の未納が判明した[1]

2005年9月、第44回衆議院議員総選挙で比例九州ブロック当選、第3次小泉内閣で内閣府副大臣に再任。同年11月、自由民主党副幹事長。2008年9月24日衆議院災害対策特別委員長[要出典]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では熊本2区に自由民主党から出馬。公明党の推薦も受けた[2]民主党新人の福嶋健一郎に敗れ、落選(重複立候補をしていなかったため、比例復活はできなかった[要出典]。)。同年12月、自民党熊本県衆議院比例区第一支部長に就任[要出典]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、比例九州ブロック単独で、選挙区との重複候補だった33名、および西川京子厚生労働副大臣に次ぐ名簿順位35位に列せられたが、選挙区立候補者33名中31名が当選したため当選、国政に復帰した。2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙では、比例九州ブロックに名簿順位33位で立候補したが、落選。

政策[編集]

不祥事[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “園田氏、林田氏も未納判明/両氏とも勘違いと弁明”. 四国新聞. (2004年5月4日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/political/20040504000147 2016年6月25日閲覧。 
  2. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  3. ^ 第154回国会請願3545号
  4. ^ しんぶん赤旗 2009年9月16日
  5. ^ 47ニュース 2004/05/04

関連項目[編集]


議会
先代:
金田勝年
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2013年 - 2014年
次代:
古川禎久
先代:
佐田玄一郎
日本の旗 衆議院災害対策特別委員長
2008年 - 2009年
次代:
五十嵐文彦
公職
先代:
伊藤達也
佐藤剛男
中島真人
日本の旗 内閣府副大臣
七条明西川公也と共同
2004年 - 2005年
次代:
嘉数知賢
櫻田義孝
山口泰明
先代:
大野松茂
砂田圭佑
日本の旗 財務大臣政務官
中野清と共同

2001年 - 2002年
次代:
砂田圭佑
吉田幸弘